2018年12月23日

レッド・オークの紅葉

昨日は都内の実家へ、両親の手伝いに行って来たのですが、お昼前後に雨が降りました。
予報どおりではありましたが、小雨ぱらつく程度と思っていたら、水たまりが出来るほど
に降り、関東の冬にしては珍しいなと思いました。寒くなると言われていたので大げさに
寒さ対策をしていったのですが、電車の中で汗かいちゃいましたよ。調節、難しいです。
で、今日は1日中どんより曇り空。明日出かけたいから、今日はまとめて写真の整理を
しました。今年も残りわずか、いろいろ頑張りましょう。

記事の方は11/28のおさんぽの続き。公園を歩いてきて外国産の木が並ぶエリアにさしか
かりました。

181223_redoak1.jpg

このエリアと言えば2種類のオークの木。真っ赤に色付いたのはレッドオークの葉です。






レッドオークは、その材が赤っぽいからレッドオークなんだと思うんですが、紅葉も
真っ赤です。

181223_redoak2.jpg

葉っぱの形は、柏餅のあのカシワの葉っぱに似ていますよね。

近所の公園の外国産の木が並ぶエリアに数本植えられて居ます。図鑑には載っていない
し、検索してもあまり資料が無かったので、ずっと(たぶんね)を付けていましたが、

181223_redoak3.jpg

このたび、管理人さんが「レッド・オーク」と、名札をつけてくださったので(たぶんね)
が取れました。よかったよかった。


相棒のピン・オークですが、こちらは葉っぱが散るのが早くて、もうほとんど残っていま
せん。

181223_pinoak1.jpg

その上、この夏の台風で大きな枝が折れている場所もあり、さんざんです。

181223_pinoak2.jpg

それでもあちこち探して、なんとか散り残っているのを撮って来ました。紅葉としては
黄色く色付く方です。これはもう、ほぼ枯れ色。枝先で枯れちゃってます。

ピン・オークの枝ばかりで無く、この辺の木もだいぶ折れたんですね。

181223_pinoak3.jpg

積もった落ち葉の上も枝がたくさん積まれていました。

小振りで切れ込み深めのピン・オークの葉っぱ。

181223_redoak4.jpg

大きめで切れ込み浅めのレッド・オークの葉っぱ。みんな落ち葉になって根元に散って
積もります。ここだけちょっと外国みたいな景色になります。大きなどんぐり、拾って
持って帰った子は居るかな?


居並ぶレッド・オークのお向かいは 背の高いコナラ。

181223_redoak5.jpg

どちらもドングリのなる木です。




レッド・オークの並びに、綺麗に色付いたコナラを発見!

181223_konara.jpg

ほらほら、これは綺麗でしょ。今年は赤くなったコナラの葉っぱが少なかったので貴重
です。

それからこちらは、公園に隣接する小学校の裏庭のカエデ。

181223_kaede.jpg

近づけないので種類までは解りませんが、綺麗でした。



外国産の木が並ぶエリアを出て、大きなカロリナポプラの前を通って、

181223_k_poplar.jpg

次の雑木林へ入ります。



アラカシ、ヒマラヤスギ、ミズキなどが並ぶ林を歩いて、次のアカシデが見られそうな
場所へ。

181223_akaside1.jpg

これもアカシデです。背の高い木の上の方に紅い葉っぱがあるのが解ります。

地面にも、朱色に染まった葉っぱが落ちています。

181223_akaside2.jpg

それでも、枝が遠くて紅い葉っぱの写真は撮れません。もうちょっと先にある株に期待しま
しょう。



この赤い葉の木は、夏の初めに白い小花の穂をたくさん出していたリョウブです。

181223_ryoubu.jpg

葉っぱは厚くてごつめですが、光を透かすと綺麗な赤い紅葉に見えます。



雑木林のアカシデです。

181223_akaside3.jpg

綺麗に赤くなって居ますね。綺麗だけれど、下の方に枝が無いので葉っぱが撮れません。

こっちの背の低そうな木も、あとちょっとで届かないんです。

181223_akaside4.jpg

でも、綺麗でしょ。雑木林にこんな木があったら、目を惹きますよね。
結構ファンの多い木なんですよ。



上ばっかり見て歩いているわけじゃ無いですよ。

181223_inokozuti1.jpg

雑木林の林床に、こんな鮮やかなピンクの草の葉があったら足を止めます。

回りをよくよくみれば、花の穂を残して居る株もあります。

181223_inokozuti2.jpg

細い茎にトゲトゲした実が並んでいる…これ、ヒカゲイノコズチですよね。
へぇ、条件が整えば、こんな、ヨウシュヤマゴボウみたいなショッキング・
ピンクに染まるのねぇ。意外〜。

こちらは、見慣れたクサイチゴの紅葉。

181223_kusaitigo.jpg

クサイチゴは、名前に草って付くけれど木の仲間。一応、バラ科の落葉低木だけれど、
半常緑って言っても良いくらいには、葉っぱを散らさずに冬を越しちゃいますよね。



おさんぽはまだまだ続きます。

181223_akaside5.jpg

このあとは池のほとりのメタセコイアと落羽松を見上げて、次のエリアを目指します。


ところで、年賀状の絵柄、なんにします?


posted by はもよう at 21:44| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: