2018年12月28日

イロハカエデの紅葉

今日は良く晴れたけれど風が強くて寒い一日でした。そして、ようやく仕事納め。
1/4までお休みです。このあとどんどん気温が下がって場所によっては猛吹雪や
大雪に警戒が必要だそうです。くれぐれもご注意くださいね。

記事の方は、11/29に仕事場のそばのイロハカエデの紅葉を撮ったのでご紹介します。

181228_yama.jpg

これは通勤途中に見かけるお山。コナラやクヌギで色付いているのですが、まだ
逆光気味でよく見えないのが残念なところです。






仕事場のそばに、イロハカエデがまとまって植えられて居る場所があるんですよ。

181228_iroha_k1.jpg

11/29のお昼休みにちょこっと出かけて撮って来ました。

素敵に赤くなって居ますね。

181228_iroha_k2.jpg

青空にも映えて、本当に綺麗。

181228_iroha_k3.jpg

それでも今年は、秋の高温傾向が響いて、カエデの色づきは今ひとつ。

181228_iroha_k4.jpg

紅葉して良いのか悪いのか、判断に迷ったらしくてそろいません。

緑から赤まで、色んな色の葉っぱがそろうのは、五色の紅葉って言うそうですが

181228_iroha_k5.jpg

ちょうどそんな感じ。

181228_iroha_k6.jpg

まぁ、カラフルなのも良いかもしれませんね。



木の下に入って上を見上げます。

181228_iroha_k7.jpg

天井いっぱい赤い紅葉ですよ。素敵だな。


色づきが遅れ気味の株の葉っぱは、五色の紅葉。

181228_iroha_k8.jpg

綺麗に赤くなった株は裏側から眺めて、

181228_iroha_k9.jpg

さらに葉っぱの鮮やかさを際立たせて鑑賞。
いやいや、お昼休みのちょっとの間に、真っ赤なイロハカエデを堪能いたしました。
このあと、あっという間に散ってしまいましたが、写真撮れて良かったです。



イロハカエデの隣にはハクモクレンが植えられています。

181228_h_mokuren.jpg

葉っぱが黄色から枯れ色になって、半分以上散りました。今後は毛皮のコートを
来たような、お花のつぼみと冬越しです。



こちらは街路樹のケヤキ。

181228_keyaki1.jpg

天に向かってホウキのように開いた枝に黄色く色付く葉っぱ。

中にはちょっと赤っぽく染まるのもある。

181228_keyaki2.jpg

このへんのケヤキの木も 五色の紅葉みたいです。

街路樹なので、あっちの木とこっちの木の境目には電線が入っちゃっています
けれど、

181228_keyaki3.jpg

素敵な紅葉が並木になって居るんですよ。

あっちの葉っぱは赤かったけれど、こっちの葉っぱは黄色いなぁとか、

181228_keyaki4.jpg

そんな色とりどりのケヤキ並木です



ケヤキの根元には、春に上品なピンクの花を愛でた豊後梅の木。

181228_bungo_u.jpg
ちょいと剪定されて、ぶつ切りの枝ですが、陽に良くあたった葉っぱが赤くなって
居ました。来春も可愛いお花をたくさん咲かせてね。



それからこちらは低木のヒュウガミズキ。

181228_hyuga_m1.jpg

細かくて丸い葉っぱがチャームポイント。春先には愛らしい黄色のお花を咲かせ
ていました。

181228_hyuga_m2.jpg

今年は赤く色づく葉っぱが少なかったです。このあとは粒々の冬芽が目立ってくるか
なぁ。



明日はまた、都内の実家へ行って来ます。それが済んだら…あれとこれと…
暮れは何かと慌ただしいですね。風邪など引かないように気をつけましょう。






posted by はもよう at 23:17| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: