2019年01月11日

裏門に通じる谷の紅葉

今日は日差しがあって気温が上がりました。でも、朝晩はしっかり冷え込んだし、
風が吹いたら日差しがあっても寒かったです。それでも夕飯は夕べ仕込んでおいた
おでんだから、今日はちょっとのんびりしました。明日から3連休。何しようかな。

記事の方は「日陰の林」から隣町の公園の「裏門に通じる谷」の方へ進みます。

180111_zokibayasi1.jpg

これはウグイスカグラが咲くあたりの雑木林。





こっちもイロハカエデが綺麗でした。

180111_zokibayasi2.jpg

お天気がもうちょっと良かったらねぇ。

180111_zokibayasi3.jpg

まん中の木に寄ってみます。やっぱりまだまだ緑の葉っぱがありますね。

それでも木の下には落ち葉がどっさり積もっています。

180111_zokibayasi4.jpg

色んな葉っぱが積み重なって、分厚いお布団になってます。

180111_zokibayasi5.jpg

これが春早くに咲く草の葉っぱを霜から守るんですよ。落ち葉の透き間は結構
暖かいんですよ。

前回おさんぽに来た時に赤かった木の隣が、この日は真っ赤でした。

180111_zokibayasi6.jpg

これもイロハカエデ。

でもって、前回何の木だっけな…って書いた、赤い葉っぱの木はアカシデでした。

180111_akaside.jpg

真っ赤だった葉っぱが落ちて、実がちょっとと冬芽が残っていました。




さらに進んで、野良ニラやタラノキの前を通って、コンクリの壁のところに
お花みたいな綺麗な紫色を発見。

180111_kakidosi1.jpg

あれ?なんだろう。近づいてみたら、お花じゃ無くて

180111_kakidosi2.jpg

カキドオシの葉っぱでした。そうそう、カキドオシの葉っぱって、裏は
綺麗な紫色なんですけど、紅葉シーズンにはこんなに綺麗に染まるのね。もう、
裏も表も無いのかな?



その先は小さいお社の前を通って(お参りをして)、公園の裏門に通じる谷のところ。

180111_tani1.jpg

ここもイロハカエデの名所なんだけれど、何だかあんまり赤くないよね。

「日陰の林」よりも、さらに紅葉が遅れ気味なのかな?

180111_tani2.jpg

12/12ではまだ緑の葉っぱの方が多いくらい。

この日、一番色付いていた場所でもオレンジ色の方が多かったです。

180111_tani3.jpg

次の機会に期待…かな?



裏門から公園の中へ入って、次はドングリの林を目指して斜面を登ります。
途中に有るのは、名前調べを始めた頃からのおなじみのムラサキシキブ。

180111_m_sikibu1.jpg

この日、これまでに見てきた株には葉っぱは残っていなかったけれど、この株は
葉っぱがたっくさん残っていました。

180111_m_sikibu2.jpg

緑の葉っぱと紫の実のコントラストも綺麗だったけれど、黄色い葉っぱと紫の実の
取り合わせも悪くないでしょ。場所によって、葉っぱの散る時期も違うんだな。


斜面を登り切ったところに立っていたのはアオハダの木。

180111_aohada1.jpg

今回も何度かご紹介しましたが、ほんと、アオハダの黄葉は見事なんですよ。

180111_aohada2.jpg

アオハダの特徴は長枝から、のこのこ立ち上がる短枝。短枝から束になるように
生えてる葉っぱ。花や実が付くのもこの短枝の先。

180111_aohada3.jpg

何の変哲も無い黄色い葉っぱなんだけれど、この時期だけは、金色に見えちゃうん
ですよね。ああ、ゴージャス。金運上がるかしら?



おさんぽはまだまだ続きますが、この記事ラストは雑木林の林床で咲いて居た

180111_yatude.jpg

ヤツデの大きな花の穂で締めくくり。たくさん咲いてました。




posted by はもよう at 23:52| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: