2019年01月15日

霜の降りた朝

今日は朝翼晴れていましたが、日中はどんより曇って、寒さが身にしみる1日となり
ました。連休明けで仕事の方が忙しくて、寒いと言っている間もありませんでしたが。
インフルエンザがますます流行りだし、具合の悪い人が増えているようです。栄養と
休養をしっかりとって、体調管理に努めたいものです。

記事の方は2018年最後のおさんぽ。12/16の写真から。

180115_keyaki.jpg

まずは歩き始めのあたりに立ってたケヤキの木。落葉樹は葉が落ちて樹形が目立つ
ようになりますね。





いつものイチョウにはこのくらい葉っぱが残っていました。

180115_ityo.jpg

結構いつまでも残っているものです。


生け垣のネズミモチ。葉っぱは随分傷んでいるけれど、実が残っていました。

180115_nezumi_m.jpg

この実がネズミの糞に似ているからネズミモチと言うそうですが、
最近の学生はネズミの糞を見たことかないから ピンとこないみたいだというどこかの
教授のぼやきを見たことがあります。私は最近の学生じゃ無いから知ってますけどね。



隣町へ通じる道に出て歩き始めてすぐ、落ち葉に霜が降りているのに気づきました。

180115_simo1.jpg

この冬、霜が降りたのは何度か目撃していましたが、写真に撮れたのはこの日が
初めて。ちょっと立ち止まってカメラを構えました。

180115_simo2.jpg

ケヤキやサクラの葉っぱ、枯れ草の穂に霜が付いて綺麗です。

180115_simo3.jpg

こっちはミズキかなぁ。ちょっと小さいけど。冷たいもののはずなのに、なんとなく
暖かそうに見えるから不思議です。

この日一番綺麗だったのはこちらのお花。

180115_simo4.jpg

いやぁ、まだ頑張るの?ムラサキツメクサは初夏のお花のはずだよね。

さすがのヒメジョオンも

180115_himejoon.jpg

この日はもうよれよれでしたよ。でも、枯れないんだよね。



そうそう、ランドマークみたいに目立つミズキの大株。

180115_mizuki.jpg

曇り空に伸ばした枝。立派な樹形を撮ってみました。


枯れ草の中、目立って居た花のようなこの枯れ色の物体は、

180115_m_matuyoi_g.jpg

メマツヨイグサの実がはじけた痕です。棍棒状の実が付くところまでは、比較的
目に触れることが多いのですが、ここまで観察できることはまれですよね。
たくさんのタネがばらまかれたんだろうなぁ。



道ばたの雑木林、前回のおさんぽで眺めたイロハカエデがさらに色づきを進めて
居ました。

180115_iroha_k1.jpg

特徴的な枝振りの木の向こうのイロハカエデ。前回は半分くらい緑でした。

その先のイロハカエデ。

180115_iroha_k2.jpg

こちらはあまり変わって居ないけれど、前回赤かった葉っぱはまだ残っていて、
緑色だった葉っぱは赤くなっているのかな?この先の紅葉の名所を見るのが
楽しみになってきました。



お約束みたいにオオチの前を通って。

180115_ooti.jpg

千のお団子に例えられる薄黄色の実がまだまだどっさり枝に残っています。


ハナミズキとピンクのマグノリアのお花が咲く場所。

180115_h_mizu_mokur.jpg

どちらも枝先に、それぞれ個性あふれる花芽をつけて冬越し中。春の花盛りが
楽しみです。



星の降る樹のようなこれはアオハダの枝先です。

180115_aogiri.jpg

星の形に見えるのは5つずつ付いて居た実が落ちたあと。
まっすぐ立ち上がってきたのは新しい枝。先に大きな冬芽をつけています。
大きな葉っぱのダイナミックな芽吹きは、次の春のお楽しみ。



しばらく歩いて、隣町の公園のフェンスの手前で道を曲がって…コブシの前へ。

180115_kobusi1.jpg

相変わらず、綺麗には丸く広がる樹形が綺麗です。

そこそこでこぼこなコブシの胴体。

180115_kobusi2.jpg

幹の前まで垂れ下がった枝には、毛皮のコートに身を包んだ花の芽が春が来るの
を待って居ます。



道路っぱたのツツジの植え込みの影にコナラの幼樹が芽を出して、葉っぱを鮮やかに
紅葉させていました。

180115_konara.jpg

ここでこのまま大きくはなれないことは解っているんだけれど、こんなに綺麗な
葉っぱを眺めていると、どこかに移植してあげたくなります。いや、土地持ってない
けど。


さて、この先もおさんぽは続きます。今回はどんなお花や実に出会えるかな?




posted by はもよう at 22:24| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: