2019年01月17日

ヒヨドリジョウゴの実

今日は昨日に比べ風も無く穏やかで、ちょっと過ごしやすかったです。でも雨の降る
様子はありません。このカラカラお天気、いったいいつまで続くのでしょう。そういえ
ば、仕事中、日付を書く度にああ、またこの日が来たんだなって思いました。阪神淡路
の大震災の日ですね。もう24年も経ったんだ。でも、あのときの強烈な驚きはすこしも
色褪せていないです。私は関東に居て、テレビで見ていただけですけれど、それでも。
災害への備え、怠らないようにせねば。心する日でありました。

記事の方は12/16のおさんぽの続き。

180117_simobasira1.jpg

「日陰の林」のその先の斜面で、今季初めての霜柱を見つけました。







こんな感じの斜面に黒い土が露出しているところ、ここに霜柱が出て居ました。
前回のおさんぽでは綺麗な紫色のカキドオシの葉っぱを眺めたあたりです。

180117_simobasira2.jpg

このあたりは、ただでも寒い北向きの斜面の中でも、なんの加減か冷気がたまる場所。
今後も霜柱や霜に注目のポイントです。



それから、公園の裏門に通じる谷の方へ。いつもの通りにおさんぽの無事をお願いしに
小さなお社へ。

お参りして気づきました、手水鉢のお水に氷が浮かんでいたことに。
180117_koori.jpg

紅葉の浮かぶ水面に薄氷。いやぁ、本格的な冬到来だなぁと思った12/16のことでした。



公園の裏門に通じる谷も毎年、見事な紅葉が見られる場所なのですが、今年のイロハ
カエデは色づきがそろわず、

180117_iroha_k1.jpg

こんな感じ。

赤い葉っぱが無いわけじゃ無いけれど。

180117_iroha_k2.jpg

全部が燃えるように真っ赤になるというわけでも無く。

180117_iroha_k3.jpg

良いタイミングを狙っているうちに、散ってしまいました。また次の機会に期待します。



でも、ここで思いだしたことがあったんですよ。秋の初めにこの辺で、ヒヨドリ
ジョウゴのお花を見たことを。

2018/1/28付 「青肌から山漆」 9/9撮影

ああ、9月だったんだ。毛深いつるにナス科らしいお花。実が付いたかどうか確かめねば。

180117_h_jogo1.jpg

付いていましたよ。結構たくさん実って居ます。

180117_h_jogo2.jpg

ただねぇ、残念だったのは、ピントがぜんぜん合ってないの。
何やってんでしょう、私。現地で確認すれば良いのに。こんな間違いしょっちゅうで、
我がことながら嘆かわしいです。久し振りに会えたのになぁ。

180117_h_jogo3.jpg

こんな失敗写真で解ります?
ごくごく小さいミニトマトみたいなつやつやの実なんです。

完成形は真っ赤ですが、その途中の、色付く過程も好きなんですよ。

180117_h_jogo4.jpg

ほら、微妙に色が変わっていますでしょ。良い混色ぐあいだこと。秋らしい配色ですよ。
ヒヨドリジョウゴ、お久しぶり。また次のシーズンにも、会えますように。



前回のおさんぽではここで、黄色い葉っぱと紫色の実をつけたムラサキシキブを撮り
ました。この日は斜面の上に広がるドングリの林全体にカメラを向けました。

180117_zokibayasi.jpg

画面中央に丸太を並べたような簡単な階段があって、そこを登っていきます。斜面の
上には前回、金色の黄葉ぶりを撮ったアオハダが有って、その先はコナラとクヌギの林。
晩秋の雑木林。良い景色ですね。



公園の裏門からでて、また、「北向きの斜面」を歩きます。
次に目をとめたのは、ノダケ。

180117_nodake1.jpg

まだ余裕で咲いて居ます。

でも、タネになる株も増えてきました。

180117_nodake2.jpg

カレーの匂いのタネですよ。綺麗に実ったな。



斜面に生えていたこの赤い色づき初めの葉っぱ。なんでしょう。
特徴的な3枚ワンセットの葉っぱ。苺の葉っぱみたい。

180117_m_tutiguri.jpg

ここでそんな葉っぱの草…色々考えましたが、ミツバツチグリじゃ無いかな?
ミツバツチグリがこんなに赤くなればの話ですけど。それにしても綺麗だな。


そうそうここにも、ど根性ヒメジョオンが咲いていました。

180117_himejoon1.jpg

あなた、夏の花だよね。回りにもはこべの葉っぱが見えたりして、季節はいつなんだ
って思います。

さらに、道の反対側ではこんなに紫色のヒメジョオンも有ります。

180117_himejoon2.jpg

空気の良いところでは花が紫色を帯びることが有るって、図鑑には書いてありましたが、
じつはこの場所、駐車場に面しています。空気…きれいかな?

冬になっても咲く夏の花は、ど根性なのか、美魔女系なのか、判断付きかねたところで、
もう1種類の夏の花発見。

180117_m_matuyoi_g.jpg

この黄色いの、メマツヨイグサですよね。霜だ氷だって言っている12月でも、
頑張れれば ひと花もふた花も咲かせちゃう夏の花。たくましいわぁ。



次で12/16のおさんぽも最終回。隣町の公園から戻って、近所の公園にもちょっと
寄り道。極早咲きの梅があるので、咲いたかどうだか見てきました。


posted by はもよう at 23:51| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: