2019年01月20日

霜とロゼット

昨日はまた、実家へ行って両親の手伝いをして、夕方からは職場の懇親会に出て
同僚と親交を深めてきました。楽しかったぁ。でもって、今日もよく晴れて暖かく
なりました。それでも家から一歩も出ずに、家事にいそしんで居たんですけどね。
明日からまた、忙しい一週間の始まりですから、今日できることはやっておかないとね。

記事の方は前回の分から半月ほどとんで、まだお正月休み中の1/3に、近所の公園で
撮ってきた写真から。

180120_ityo1.jpg

1枚目は自宅そばの大きなイチョウの木。葉っぱが落ちて綺麗な樹形が見られます。






12月半ばにはまだ、黄色い葉っぱが残っていたイチョウもすっかり枝だけになり
ました。

180120_ityo2.jpg

いつもの通りにイチョウを見上げてからの出発です。

そうそう、お正月なのでおめでたく、松の木もあげておきましょう。

180120_akamatu.jpg

アカマツかな?



前日は氏神様に初参りして、1/3は暮れのうちに開花を確認していた梅のその後を見に
近所の公園へ。向かう道の途中、日陰にはまだ霜が溶け残っていました。

180120_simo1.jpg

解ります?画面の左下の方には日が当たっていて、右上の方は日陰なんです。

180120_simo2.jpg

草の葉に付いた白いのはみんな霜ですね。冷たそう。



落ち葉が吹き払われて、むき出しになった地面に残っていた草の葉。

180120_yomogi1.jpg

一番数が多かったのはヨモギかもしれません。

春の新芽と言うよりは、隙あらば芽吹いていた去年の秋の分が生き残っていた感じ。

180120_yomogi2.jpg

春の芽吹きたてはもっと毛深いですものねぇ。

180120_yomogi3.jpg

たぶんねぇ、たぶん。

似ているけれどタンポポの葉っぱはこっちだから。

180120_tanpopo.jpg

いずれにしても、生きている葉っぱは、霜が降りても枯れないんですよね。
すごいな。



道の反対側には塀が有って、北風が吹き抜けてこない、暖かな日だまりになって
居ます。そんなところには、ロゼットになって冬越しする葉っぱや隙あらば
動き出そうとする春の花たちが並んで居ます。

180120_butana.jpg

↑これはブタナ。秋の名残か春一番の花なのか。枝分かれもする茎の先に黄色い
つぼみが付いています。

寒さにあうと赤っぽくなる葉っぱのまん中に、黄色い花を抱えているのはハルノ
ノゲシ。

180120_h_nogesi.jpg

この花は、「ハルノ」と名前に付いているけれど、一年中、チャンスが有れば
花を咲かせちゃうノゲシです。今回は晩秋も初冬も、気温が下がりきらなかったから
返り咲きでも一番花でも無く、なんとなく咲きですね。



それから冬越し中の葉っぱ。この、ヤエムグラのようで、ヤエムグラで無い葉っぱは。

180120_h_y_mugura.jpg

ハナヤエムグラだったって事を去年、確認致しました。

同時にこの、ナズナにしては葉っぱの密度が濃すぎるこれが、

180120_m_gunbai_n.jpg

マメグンバイナズナのロゼットだったことも確認致しました。

柔らかいトゲが付いたこの葉っぱは、

180120_o_nogesi.jpg

オニノゲシのロゼットですね。

今にも咲きそうなつぼみを持っている小さい草は、

180120_noboro_g.jpg

ノボロギクです。小さいけれど、良く良く見ると細かいところまでデザインが凝っている
んですよ。


咲いて居たのはシソ科の方のホトケノザでした。

180120_hotokenoza.jpg

春の七草に入って居るのはキク科のホトケノザ。黄色いお花でこれとは全く違います。
あちらの標準和名はコオニタビラコですから。



それから、こちらも今にも咲きそうな黄色いつぼみ。

180120_katabami.jpg

閉じた葉っぱを開こうとしているカタバミです。ケヤキの葉っぱのお布団は暖かかった
のかな?


小さい葉っぱをアップにしました。

180120_a_furo.jpg

赤く色づいているのはアメリカフウロのおチビちゃんです。


この記事ラストはヘラオオバコの葉っぱ。

180120_h_oobako.jpg

日だまりで冬越しをしている葉っぱを撮りながら歩いているうちに、公園に着きました
よ。さて、何が見られるかな?梅はどのくらい咲いたかな?




posted by はもよう at 22:04| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: