2019年01月24日

紅花栃と藤と、梅

昨日は春を思わせるような穏やかな晴天の下、父の通院のお供をしに実家へ行って
来ました。インフルエンザが猛威を振るっているんだから行きたくないのはやまやま
ですが、仕方有りません。父がかからないよう、願うばかりです。でもって、今日は
北風が強くて寒い中、仕事してきました。仕事場は寒くないんですが、通勤は寒かった
今日も早寝して、ばい菌に見込まれないように体調管理に励みます。

記事の方は1/3に近所の公園で撮ってきた写真の続き。園内3カ所に植えられて居る
早咲きの梅を愛でつつ、今度はおなじみの木の冬芽と葉痕も観察致しましょう。

180124_b_totinoki1.jpg

まずはベニバナトチノキの冬芽と葉痕を見上げます。







日本のトチノキよりは小振りながら、同じように太い枝が作るシンプルな樹形。

180124_b_totinoki2.jpg

枝先の大きな冬芽。

北米原産のアカバナトチノキとヨーロッパ原産のセイヨウトチノキ(マロニエ)を
掛け合わせた園芸品種。お庭にはちょっと大きいけれど、公園では可愛いアイドルな
感じの華やかな花木です。

お花の季節は5月ですが、この秋は気温が高かったせいかこんなうっかり花芽も
見受けられます。

180124_b_totinoki3.jpg

これからもっと寒くなるに、どうなるんでしょ。

さてさて、冬芽と葉痕を見てみましょう。可愛いの、撮れるかな?

180124_b_totinoki4.jpg

てっぺんの大きいのは葉っぱや花芽がたっぷり詰まったカプセルで、ヘリコプターの
プロペラのような大きな芽吹きが楽しみです。枝の途中は大きな葉っぱが落ちた痕と
春に出る葉っぱの芽。

これがアップにするとこんな顔。

180124_b_totinoki5.jpg

小鬼みたいでしょ。

枝の先の葉痕はまたちょっと違う表情。

180124_b_totinoki6.jpg

笑ってる?
ベニバナトチノキの冬芽と葉痕はとっても可愛いので、遠かったり逆光だったり
するような厳しい条件にもかかわらず、何度も挑戦したくなるんですよ。
また探してみよう。


ベニバナトチノキが並んで居るあたりに1本だけ有るトウネズミモチ。まだ実が
残っていました。おさんぽの始めに見かけたネズミモチの中国版。

180124_t_nezumi_m.jpg

公園樹や街路樹にも利用されるとあるけれど、猛烈に結実し、猛烈に芽吹いて
成長も早い、ちょっともてあます強さがあります。
侵略的外来樹木として要注意物件なんですよ。まさか、ここに植えたベニバナ
トチノキの苗の代わりに 勝手に生えて育ったんじゃないだろな。



さて、ここのそばの梅の木。

180124_ume01.jpg

12月に見に来た時にはまだ葉っぱが残っていたけれど、さすがにもう無いですね。
紅白の梅の木が並んで居ます

左の白梅。

180124_ume02.jpg

ヒマラヤスギの緑の前にちらほら咲いて居ます。

ほら、一重の白梅。

180124_ume03.jpg

つぼみもまだどっさり。

赤い萼、黄色いしべ、梅は結構、カラフルです。

180124_ume04.jpg

日差しを浴びた花びらが暖かそう。

白梅の隣は紅梅。

180124_ume05.jpg

多い、もう起きたかい?

起きてました、隣の紅梅も。

180124_ume06.jpg

ほら、ちらほら。

でもって、近くによってお花を見れば、

180124_ume07.jpg

可愛いピンクの八重咲きです。
つぼみもまだまだたくさんあって、これから、訪ねていく度にお花の密度が増して
いくことでしょう。楽しみだな。



梅の前には、若いイチョウが並んでいます。

180124_ityo.jpg

白っぽい樹皮にシンプルな樹形。



それから藤棚。

180124_fuji1.jpg

空に向かってはみ出た藤のつるが、猛烈に絡まっていました。
いや、勢いが良いわ。


ね、すごいでしょ。ぐるぐる巻き付いて、円を描いて、こんがらがってます。

180124_fuji2.jpg

こんなのほどけって言われたら気が遠くなっちゃう。
藤も勢いが強くて管理が難しいか僕だそうですよ。この公園の藤も徹底的に剪定され
ますが、一夏過ぎたらこんなですもの。

次に見に行った時には

180124_fuji3.jpg

すっきり刈り込まれちゃっているかもしれないので、のびのびからみまくった姿も
眺めておこうと思います。



この記事ラストは、葉っぱに埋もれるように咲くカンツバキの花。

180124_kantubaki.jpg

ヒザくらいの高さの低木です。可愛いお花だなぁ。



まだこの先にも並ぶ花木を眺めながら、さらに梅の花を追いかけます。


posted by はもよう at 23:29| Comment(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: