2019年02月11日

枇杷から高野箒

いや、また、4日も休んでしまいました。実家へ行ったりもしましたが、TVを見てたとか
寒いから風邪引かないうちに寝ようと思ったとかそんな理由でした。それにしても、急に
気温が下がりましたね。今日ろくな寒気のせいだそうですが、幸か不幸か大雪とまでは
ならず、ほっとしました。まだ、もうちょっと寒気は居座りそうですし、雪も降るかも
しれませんが、春はもうすぐそこ。元気に迎えられるように致しましょう。

記事の方は1/6に隣町まで行ってきた時の写真から。

180211_ooti.jpg

途中のとある施設のお庭に立っているオオチと寒椿。遠くから見た姿が良かったもので。






隣町まで行く道の途中に、大きなビワの木が植えられて居る場所があって、そこで写真を
撮りました。

180211_biwa1.jpg

ごつい葉っぱの付けにには、フリースを着たようなつぼみが付いていて、秋の終わり頃
から、ぼつぼつ咲き始めていました。

なかなか撮るチャンスが無かったので、隣町へ行く途中のフェンス沿いで1枚パチリ。

180211_biwa2.jpg

こんな季節に咲く花は少ないので、飛んでる虫さん、小鳥さん独り占め…かと思うけど
飛んでる虫がほとんどいないんだけど、大丈夫かな?




遠くから撮ったオウチ(双葉から芳しく無い方のセンダン)の前を通って隣町方向へ
どんどん歩いて行って、ハナミズキとナンキンハゼとアオギリの前。

180211_nanki_aogi1.jpg

もしゃもしゃすぎて解らないか…。

もうちょっと、それぞれの枝の特徴がわかりやすいところをアップにします。

180211_nanki_aogi2.jpg

はい、いつもの通り、低いのがハナミズキ、左がナンキンハゼ。右がアオギリです。
ナンキンハゼの枝先にはまだ白い実が残っているし、アオギリの樹皮はほんのり緑色。
葉っぱは無くなっても、それなりに特徴は残ります。



いよいよ隣町の公園について、フェンスの外から公園の木を眺めます。

180211_konara1.jpg

こちらは、上に向かって伸びる枝が特徴的な、風媒花のコナラ。

180211_konara2.jpg

アップで写せば赤い三角屋根みたいな冬芽もチャーミングなんだけど、とりあえず、
この回は枝振りを鑑賞。



やたらに色んなものが付いて、茶色にけぶって見えるのはイヌシデの木。

180211_inuside1.jpg

枝先を拡大してみるとこんな。

ころころの冬芽が並んで居ます。

180211_inuside2.jpg

春先に、ここにひも状のおばなの穂をたくさん下げます。めばなは目立たないの。



枝先が細すぎて細かすぎてさらに何だか良く解らない感じになっているのがエゴノキ。

180211_egonoki1.jpg

拡大してみるけど、ほら、何だか訳わかんない感じでしょ。

180211_egonoki2.jpg

こんがらがっちゃってるみたい。でも、ここから5月頃には、とびきり清楚で素敵な
白い花がどっさり咲くんだよ。楽しみだな。



エゴの隣は栗の木です。

180211_ego_kuri.jpg

大きな枝は横に伸ばして、そこに細かい枝をびっしりつけるタイプのエゴと違って、

すんなりまっすぐ上に向けて、枝を伸ばす栗の木は、ただ単に若いからかなぁ。

180211_kuri.jpg

素直な枝の先にはこんな冬芽が規則正しく並んで居ます。みんな、春が来たら葉っぱに
なるのかな?



ひと月ほど前まではクリスマスカラーだったクロガネモチ。

180211_kurogane_m1.jpg

大きな木にどっさり実って居た小さな赤い実。

180211_kurogane_m2.jpg

実はそのままだけれど、葉っぱがだいぶ黄ばんで来ちゃった。常緑とは言っても
そろそろ葉っぱとしての寿命が来ちゃうのかな?赤い実、まだたくさんありますよ。
鳥さんたち、早くおいでね。



公園のフェンス沿いに並ぶ、綺麗な丸い樹形のコブシの木。

180211_kobusi.jpg

枝先に毛皮をまとった冬芽をつけて、花が咲く日を待って居ます。



この辺から坂を下って、公園裏の北向きの斜面を目指します。

180211_aoki1.jpg

うっそうとした雑木林には、日陰好きなアオキが赤い実をつけて茂っていました。

180211_aoki2.jpg

花から実るまで、半年以上かけた大きな赤い実。つやつやの葉っぱの陰にたくさん
出来ました。



葉っぱが落ちて明るくなった落葉樹の林には、色んな枝やつるが絡まり合っています。

180211_gamazumi1.jpg

見つけた赤いものはガマズミの実です。

霜が降りる頃甘くなるそうですから、たぶん食べ頃。

180211_gamazumi2.jpg

鳥さんの上前ははねません。
すくっと伸びた枝の先で、毛深い冬芽がスタンバイ。

180211_gamazumi3.jpg

こちらではスイカズラの葉っぱとご一緒しています。冬芽はまだまだ堅く小さいです。
春はまだかな。



次回は「北向きの斜面」に入口のエリア「日陰の林」で何かを探してみましょう。



posted by はもよう at 23:10| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: