2019年02月19日

冬の樹形と福寿草のつぼみ

晴れて暖かかった昨日とうって変わって、今日は一日中どんより曇って肌寒かったです。
洗濯物は外干しできないし、夕方からは雨が降り出しました。これで水曜日には晴れて
気温が高くなるって言うんだから、本当に体調管理が難しいですね。気をつけねば。

記事の方は1/13に近所の公園へ氷を撮りに行って空振りして帰ってきた時の写真の続き。

180219_meta_raku.jpg

すっかり葉が落ちた針葉樹2種。メタセコイアとラクウショウです。







綺麗な円錐型。

180219_metasequoia.jpg

お行儀が良いのがメタセコイアらしさ。

それに引き替え、枝だけになっても、自由な感じのラクウショウ。

180219_rakuusho.jpg

乱調の美。踊っているような樹形です。


メタセコイアとラクウショウが並んでいる根元には人口の小川が流れていて、
その畔の灌木にはスイカズラがからんでいたり…

180219_suikazura.jpg

ここでも冬を忍ぶ葉っぱと黒くてツヤのある実が見られます。



それから、勝手に生えてるノイバラの葉っぱが、とびきり綺麗でした。

180219_noibara1.jpg

スイカズラと違って、図鑑には半常緑とは書いていないけれど、ノイバラもスキさえ
有れば、葉を残して冬越しします。その葉っぱが、とっても綺麗な色だったんですよ。

180219_noibara2.jpg

冬越し葉っぱにもバラ色が差して。花より華やかな葉っぱでした。



小川の畔は同じでも、こちらは公園をぐるっと回った先の小川。
立っている木はケヤマハンノキ。
毎年、ハンノキハムシにほとんどの葉っぱを食べられちゃうので、枯れないかなぁと
心配しながら見上げる木です。

180219_k_y_hannnoki1.jpg

でも、枯れませんねぇ。たくましいものです。

最近ではハンノキハムシの方が数を減らし気味で、ケヤマハンノキの葉っぱが残りがち。

180219_k_y_hannnoki2.jpg

去年もほら、こんなに実が付けて…。きっと今年も元気だと思います。



ケヤマハンノキのご近所さんがこのイヌコリヤナギ。枝に並ぶ赤い冬芽から、極小の
ネコヤナギみたいな、毛深い花芽を出します。

180219_i_kori_y.jpg

小川の畔にたくさん植えられて居ましたが、寿命だったのか、台風に痛めつけられすぎた
のか、とうとう これひと株にまで激減しました。ネコヤナギもあったのに、いつの間
にか枯れてしまいました。寂しいです。



あっちにもあったけれど、こっちにも植えられて居るトサミズキ。

180219_tosa_m1.jpg

大きいのは花のつぼみで、小さいのは葉っぱの芽。

このあとますます大きくなって、綺麗な花芽が見られるはずです。

180219_tosa_m2.jpg

春まだ浅いうちに、優しい黄色の花を房状に下げて咲きます。今年はどのくらい咲くで
しょう。楽しみです。



池のお水にはオナガガモのご夫妻と旦那さんのお友達がお食事中。

180219_onaga_g1.jpg

やっぱりね、水面の有機物を漉して食べるスタイル。絶対、非効率的だと思うんだけど、
カモさんたちはそれで良いのよねぇ。

180219_onaga_g2.jpg

野鳥の中では、人を怖がらない方のオナガガモさんですが、パンもお菓子も持っていない
私に、用は無いみたい。とっとと遠ざかっていきます。いさぎよいわぁ。



カモさんを見送ったところで、福寿草のつぼみが出て居るかもって事に気づきました。
さっそく、毎年顔出す場所をチェック。

180219_nanten.jpg

つやつや綺麗なナンテンの葉っぱの下なんですよ。赤い実はもうみんな落ちちゃいまし
たね。柄だけ残っています。

180219_fukuju_s.jpg

さて、福寿草はこんな感じ。緑色で丸っこい花の芽が顔を出していました。
黄色いパラボラアンテナみたいなお花を咲かせるのはいつ頃かな?


それから、この時期、もうとっくに枯れていなくちゃならないイノデの葉っぱが
いきいきしていました。

180219_inode.jpg

おかしいなぁ。でも、綺麗だからまぁ良いか。


この記事ラストはヘレボルスの花だん。

180219_helleborus1.jpg

日本ではクリスマス・ローズの方が通りは良いかもしれないけれど、本来の呼び名は
ヘレボルス。またはレンテン・ローズ。

まだ、葉っぱが広がっているだけでした。

180219_helleborus2.jpg

年々、細長い葉っぱのシャガに侵食されて、勢いが減っている気がしますが、花の
少ない時期に咲くありがたいお花です。咲いたらまた、ご紹介しますね。



1/13は冷え込みを期待して出かけましたが、空振りに終わりました。悔しがって翌日も
また、公園に出かけています。次回は翌日の公園の様子をご紹介。今度は良いお天気で
梅のお花も良く撮れました。



posted by はもよう at 23:03| Comment(2) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
メタセコイアとラクウショウの樹形の違いが
よくわかりました。
ありがとうございます。
近所で見られるのはきれいな三角にみえるので
メタセコイアみたいです。

わたしも最近ノイバラの赤い実を撮りました。
今確認したら、もう緑の葉が見えました。
新葉のような気がします。
うちのレンテンローズも
いつもあまり蕾を付けないのですが、
今年は今の段階で8個も見つけました。
やはり暖冬なんですね。
みな負けじと動き出しているんだぁ

前回のハナワラビのお仲間!
フユノハナワラビも紅色になりますよね。
アカハナワラビは絣模様が入るそうです。
どちらでしょうねぇ^^
Posted by ブリ at 2019年02月22日 12:19
ブリさん、こんばんは。お返事遅くなりました。

メタセコイアとラクウショウを樹形で見分けるのは無理だと思って
いたのですが、今回写真を撮ってみたら、個性が浮き出て、
違いが見分けられそうな気がしました。どうでしょうね。
メタセコイアの樹形は素敵に整っていますよね。
この時期、樹形の綺麗な木を見かけると得した気になります(^^*)。

あ、ノイバラの冬越し葉っぱ、有りましたか?
赤い実はドライフルーツになって居ませんでした?
ああ、もう、レンテンローズにつぼみが付いたんですね。
私は今日、咲いて居るのを撮りました。福寿草も ♪ 春ですよ。

あ、フユノハナワラビも赤くなります?
アカハナワラビじゃないかも?
確認してくるの忘れちゃった。また、今度探してみます。
う〜ん、どっちかなぁ?(''?)

Posted by はもよう at 2019年02月24日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: