2019年03月03日

河津桜のつぼみ

昨日はまた、実家へ両親の手伝いに行って来たのですが、桜が咲く頃の気温という
予報どおりに穏やかで暖かな一日でした。でも、夜になって降り出した雨がやまず、
日曜日は一日中、小雨が降ったりやんだりの肌寒い一日になりました。今日は
ひな祭りですのに、残念なことです。

記事の方は、よく晴れた2/17に近所の公園で撮ってきた写真を中心に見て頂こうと
思います。

190303_ityo.jpg

まずは家の近所のイチョウの木。何度も取り上げたのとはちょっと違う場所の木です。





この木のそばに立っているのは河津桜。

190303_kawadu_z1.jpg

伊豆 河津で、自然交配したのを発見された早咲き品種。

家の近所にも植えられたんです。花が咲くようになってから、毎年楽しみに眺めて
います。我が家周辺は、伊豆半島ほどは暖かくないので、1〜2月に咲くのは無理ですが、
2月末から3月には、ちょいと濃いめのピンクの花が楽しめます。

190303_kawadu_z2.jpg

今年はいつ頃咲くのかな?つぼみの様子を見に行きました。

190303_kawadu_z3.jpg

2月もこの頃になると時々暖かい日が混じるようになりましたので、期待していましたが、
だいぶふくらんだつぼみがありました。近々咲きそうですね。楽しみです。



ほっとして公園に向かう途中、回りの木々の枝振りも眺めつつ歩きます。

190303_keyaki1.jpg

天に向かって開いたホウキの形のケヤキ。

190303_keyaki2.jpg

枝先まで細かくて直線的な枝がびっしり。



お花が咲くのが楽しみな桜。

190303_sakura1.jpg

ケヤキよりは柔らかい曲線を描いています。

190303_sakura2.jpg

枝の先に並ぶ冬芽は、膨らみ始めた花の芽かな。


桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿の諺どおりに剪定されたこちらは白梅。

190303_hakubai.jpg

梅は新しい枝に花芽が付くので、古い枝は切っておかないと花が楽しめない事と、
桜は枝を落とした傷口から入る菌で、枯れたり弱ったりしやすいので、剪定は
なるべくしない方が良いという、木の適切な管理法を表した言葉です。
ただ、この梅は、切りすぎだと思うけどね。



さていつもの景色の中を歩き、いつもおさんぽしている近所の公園に着きました。

道ばたの草も見たし、ポプラもスダジイも変わりなし。
あ、そうだ、ヘレボルスのつぼみはもう出てきたかな?福寿草は咲いたかな?
前に取り上げたのは、2/19の記事でしたよね。

はい、2/17のヘレボルスです。

190303_helleborus1.jpg

白い矢印のところにつぼみがでていました。

190303_helleborus2.jpg

こちらです。

別の場所には、もう今にも咲きそうなつぼみがありました。

190303_helleborus3.jpg

赤い花ですね。

少し離れた場所には確か白い花が咲いた株があったはず。

190303_helleborus4.jpg

これかな?

白いつぼみは見つからなかったけれど、

190303_helleborus5.jpg

こんなのが地面から出ていました。つぼみ?葉っぱの芽?どっちかな?


それから、前回はつぼみを見つけた福寿草。

190303_fukujuso1.jpg

この日は半分くらい開いていました。

蜜を出さずに、花びらで日光を反射し暖かい居場所を作るだけで虫を呼ぶ花なん
ですよ。

190303_fukujuso2.jpg

とびきり温かそうなお花、準備中です。ふさふさの葉っぱもイイ感じです。

190303_fukujuso3.jpg

ただねぇ。この場所、旺盛に茂るナンテンの下なんですよ。
ちっちゃい葉っぱがご一緒してますでしょ。小さい葉っぱは可愛らしいけれど、
頭上に葉っぱが茂りすぎたら、福寿草に陽が当たらないじゃ無いですか。
ここに植えたの…まずかったんじゃ無いかなぁ。心配です。



2/17の写真はたくさんあるので、しばらくこの続きです。良かったら、おつきあい
くださいませ。

posted by はもよう at 21:59| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: