2019年03月10日

クロッカスと水辺の木

昨日、土曜日は絶好の行楽日和となりましたが、私はまた、都内の実家へ両親の
手伝いに出かけていました。庭の木々にも芽が吹いて、ますます春めいていました。
明けて、今日は午前中を中心によく晴れて暖かくなりました。公園にもおさんぽに
行きましたよ。早起きのすみれとツクシを見つけました。でも午後からは雲が
広がり夜には雨も降りました。
今日は東京生まれにとっては忘れがたい日、そして明日も。色々考えて過ごしたいと
思います。

記事の方は2/17のおさんぽ写真の続き。毎年この頃、いつもおさんぽしている公園で
クロッカスが咲くんです。今年はどうかな?って見に行って来ました。

190310_crocus1.jpg

普段は何も無いように見える地面から、可愛いお花が顔を出していました。




ハナミズキが十数本植えられて居る場所で、いつの頃だったかなぁ、クロッカスが植え
られたのは。この時期だけ顔出して、後はどこだか解らなくなっちゃうんです。

190310_crocus2.jpg

地面に這いつくばって写真を撮っていたら、ちょうど狙ったお花にハナアブちゃんが
飛んできました。

運良く姿をとらえたので、なんていう名前なのか検索してみました。

190310_crocus3.jpg

たぶん、フタホシヒラタアブです。背中の模様がそっくりでした。

暖かい居場所を提供するんじゃ無くて、ちゃんと蜜が出て居ますね。

190310_crocus4.jpg

可愛いでしょう。小さくて春に咲くのがクロッカス。観賞用専門です。
秋に咲くちょっと大きめなのはサフラン。高級なスパイスにも使われるので、観賞用のみ
ならず、農作物でもあります。



ハナミズキの向こう側の地面で、えさ探しをしていたツグミちゃん発見!

190310_tugumi.jpg

うーん、残念、逆光でした。さりげなくあっち向いちゃいます。つれないなぁ。



途中の花だん、たくさん植えられたチューリップが芽を出し始めています。

190310_tulip.jpg

何色のお花が咲くのかな?



次に行った場所には、ミズキと桜が並んで立っています。

190310_mizu_saku1.jpg

左の枝の間隔が粗いのがミズキで、右の方が桜。

190310_mizu_saku2.jpg

桜は、樹皮を見た方がわかりやすいですね。手前が桜で、奥がミズキです。



そして、その下にムラサキハシドイこと、ライラックが植えられて居ます。

190310_lilac1.jpg

黄緑色の冬芽は白い花が咲く株のもの。

紫色の花が咲く株には、紫色の冬芽が付きます。

190310_lilac2.jpg

お花は4月から5月にかけて、香りの良い小花を房状に咲かせます。


小径を挟んで、お隣はカツラの木。

190310_katura1.jpg

すんなりした枝はオスの株で…

190310_katura2.jpg

実の殻が付いているのはメスの株。

冬芽は2つずつ並んだ赤い芽。

190310_katura3.jpg

枝の先でも…

190310_katura4.jpg

枝の途中でも。この赤い芽から吹くのも赤い新芽。赤い花。
早春のカツラの木は、真っ赤にお化粧するんです。



人工の流れの畔に植えられたトサミズキの植え込みで、こんなものを見つけました。

190310_tosa_m1.jpg

虫こぶとかじゃ有りません。実の殻です。

早春に咲いた柔らかい黄色のお花が実になって、タネをこぼすために2つに割れた
あとです。

190310_tosa_m2.jpg

房状に咲いたから、実も房状に残っています。花からは想像しがたいごつい感じですね。

この公園では、実を結ぶ確率はあまり高くなく、実を見つけることはまれです。

190310_tosa_m3.jpg

その他の植え込みでは、花芽が日々、大きくなっていました。



人工の小川を上の池目指して上っていきますと、水辺に並んだ木の中に、いねむりして
いるような顔の並ぶ枝があります。

190310_o_gurumi.jpg

オニグルミの枝に残った葉痕と冬芽です。
水が通った維管束のあとが目と口のようです。眠っているのはお猿さんにも、ヒツジさん
にも見えますが、いずれにしても穏やかで安らかな寝顔ですね。



水辺には他にも、極小のネコヤナギみたいなイヌコリヤナギも植えられて居ます。
ネコヤナギみたいですけどね、違うんですよ。

190310_inukoro_y.jpg

書生さんのトランク代わり、昔の衣装ケース。行李(こうり)を作るのに使ったコウリ
ヤナギに似ているけど、ちょっと質が悪いのでイヌ-コウリヤナギ…がなまって
イヌコリヤナギです。



その先にはトネリコがまとまって植えられて居るエリアです。トネリコは、有名では
ありませんが、粘りの強い材をバットやラケットに利用する、人の暮らしと関わりの
深い木です。

190310_tineriko1.jpg

ぺたんこの実の殻が下がっているのがメスの株です。

冬芽と葉痕の表情が面白いので、毎年チェックに行きますが、最近はこれって言うのに
出会えないでいます。

190310_tineriko2.jpg

それでもこれなんかトーテムポールのようだし…

こちらの枝にも…何かが見えそうな…。

190310_tineriko3.jpg

いつかまた、面白い冬芽に出会いたいものです。



上の池、反対側の畔に立っているのは、果物屋さんで売られて居るような実がなる
桃の木。

190310_momo.jpg

咲き誇る桃の花と新芽の柳を一緒に見られて桃源郷もかくや…な景色なんて言って
きた場所ですが、去年の台風で後ろのシダレヤナギがみんな倒れてしまいました。
これからは桃だけかぁ。寂しいなぁ。でも咲いたらちゃんと見に来ますからね。


さて、公園を後にして、次は何の花を撮ろうかな。

190310_r_karakusa.jpg

なんて思ったところで今年初めて見つけた瑠璃唐草。
おお、おお、なんて綺麗な青い色。寒い中でも頑張って来た甲斐が有ったね。
春の草の花、一番乗りだね。


この日はこのあと、近所の花木も一回りしています。何が咲いて居たんだっけな。
2/17のおさんぽ、次回が最終回です。

posted by はもよう at 22:18| Comment(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: