2019年03月14日

河津桜と菫の芽

今日もよく晴れましたが、今朝はとても冷え込みました。気温は平年並みという
事ですが、それまでが暖かかったので、とても寒く感じました。昨日の遠征で
ヒロハアマナの花を見たので、土手のアマナは、今年咲くのかな?と思って見に
行きました。そうしたら、それらしい葉っぱが出ていて、わくわくして来ました。
いずれ撮ったらご紹介します。

記事の方は2/24に近所の河津桜を眺めて、公園を一周してきた時の写真から。

190314_kawadu_z1.jpg

まずは2/22に開花を確認した河津桜。その時は光線の具合が良くなかったので、
ちゃんとしたところを撮ってから、公園へおさんぽに行こうと立ち寄りました。





お花の数はまた増えて、陽が当たり、青空に映えて、

190314_kawadu_z2.jpg

美しさ数倍増しの河津桜です。ああ、春だわぁ。

ソメイヨシノより丸みがあって、一回り大きな花びら。濃い花色。

190314_kawadu_z3.jpg

見応え十分です。しかも、花期が長くてひと月ほど咲いているって言うんだから
ありがたいじゃ無いですか。最近ではお庭に植えられる方、増えているみたいですよ。



ついでに、途中の花だんで、前回撮った福寿草も確認。

190314_fukujuso1.jpg

たぶん、この前よりたくさん咲いてる。

お日様が当たるとピカピカ光る花びら。ここにお日様の暖かさを集めて虫を呼ぶん
ですよ。

190314_fukujuso2.jpg

ふさふさしている葉っぱも良いなぁ。ここのは陽がよく当たって、お花も大きめです。


すぐそばで芽を出し始めたのは、牡丹です。

190314_botan.jpg

芽吹きの頃は、お花なんてまだまだ先って思うんだけれど、あっという間にその日が
来ちゃうのよね。


それから、こちらはお花が大きいから三色スミレ、いや今はパンジーかな?

190314_pansy1.jpg

カラフル。でもって、なんとなくなじみ深くて、ほっとする見た目。

小振りなビオラと並んで、真冬でも咲く品種が多数出て、花だんが一年中華やかに
なりましたよね。

190314_pansy2.jpg

昔は無かった色物お花も増えてるし、やっぱり三色スミレよりはパンジー呼びが
似合うかな。
色とりどりの花だんをあとにして、せっせと歩いて近所の公園に着きました。



まぁ、いつものところはいつもの通りで特に撮るものも無し。
これは公園の横に道沿いにあるコノテガシワです。

190314_konote_g1.jpg

スギやヒノキは撮ったけれど、コノテガシワはまだだったなって。おばなも全開で
花粉飛ばしているし…

190314_konote_g2.jpg

コノテは「児の手」垂直方向につく葉っぱを子どもが合掌している手になぞらえて
のお名前。カシワは「炊ぐ葉」の意味で、食器代わりに利用した葉っぱのこと。
園芸品種も多数有って、コニファーという名前で鉢植えになっているものにお仲間が
多く含まれています。



公園の雑木林ゾーン、木々の間を縫う小径の脇には菫の芽吹き。

190314_tatitubo_s1.jpg

降り積もっていた落ち葉が風に飛ばされて、地面が露出したら、落ち葉の下で越冬
していた菫の葉っぱが顔出しました。

190314_tatitubo_s2.jpg

均整の取れた綺麗なハート型の葉っぱ。このあたりで一番ありふれたタチツボスミレ
の葉っぱです。2月ももう終わり、お花に会えるのももう少しです。



雑木林の上の方に目を向けると、ひときわピカピカ光っている木の芽があります。

190314_kumaside1.jpg

この辺でこの様子は…クマシデだね。

190314_kumaside2.jpg

細い枝先にとがった芽。シデ三兄弟の長兄、律儀そうな見た目の綺麗な気です。



こちらの枝先には長い芽が垂れ下がっています。

190314_kibusi.jpg

早春の雑木林で、柔らかい黄色の花の穂を長く垂らす…キブシです。しかもこれは
たぶんメスの株。めばなが咲くはずです。



雑木林ゾーンから、メタセコイアの並木へ。

190314_metasequoia1.jpg

ちょっと見上げてみました。後ろの常緑樹はヒマラヤスギ。

2〜3月のメタセコイアも、お花の季節。

190314_metasequoia2.jpg

枝先の茶色いものは枯れ葉じゃ無くって

おばなの花の穂。

190314_metasequoia3.jpg

この粒々からおしべを出して、花粉を大量に風に乗せるんですよ。

190314_metasequoia4.jpg

この時期、メタセコイアの並木の上の方では人知れず、お花の盛りを迎えているかも
しれません。



なんて、とっても背の高い木を見上げたあとは、足下の小さな草の花も愛でてみます。

190314_rurikarakusa1.jpg

何度見ても、春が来たうれしさを感じちゃう、瑠璃唐草の青い色。

ちょっと、まだ咲いて居なかったホトケノザの葉っぱとご一緒に。

190314_rurikarakusa2.jpg

これから草の花が次々咲きますね。楽しみだけれど、草むしりも大変になるなぁなんて。



2/24の写真、まだ続きます。良かったらまたおつきあいくださいませ。





posted by はもよう at 23:48| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: