2019年03月18日

つぼみのその後

今日はよく晴れました。でも、週明けに気温が上がるという予想に反して、結構、
肌寒かったです。明日こそは、3月とは思えない暖かさになる…はず。期待したい
です。それでも、咲いたハクモクレン、豊後梅が早くも散り始め、牡丹の芽がぐん
ぐん大きくなっています。春は次第に加速して、どんどん進んでいきそうです。
ベランダの鉢にも野草の双葉、本葉が出そろいました。大きくなってくれるかな?

記事の方は2/24のおさんぽの最終回。3/3付の記事に載せたつぼみのその後を見に
行って来ました。

190318_fukuju_s1.jpg

まずは福寿草から。







3/3の記事は2/17の撮影でした。それから一週間。

190318_fukuju_s2.jpg

福寿草はすっかり開いて、虫さんにアピール中。

ただやっぱり、上に広がる南天の枝が邪魔して日光が十分に当たりません。
虫さん来てくれるかな?

190318_fukuju_s3.jpg

ふさふさして見える葉っぱも、魅力的ですよねぇ。←また言ってる。



福寿草のそばにはヘレボルスの花だん。

190318_helleborus1.jpg

一週間前、芽吹きかつぼみか解らなかった部分は…

ちょっと育って、つぼみらしくなりました。

190318_helleborus2.jpg

ここには白い花が咲く予定です。

一週間前にすでにつぼみが立ち上がっていたところでは…

190318_helleborus3.jpg

お花が咲いて居ました。

190318_helleborus4.jpg

地面すれすれに、しかも下を向いて咲くお花のお顔を見せてもらうのはかなり
大変です。

190318_helleborus5.jpg

なんとか頑張りました。

キンボウゲ科ヘレボラス属の多年草。別名は、レンテン・ローズ。

お仲間のクリスマス・ローズがあまりに有名で、同じ名前で呼んだ方が日本では
通りが良いかもしれませんが、十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストの
ことを思い、謹んで過ごす40日を表すレントの期間に咲く花という意味なので、
やっぱり、どれもこれもクリスマス・ローズじゃあ、呼び名としてどうかなと
言うことになりますよね。

レントの期間が終わるのが、イースター(復活祭)です。ちなみに今年は4/21か、
4/28らしいですよ。教会によって違うんですって。
いずれにしても、2/24じゃ、レントの期間にも、ちょっと早かったかもしれません
けどね。



これはそのまた先の山野草の花だんに植えられた小さな株の椿の花です。

190318_tubaki1.jpg

濃い花色の侘び助だったかもしれません。
公園の管理のお仕事をしていたおじさまが、植えたんだ♪っておっしゃっていたのを
思い出します。あのおじさま、数年でお見かけしなくなったけれど、今どうされて
いらっしゃるやら。

山野草の花だんもすっかり荒れてしまい山野草っぽいものが無くなっちゃいましたが、

190318_inode1.jpg

これは大型のシダの仲間、たぶんイノデだと思います。

特徴的なのはこのイノシシを連想させるほど毛深い新芽。本来は、去年の葉っぱは
枯れ落ちて、この芽だけになって居るはずなのですが、今年は葉っぱを落とさない
うちに、冬が終わっちゃいました。

190318_inode2.jpg

春の訪れを感じたら、ダイナミックな芽吹きが見られます。



また別の場所へ歩いて行って、綺麗な椿を見つけて立ち止まりました。

190318_tubaki2.jpg

花数が増えると、綺麗な花に出会えるチャンスが格段に増えますね。嬉しい限り。

椿の木を見上げるとこんな風に、花がどっさり咲いて居ます。

190318_tubaki3.jpg

サクラ、モモに主役を奪われる前に、せっせと咲いておかねば。



一週間前に見たクロッカスの植えられた一角、この日も咲いて居ましたが、こんどは
白い花でした。

190318_crocus1.jpg

今年はロープも張っていないから、うっかり踏んづけられちゃうんですよね。

190318_crocus2.jpg

ちょっと乱れた花びら。踏まれたかな?

この場所、黄色と白に、あと紫が咲くはずなんだけれど、見当たらないなぁ。

190318_crocus3.jpg

小さい花なんで、どちら様も、お足元にご注意ください。

190318_crocus4.jpg

上から見るとよくわかるけれど、クロッカスの葉っぱって、松の葉みたいに光沢が
あるのね。それから、彼岸花の葉っぱみたいにまん中にストライプが入って居るのね。



さらに歩いて、こんどはまた別の雑木林ゾーン。
ここには、私がジェントルマンなイチョウと呼んでいる木があります。

190318_ityo1.jpg

込み入って立つ雑木林の木々の中程に有りながら、お互い様、譲り合いましょうと
言ってでもいるかのように湾曲する枝を見て、あだ名をつけました。

190318_ityo2.jpg

以来、時々見に来ています。
ねぇ、すごく曲がっていますでしょ。あ、但し、これはイチョウの生態としては
珍しいことではないそうです。



この秋、やけにたくさん咲いたノコンギクのあたり、新しい芽が吹き出していました。

190318_nokon_g.jpg

…というコトは、これはノコンギクの芽生えなんですね。今年もまた、たくさん咲いて
下さい。



そばではタチツボスミレの冬越しの葉っぱも、見つけました。

190318_tatitubo_s1.jpg

葉の付け根にクシ状の托葉があるのがタチツボスミレの特徴なんですよ。

190318_tatitubo_s2.jpg

大きな樹の根元にあるのも、タチツボスミレかな?
コスミレって言う可能性も無いじゃ無い。いずれにしても可憐な菫のお花も準備中。



これは公園のフェンス沿いに咲くピンクの椿。

190318_tubaki4.jpg

ちょっと、可愛く撮れたので、お気に入りです。この花、鳥さんや虫さんが、花びら
を、ついばみに来るので、こんなに綺麗なのに会えてほんと、嬉しいです。


フェンス際にはクワの若い木。

190318_kuwa.jpg

冬芽と葉痕もどことなく若いでしょ。←解らんわ。



この記事ラストはイヌシデです。

190318_inuside1.jpg

枝先に茶色っぽいのが見えたとしても、枯れ葉ではありません。

近づいて良く見ると…

190318_inuside2.jpg

あとで黄色い花の穂になる雄花の芽、葉っぱになる小さい芽。
色んな芽が有って、さらに動き出したりもして、賑やかさをますイヌシデの枝先。
お花、もう咲いたかな?


次の記事はこの日の帰りに撮った河津桜追加と、仕事場のそばで撮った花木の写真。
それから、ちょいと忙しい日が続いて、更新はお休みの予定です。お彼岸ですから、
皆様もお忙しいですよね。(^人^)



posted by はもよう at 23:08| Comment(2) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
お彼岸はお忙しいのですね。
期末ですし、どこもバタバタいたしますね。

今回もどっさりいろんなお花を見せていただけて感謝です。
うちのレンテン・ローズも
今までにないぐらい咲いています。
今年は当たり年なのでしょうか。
村のほうを散歩していましたら、
レンテン・ローズを花束にして持っておられる方がいて、
観音堂にお花を活けにいかれるとおっしゃってました。
洋物のお花なので考えもしなかったのですが、
飾ってもいいんだぁと気が付いて、
うちも仏壇の横の花瓶に飾りました。
何気に溶け込んでいましたよ^^

ピンクの椿、かわいいです。
椿、大好きなので他にもいろいろと
見せていただけるのを楽しみにしています^^
Posted by ブリ at 2019年03月23日 12:51
ブリさん、こんばんは。

ブリさんもお忙しいですか?
そうそう、お彼岸の上に、仕事の方は期末で、何やかやと重なって
バタバタしています。
お天気も晴れたり降ったり、暖かかったり寒かったりで
目まぐるしいですね。あとちょっと、頑張りたいです。

おお、レンテン・ローズ、今年は当たり年ですか?
写真の花だんは若干、縮小気味でしたが…(^^;)
そういえば他の花だんでは盛んだったかも。

観音堂のお供えにレンテン・ローズですか。
色も渋めで、お仏壇には似合いそうですね。
ちょうど、イエス・キリストのお悔やみ期間に咲く花ですし。
でもって復活祭になったら ぱあーっと?←違います。

椿は、これからがシーズンで、実家の椿も繰り返し出てきちゃいそうだし、
行った先、行った先で、新しいのを撮っちゃいそうです。
良かったら見てやってください。


Posted by はもよう at 2019年03月24日 23:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: