2019年03月28日

豊後梅の花


いやいや、何だか毎日色々あるし、眠気には勝てないし、お休みが続いてしまいました。
やめちゃったわけじゃないんですよ。写真もたくさんあるんだから、ぼちぼち更新して
行きますね。ここのところ毎日、朝は冷え込んで、昼間は晴れれば暖かく、風が吹けば
寒いという感じです。もう、3月も残りわずか、都内では満開というソメイヨシノも
郊外の我が家周辺では3分咲きくらいです。

記事の方は3/8、仕事に行った日に撮ってきた写真から。

190328_fukinoto1.jpg

まずは家の近所のフキノトウ。今、隣町までは見に行かれないから、これでがまん。







食べ頃の姿から、ちょっと進んで、お花の準備に入ったあたり。

190328_fukinoto2.jpg

このお花が、接写で撮るととっても綺麗なんですよ。見られるかな?



ついでに、そばで咲いてた乙女椿をパチリ。

190328_otome_t1.jpg

これも、毎年思うけれど、綺麗な椿ですよね。色と言い、形と言い、完璧です。

門外不出、お屋敷のお庭から外へ出すのを止められたから’お留め椿’が名の由来
という説もあるそうです。

190328_otome_t2.jpg

いや、確かに、独り占めしたいくらいの綺麗な椿ですよ。ただ、現在では一二を
争うほど、どこにでもある、みんなに愛されるお花になりましたけどね。



さてさて、仕事に行かねばなりません。急ぎ足で仕事場目指して進みます。
職場の近くについて、あらっと思ったのはコブシの前。

190328_kobusi1.jpg

つぼみがほころんでいます。

190328_kobusi2.jpg

毛深くて暖かそうなコートを脱いで、真っ白いお花が現れました。3月になった
ばかりの頃のこと。



それから、仕事場のそばでつぼみを眺めた豊後梅ですが、この日あたりから
本格的に開花し始めました。

190328_bungo_u1.jpg

前回ご紹介したのは今にも咲きそうなつぼみでしたが、今回のはすっかり開いたお花の
かずかず。

190328_bungo_u2.jpg

豊後梅も、上品なピンク色が魅力的ですよね。

赤い萼にピンクの花びら。ふんわり八重咲きも魅力的。

190328_bungo_u3.jpg

ウメとアンズの中間種。

2月咲きの梅と4月咲きのアンズの、中をとって3月に花を咲かせます。

190328_bungo_u4.jpg

花びらが開いたら、たくさんのおしべを開いて虫さんを呼びます。

190328_bungo_u5.jpg

綺麗なお花は、つぼみがほどける様もまた綺麗なんですよ。

190328_bungo_u6.jpg

ごつごつの枝に可憐なお花。ふんわり咲く姿からは早春とは思えないほど
春爛漫な感じが伝わります。ちなみに、お花のあとは見事なウメの実が実ります。
アンズじゃないので、実はオレンジ色には熟しません。



豊後梅やケヤキの根元には、すみれのお花が準備中。

190328_tatitubo_s1.jpg

マンネングサの間から葉っぱを伸ばして居るのはタチツボスミレです。

均整の取れた綺麗なハート型の葉っぱに、クシ型に細かく裂ける托葉が目印。

190328_tatitubo_s2.jpg

この辺では一番ありふれたすみれです。



ほんのちょっと歩いてこんどはハクモクレンの下。

190328_h_mokuren1.jpg

背の高い木の上の方でつぼみが目立ってきました。いったん開いて、天を目指して
垂直にまっすぐ伸びる枝と、その先のやっぱり垂直に付いたつぼみが特徴的。

白い花びらは、毛深いコートに包まれ、大切にされて冬を越しました。

190328_h_mokuren2.jpg

これから威風堂々、大きな白い花を咲かせます。



ハクモクレンの根元には、牡丹が植えられて居ます。

190328_botan1.jpg

他のお花は、咲くのを今か今かと待ってつぼみを何日も眺めて過ごすけれど、
牡丹が咲く頃はお花の開花ラッシュで、咲いてから、もう?!って驚くのが恒例
になりました。

190328_botan2.jpg

冬芽が動き出したら、見る間に大きく展開して、あっという間に大きな葉っぱを
茂らせて、大きなお花を咲かせるはずです。仕事も忙しい時期だけれど、お花の
変化にも目を配って、今年も素敵な写真を取り代です。頑張るぞ。



のんびりしてたら、3月が終わっちゃいますね。次も同じ頃の写真です。
フキのお花のその後とか、早起きすみれとか。とかとか。



posted by はもよう at 23:06| Comment(2) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、おはようございます。
乙女椿は‘お留め椿’という説もあるのですか。
でもわかります。
家の者に「心狭いなぁ」とよくいわれますが、
誰にも見せたくないと思うほど
ほんとにかわいい椿です。
作り物のような完璧な美しさがありますよね。
いつもしばらく目を止めて見入ってしまいます。

八重の梅も綺麗ですよね。
しっかり見たことがなくて、
最近まで梅って一重だとばかり思っていました。
豊後梅は実がたくさんなるんですね。
また見せてくださいね。
Posted by ブリ at 2019年03月31日 10:53
ブリさん、こんばんは。

いえいえ、心狭くなんかないですよ。
愛するものを粗末に扱う人になんか任せられないって思うの当然です。

乙女椿のお花は実に可愛いですよ。色も良いし。
伝統工芸品のような洗練された形ですよね。

八重の梅、あんまりご自宅のそばには有りませんか?
記事の中でも触れたとおり、近所の公園では
紅梅は八重、白梅は一重…ってなぜだか決まっているらしく、
他のはあまり見られません。この緑萼も公園外のお花だし。

仕事場のそばの豊後梅には実がなるんですよ。
美味しそうに色付いたらまた撮って来ます。
あ、実じゃなく写真の方。



Posted by はもよう at 2019年04月01日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: