2019年04月30日

ソメイヨシノ開花

ああ、もう、調子出てくると12時越えしちゃうクセなんとかならないかなぁ。
すみません、4/29の日記のつもりです。とほほ。

いや、連休が始まっちゃったらもう、力が抜けてブログの更新まで手が回りま
せんでした。土曜日はちょっとはおさんぽにでましたが、ほとんどぼうっと
して過ごしました。日曜日はまた実家へ行き、今日は久しぶりに家族で買い物と
外食に出かけました。結局たいしたものは買わないんですけどね(^^;)。あ、
気になっていたところの掃除もしましたよ。明日は雨だって言うしもうちょっと
家事もしようと思います。

記事の方は、ようやくソメイヨシノが開花するところまで進みました。

190429_sakura1.jpg

両親の手伝いに行った都内で、桜の花が咲いて居るのに気づいたのは3/20。
たぶん気象庁の発表の1日前だと思います。






気象庁の標準木よりもほんのちょっとだけ早く咲いちゃった 下町のとあるお庭の
ソメイヨシノです。

190429_sakura2.jpg

咲き始めるのは早かったんですよね。ただ、今年はここからが長かった。
20日前後は最高気温が20℃越えの日とか有ったのに、急に強い寒気が南下してきて
気温が10℃も下がったり、最低気温が氷点下を記録したり、都心で雪が舞ったり
とか、とにかくへんてこなお天気でした。



翌々日、通勤途中で、毎年楽しませて頂いているおよそのお庭のユスラウメが
咲き出しました。

190429_yusura_u.jpg

枝いっぱいにびっしり咲いて、夏を待たずに柄のないサクランボのような実をつけ
ます。ユスラウメとサクランボ。変換するとどっちも「桜桃」ってでるんです。
何故なのかとっても気になっているんですが、まだ、理由にたどりついていません。
何故なんでしょうね。


この日は、このお庭でもアンズが満開でした。

190429_anzu1.jpg

お花に誘われて、鳥さんが来てます。メジロより大きいの。

190429_anzu2.jpg

暖かい日差しと満開のお花にうっとりしているようなヒヨドリちゃん。
甘い蜜、たくさん食べられたかな?


もうちょっと歩いて植え込みの下、可愛いタチツボスミレ発見です。

190429_tatitubo_s.jpg

花と言い、葉っぱと言い、イイ感じにまとまってました。可愛いね。


都内では咲いても、郊外にある我が家周辺ではまだ、一輪も咲いていません。

190429_sakura3.jpg

ほら、土手のソメイヨシノはつぼみだけ。やっぱり、都内の方が季節の進みは
早いんですよ。


ついでに土手の方に注目してみると、前回確認したアマナの葉っぱは健在。
まだお花の気配は無し。

190429_o_y_jirami.jpg

そして、土手の土に上には色とりどり、姿も様々な葉っぱが生えそろってきま
した。この細かい葉っぱはオヤブジラミのものだと思うけど、どうかな。

元気良く伸び始めたヤブカンゾウノ葉っぱとは裏腹に、くたっと倒れ始めた
のは、冬中働いて、

190429_higan_b.jpg

そろそろ、地上から姿を消す準備に入った彼岸花の葉っぱです。回りが
草で覆われる頃、いつの間にか居なくなり、次に現れる時にはお花だけを
咲かせます。

同じ日、ついでに、仕事場近所の花木もぐるっと回ってごあいさつ。

190429_hanamomo1.jpg

こちらはハナモモ。何色も植えられて居ますが、ほとんどがまだつぼみ。

190429_hanamomo2.jpg

たった一輪だけ咲いていました。お楽しみはこれからですね。


桜が咲きそうとなれば、レンギョウも咲かないわけには行きませんね。

190429_rengyo.jpg

だいぶ開いてきましたよ。

それから、ヒュウガミズキも順調です。

190429_hyuga_m.jpg

この柔らかな黄色が良いですよね。



翌日はまた、実家へ行きました。例の桜、さらに咲き進んでいましたが、この日の
お天気は曇り空。

190429_sakura4.jpg

青空の下で撮りたかったなぁ。

190429_sakura5.jpg

それでも、随分咲きましたよね。



この日、まずチェックしに行ったのは実家の庭のカイドウの咲き具合。

190429_kaido1.jpg

上の方にしかつぼみがつかないから、庭から見上げてもよく見えないので、
2階の窓を開けたら、枝が飛び込んできそうなほど伸びていました。
今度、剪定せねば(-"-;)。

190429_kaido2.jpg

まだ、咲いて居る方が少数でした。

それでも、つぼみの濃いピンクじゃなくて、

190429_kaido3.jpg

すっかり開いて白っぽくなったのもあるから、数日前から咲き始めていたのが
解ります。

190429_kaido4.jpg

今年は去年の実が落ちきらないまま春になっちゃったから、ちょっと見苦しい
ところもあるし、花数も去年ほどじゃないけど、それでも我が家の庭が1年で
一番華やかになる季節が始まったなと思って、ちょっと嬉しかったです。



ただ、この日、一番のニュースは、数年お休みしちゃっていた椿が、久しぶりに
咲いてくれたこと。

190429_tubaki1.jpg

つぼみに赤い色が見えてきた前の週のうちから、楽しみにしていました。
私が世話するようになってから、咲いて居なかった花。たぶん両脇の株が育ち
過ぎて、日当たりが悪くなっていたんだと思います。

190429_tubaki2.jpg

数年世話して、両脇の株を大胆に剪定できるようになって、ようやく勢いを取り
戻し、久しぶりにつぼみをつけてくれたんですよ。

私の記憶が正しければ、赤い花びらに白い覆輪のある、とっても可愛い花だった
はず。

で、久しぶりに咲いたのがこれです。

190429_tubaki3.jpg

ねぇ、可愛いでしょ。他のより小振りなんです。たぶん、たくさん咲くと縁の
白い色がもっとくっきりしてくると思うんですよ。楽しみだなぁ。



椿の下では、長い葉っぱのスノーフレークも咲き始めました。

190429_snowflake1.jpg

別名はオオマツユキソウ(大待雪草)、スズランスイセン(鈴蘭水仙)など。

いつもスノードロップと間違えちゃうんだけれど、それは別のお花。

190429_snowflake2.jpg

ヨーロッパ原産の秋植えの球根ですね。



おまけ画像は、何度も取り上げすぎて食傷気味かもと思いつつも、また、綺麗に
撮れたので載せておきたい実家の椿です。

190429_tubaki4.jpg

白いのって言うか、本当は白く見えるほど薄いピンクのと…

190429_tubaki5.jpg

いっつも影で咲いて居てなかなか撮りづらいピンクのとか…

190429_tubaki6.jpg

ぽってりとしてたくさん咲く、金魚葉の花とか…
変わり映えしなくてごめんなさい。でも、実家に行くたびたくさん咲いてて
目についちゃうんですよ(^m^)。



次回からは、いよいよ咲き始めたカタクリの花を、いつもとは反対側の隣町まで
見に行って来た時の写真をご紹介します。



posted by はもよう at 00:39| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: