2019年05月16日

ヤシャブシからタムシバ

今日も良く晴れてまた暑くなりました。一日中窓を開けていて心地よいくらい。
ちょっと雲が出た時には一雨降るかな?って思うくらいには湿気も感じられた
けれど、結局いつの間にか晴れているって感じの1日でした。アジサイの葉っぱ
の間に花芽が見えてきて、お花屋さんの店先では一足早く咲いちゃっていたり
して、あっという間に梅雨がやってくるんだって思います。早いなぁ。

記事の方は3/31のおさんぽの続き。池のほとりからまだ名前の解らないヤナギの
仲間、やっと咲いたオオバヤシャブシ、今回の記事はちょっと地味になりそうです。

190516_y_yanagi.jpg

こちらはヤナギ科じゃないけれどヤナギと名がついたユキヤナギ。バラ科です。
レンギョウと並んで、桜咲く頃に咲く低木です。






池に近いエリアにも名前の解らないヤナギ科の仲間が植えられて居ます。

190516_yanagi_ka1.jpg

これ、この間、河原で見たのにそっくり。

これは低木なんですよね。

190516_yanagi_ka2.jpg

枝もか細くて、株立ちしていて人の背丈をちょいと超える程度の樹高。
なんて言うのかなぁ。

そして、こちらが、毎年綿毛を飛ばす大きなヤナギ科の木。

190516_yanagi_ka3.jpg

こっちの方は高さ6〜7mは有って、見上げるような大きな樹です。
大きな樹の方はお目覚め遅くて、枯れ木のようですけれど眠っているだけです。
昨日見てきたけれど、綿毛を飛ばす準備をしていました。今週はポプラだったから
来週あたりこの木の綿毛が飛ぶのかも。引き続き、名前の手がかりを探します。



それから、大きな冬芽を見上げたオオバヤシャブシ。

190516_o_yashabusi1.jpg

ハンノキに遅れること、ふた月?

極太のおばなの穂がお目見えです。

190516_o_yashabusi2.jpg

めばなもたぶんどこかにあるはず。有るはずだけれど見当たらず。
でも、毎年ハンノキの実とそっくりな球果が実ります。松ぼっくりならぬ、
ハンノキぼっくりがね。


ちなみに、色んな木の花に先駆けて地味な花を咲かせていたハンノキには、

190516_han_noki.jpg

みずみずしい若葉がどっさりつきました。綺麗です。


そうそう、池のほとりと言えば、シダレヤナギの手前にカツラの木。

190516_yana_katu.jpg

逆光でぜんぜん解らないけれど、真っ赤な新芽がついています。
お花も、お花に見えないけれど色だけは真っ赤だったはず。今年は見てないけど。



さらに進んでいって、なめらかな樹皮のこの木。

190516_egonoki1.jpg

一足早く若葉が芽吹いているけれど…

190516_egonoki2.jpg

葉っぱに特徴は少なくて、それよりは

枝に並ぶ、新芽もしくは冬芽が特徴的。

190516_egonoki3.jpg

星状毛に覆われたこの可愛い芽はエゴノキのもの。若葉よりは見分けが楽だと
思います。目印にいかがでしょうか。5月になると香りの良い清楚な白い花を
咲かせます。



雑木林の中で、優しい黄色の花で目立って居たキブシ。

190516_kibusi1.jpg

たくさん咲いたおばなは、まだ枝先に残っているけれど、

190516_kibusi2.jpg

盛りを過ぎてちょっと色が抜けて、若葉なんかと一緒にゆるい感じで風に揺れて
いるのも良い表情。



こちらの鮮やかな新芽は…いつもアジサイに似ていると思うんだけど…

190516_hakone_u.jpg

ハコネウツギの芽吹きです。これも本格的な梅雨を迎える前に色変わりする
お花を咲かせます。



さらにおさんぽは続きます。ああ、これはハクモクレン。結構、大きな木なん
です。

190516_h_mokuren1.jpg

威風堂々の白い花を咲かせて…

190516_h_mokuren2.jpg

やっぱり綺麗ですよね。コブシ、タムシバは日本に自生しますが、ハクモクレンは
中国原産。新宿御苑に特別に大きな樹がありますよね。



次に見つけたのは赤くて目立つ木じゃなくて、黄色く目立つ木。

190516_inuside1.jpg

イヌシデです。

黄色く目立つのはおばなの穂。

190516_inuside2.jpg

アップにするとこんな感じ。めばなは目立たないけれど、おばなの上の方に
ちょろっとついていたら、それかも。
おばなは花粉を出したら散っちゃうけれどめばなはあとで緑色で、四手に例え
られた果穂になります。



雑木林にも桜は咲いています。

190516_yamazakura1.jpg

株ごとに表情の違うヤマザクラです。

葉より先に花が咲くのはソメイヨシノ。

190516_yamazakura2.jpg

花も葉っぱも一緒なのがヤマザクラ。

ちょこっと混じる葉っぱの緑も良い感じ。

190516_yamazakura3.jpg

花の中心が黄色から赤に変化する ちょっと大きめの白っぽいお花。
たぶんオオシマザクラです、これも。


公園をいつもとは逆回りで歩いてきて、最後に花木の並ぶエリアにさしかかり
ました。

190516_tamusiba1.jpg

こっちの入り口で、出迎えてくれるのはヒマラヤゴヨウの松とタムシバ。

長細いつぼみを何度も見上げて、ようやく咲いたっていうのに、この日は雨上がり。

190516_tamusiba2.jpg

コブシよりだいぶ長い花びらが風でよれて、しずくで垂れ下がってくしゃくしゃ。

もっと良い時に撮りに来なさいよって怒られそう。ごめんなさい。

190516_tamusiba3.jpg

それでも、リボンのように細長い萼もちら見えしてますもの。そんなに悪い写真
じゃないと思うけど。



次回はさらに花木のコーナーに居並ぶ華やかなお花をご紹介します。



posted by はもよう at 23:46| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: