2019年06月04日

ユリノキの芽吹き

今日は良く晴れて気温が上がりました。でもまだ仕事が忙しくて、昼休みの
おさんぽは無し。あれもこれも咲いたのになぁなんて思いますが、明日は
両親の手伝いで都内に行って来ます。まぁ、重なる時には重なるもんだよ。
今日も明日も、頑張ろうp(^v^)。

記事の方は4/7のおさんぽの続き。近所を回った後、いつもおさんぽしている
公園へ向かいます。道ばたの草地を彩るのは、

190604_s_tanpopo1.jpg

この辺じゃ少数派のシロバナタンポポ。






以前は九州の限られた地域にしか自生していなかったはず。人や物の流通が
激しくなった証拠でしょうか。

190604_s_tanpopo2.jpg

以前は、公園の中に咲いて居ましたが、ここ数年は途中の道ばたで見かける
ようになりました。車にくっついてきたのかな?


うちの方の多数派は、案外、この関東タンポポだったりしますよ。特に、春の
草地ではね。

190604_k_tanpopo1.jpg

関東でも、都会ではほとんどがセイヨウタンポポだって聞きますが、セイヨウ
タンポポは競争力が弱いんですよ。だから、他の草が一緒に生える場所では生存
競争に負けちゃうんです。

確か、タネが、軽くて遠くまで飛べる代わりに、芽吹きたてを支える栄養素が
ほとんどないので、芽吹いたあと、回りの草に負けちゃうんだったかな。
だから、他の草があんまり生えていない道ばたとか、名前に「荒れ地」って
ついている草しか生えないような場所に、よく生えているんです。

郊外に位置する我が家周辺では、特に公園の奥の方とかは関東タンポポ一色です。

190604_k_tanpopo2.jpg

セイヨウタンポポよりも花が乱れぎみで、個体差が大きくて、元気なカントリー
ガールって言う感じ。でもって、春に咲いて、他の季節にはほとんど咲きません。
セイヨウタンポポは、春だけではなく、一年中、スキさえ有れば咲いてます。
そんなところも違うところ。



道ばたにこれも目立ってきました、ヘラオオバコです。

190604_h_oobako.jpg

黒い花の穂の回りに白いおしべが、輪のように出て見える可愛い草です。
冬中ロゼット葉を広げて待って居た甲斐があったね。


あ、道ばただからかな。セイヨウタンポポも咲いていました。

190604_seiyou_t.jpg

萼っぽいところ(総苞片)が反り返っているの、見えますか?



行く手にいつもおさんぽしている公園が見えました。

190604_park.jpg

今年の長持ち桜が咲いてます。


公園の入り口には背の低いチュ-リップが並んで居ます。

□190604_tulip1

鮮やかなオレンジ色。可愛いですね。



入り口のそばに並ぶヨーロッパ産のポプラ。

190604_poplar1.jpg

見上げて、あ、花が咲いて居るかもって思って地面を探したら…

190604_poplar2.jpg

落ちてた落ちてた、ポプラの紫色の花の穂です。



ポプラの隣は枝垂れ桜。

190604_sidare_z1.jpg

3/31の記事に載せた時にはもうちょっと濃いピンクに見えたけれど、ほんの
一週間で白っぽいピンクに変わりました。

190604_sidare_z2.jpg

いつもの一重の枝垂れ桜の、別の表情ですね。



駐車場の方をのぞくと整列しているユリノキ。

190604_yurinoki1.jpg

すうっと背が高くて、三角頭の若木が並んで居ます。

190604_yurinoki2.jpg

てっぺんの枝先には新芽が吹いています。

190604_yurinoki3.jpg

ユリノキの新芽はバンザイしている手の形。

190604_yurinoki4.jpg

去年の実の殻と今年の新芽。
バンザイしている手、いくつ見つけられるかな?



小戻りして、公園の花だん。

190604_tulip2.jpg

たくさんの人が植えたチューリップが今を盛りと咲いていました。

190604_tulip3.jpg

色とりどりだねぇ。背の高いチューリップの根元には背の低いビオラたち。



この公園には色んな桜が植えられて居るんです。ざっとご紹介しましょうね。

190604_sakura1.jpg

雑木林に見えたところもこの季節だけは花園。あの木もこの木も桜だったんだ
ねって思います。

角度を変えると、枝垂れ桜がたくさん並んでいるエリアも見通せます。

190604_sakura2.jpg

こっちの一重の枝垂れは、濃いピンクを保って居るみたい。咲き始めたのが
ちょっと遅かったのかな?

少し進んで雑木林ゾーン。

190604_sakura3.jpg

雑木林の中に咲いて居たのはヤマザクラ。ちらほら見える緑色はたぶん、
エゴノキかミズキの木の新芽です。

こちらは、'ジェントルマンなイチョウ'と呼んでいるイチョウの木。

190604_sakura4.jpg

すくっと立った紳士が、薄紅色のドレスの桜の淑女にごあいさつしているところ
みたいに撮れました(^m^)。

別のエリアには白い花の桜。

190604_sakura5.jpg

また言うけど、たぶんオオシマザクラです。違っていたらごめんなさい(^^A)。


これ、まだ序の口ですからね。公園内じゃないけれど、早咲きの河津桜があって、
公園の中には、ソメイヨシノ、一重と八重の枝垂れ桜、オオシマザクラ、ヤマ
ザクラ、さらにこのあと八重桜も咲くんですから。4月は丸ごと桜の月。
お楽しみはまだまだ続きます。

まぁそうは言っても、次の記事の主役はすみれですけどね。


posted by はもよう at 23:45| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: