2019年06月05日

アカネスミレの花

今日は変わりやすいお天気という予報でしたが、なんとか貼れている時間帯が多め
で、終始しました。気温も湿度も上がって、むしむしと梅雨入り間近を感じさせる
お天気でした。都内にある実家へ手伝いに行った来たのですが、東京は早いですね、
もう、コクチナシが咲き始めていました。アジサイもその存在感をますます高めて
居ますし、梅雨入りはいつになるのかな?

記事の方は4/7のおさんぽの続き。いつもおさんぽしている公園を回り始めて、
雑木林ゾーン。

190605_akane_s1.jpg

可愛いすみれのお花をご紹介します。






雑木林に入っても桜の花は咲いて居るんですが、

190605_zokibayasi.jpg

ちらほら見えていた緑の新芽。

拡大してみると…

190605_egonoki.jpg

これはエゴノキですね。

ちなみに、エゴノキと重なるように枝を伸ばしていて桜は…

190605_sakura1.jpg

やっぱりヤマザクラでした。



林床にはこんなつんつんした葉っぱの草。

190605_h_kansuge1.jpg

あら、もう春だって言うのにカンスゲかな?

190605_h_kansuge2.jpg

穂の途中に赤い部分があるからヒメカンスゲかしら?それにしてもちょっと
のんびりさんかも(^m^)。



公園に行くたびに確かめていますが、この日もフデリンドウはつぼみのまま。

190605_f_rindo.jpg

いえ、良いのよ、咲きたい時に咲いてくれれば。ただ、桜の花が散る頃に
咲いたような気がしたもんだから。



フデリンドウのちょっと先で、冒頭のアカネスミレに会いました。
以前にも何度も見かけた場所です。

190605_akane_s2.jpg

一時は大株もあったのですが、この日は小さい株さえこのくらいの、今にも消え
ちゃいそうなくらい小さいしか見つけられず。会えて嬉しいけれど、ちょっと
心配。



また、別の日に来たら、他の株にも会えるかな?気を取り直して道を進みます。
次に撮ったのは、特徴を見つけにくいこの常緑樹。背は高いです。

190605_motinoki1.jpg

良く良く見ると、お花が咲いて居るんですよ。

こんなお花です。葉の先の方が太い倒卵形で艶のある葉っぱ。花らしい形の花。

190605_motinoki2.jpg

これはモチノキのおばなです。
散って初めて 咲いて居たのに気づくような花ですし、オスの株なので、花が
散ったあとは、名前調べの手がかりになるようなものが無いので名前がわかるまで
に、結構、時間がかかったなぁ…なんて思い出しました。



続いてこちらは、マユミの木。

190605_mayumi.jpg

GWの頃咲く予定の地味な花のつぼみの準備が始まって居ました。
よく見えないと思って、白い矢印をつけておきました。実になれば、濃いピンクで
目立つんですけどね。



みずみずしい葉っぱがたくさん伸びてきたのはハコネウツギです。

190605_hakone_u.jpg

色変わりするお花が好きで、5月の後半に咲くのを楽しみにしています。



常緑樹の葉っぱでも、この葉っぱはちょっと目立つから解りますね、アオキです。

190605_aoki1.jpg

地味でもお花数が多いのはおばなだから。おばなが無いと実がつかないんだけれど、
実の付かないオスの株には人気が無いかもねぇ。

そしてこちらは、メスの株に咲くめばな。

190605_aoki2.jpg

花数はいたって少なめで、地味なお花のまん中に、後で実になる部分があります。




その先にイチョウの幼樹が有って、低いところで芽を見る事が出来ました。

190605_ityo.jpg

いや、これじゃ無くて、ちっちゃい葉っぱが出てきたところを見たかったのに。



随分歩いてきて、見上げた枝はクマシデです。
ヒモみたいだったおばなの花の穂、だいぶ開ききって、花粉をたくさん飛ばす
事が出来たみたいですね。

190605_kumaside.jpg

めばなはおばなの穂よりずっと小さめで、おばなの穂の付け根にちょこっと
おまけみたいにくっついています(白矢印)。
でもこの小さいめばなの方が、あとで蓑虫みたいな大きな果穂になるんですよね。
面白いです。



おさんぽを続ける先にも色とりどりのヤマザクラ。

190605_sakura2.jpg

素敵です。


とある山桜の根元に、お宝発見!

190605_akane_s3.jpg

この辺を、別角度から見ると…

あら、すみれが2種。

190605_akane_s4.jpg

手前の白っぽく写っているのは…

190605_tatitubo_s.jpg

↑言わずと知れたタチツボスミレ。

で、その向こうのピンクのすみれは…さっき、毎年眺めてきた場所で、数を減らして
いたアカネスミレです。

190605_akane_s5.jpg

しかも、そこそこ立派な株。あら、嬉しい出会いです。

ちゃんと記念写真をお撮りせねば。

190605_akane_s6.jpg

ほら、まぁ、あら可愛い。



すみれのなかまでは少数派のピンク色。茜色って言った方が良いのかな。
私としては、色だけで見分けはOKって感じですが、全体に毛深い感じ、細長い距、
ちょっと長い葉っぱに中央の葉脈くっきり。愛らしいお花ですがのぞき見れば
側弁にはおひげ。


別角度でもう一度。

190605_akane_s7.jpg

いやいや、まぁ、ここで咲いてくれて、ありがとう。
出来れば末永く咲いてください。なんだったら、いっぱい増えてください。
お願いします。



消えそうって心配した同じ日に、別の場所で元気に咲いて居るのに会えるなんて、
ああ、なんて嬉しい事でしょう。よかったよかった。


過去記事でもっと細かく検証しています。↓

2018/ 6/ 3付 「アカネスミレ」
2013/ 4/20付 「新顔すみれ(アカネスミレ)」

でも、過去記事で取り上げた事の無い場所に咲いて居ました。引っ越しつつ、
命をつないでくれるなら、また会えるかもね。来年も楽しみに探す事にしましょう。



雑木林ゾーンの散策、あと、記事もう一つ分くらい続きそうです。そのあとは
艶やかな花木をご紹介しますので、もうちょっとだけ地味な話題におつきあい
下さいませ。



posted by はもよう at 23:37| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: