2019年06月07日

花梨と桃と八重枝垂れ

昨日までとはうって変わって雨の一日となりました、今日の我が家周辺。夜に
なってだいぶ気温が下がったけれど、日中は蒸し暑くて、不快指数が上がりそう
でした。明日ほんのちょっとだけ日は差すけれど、激しい夕立に注意ですって。
会いたくないなぁ。気温の変化が激しいためか、体調を崩している方を見かけ
ます。汗かいたら着替えてね。夜は暖かくしてね。どちら様もご自愛ください。

記事の方は4/7のおさんぽの続き。

190607_tulip1.jpg

こっちの花だんは寒色系。蒸し暑かった今日見ると爽やかな気分になります。





いつもおさんぽしている公園をぐるっと回って、また、元に戻ってきたあたり。
昔から観察していたユスラウメにお花が咲き始めていました。

190607_yusura_u.jpg

花木の並ぶエリアにもあるけれど、ここの株とはもう、10年以上のおつきあい。
ゆるい感じに花が咲いて、6月頃、枝に直接付いたような、サクランボそっくり
の実がなります。



お隣はハナカイドウ。うちのカイドウよりも花付きが密で枝が折れそうなほど。

190607_h_kaido.jpg

花びらも多めで、とにかく豪華。ただ、樹高は低くてほぼ低木。

そんなハナカイドウの根元に、束になって葉っぱを出したのは

190607_n_zuisen.jpg

ヒガンバナの仲間のナツズイセンです。夏の初めに淡い紫色の花を咲かせます。
ヒガンバナ科ですから、もちろん、葉見ず花見ずの、葉っぱが茂っている頃には
花が咲かず、から花が咲く頃には、地上から葉っぱが消えて居るというライフ
スタイル。お花はヒガンバナの仲間のうちでは最大。ただ、毎年必ず咲くわけ
では無いんですよ。今年はどうかな?



さらにさらにその先にはトサミズキ。優しい黄色の花も終わって、この日は
丸っこい葉っぱがどんどん育つ頃。

190607_tosa_m.jpg

赤みを帯びた托葉が可愛らしいでしょ。プリーツをたたんだような葉っぱだけれど、
これから大きく育ちます。



ここでもケヤキの若葉が綺麗でした。

190607_keyaki.jpg

お日様の光を浴びて、輝いているようです。



低木の茂みに吹く新芽。

190607_nisikigi.jpg

これは紅葉自慢のニシキギです。GWの頃に、マユミと同じ様な地味な花を咲かせ
ます。秋には小さな赤い実をつけ、それは見事に紅葉します。



まだ行きますよ。これは芝生広場の端っこに立っている木。

190607_karin1.jpg

枝先にちらほら見えるピンク色はお花です。鮮やかなピンクのお花、カリンです。

190607_karin2.jpg

喉に良いカリンの実が付くあのカリンです。可愛いお花でしょ。
秋には黄色くて大きな実になります。お花の可憐さからは想像も出来ないほど
大きな実がね。

190607_karin3.jpg

このカリンが植えられて居るのは背の高い木がたくさん並んで居る場所なので、
お日様好きなカリンの真上はこんな感じ。ちょっと、実が大きくなるのは日光不足
かも。



さて、花木の並ぶエリアへ入っていきます。

190607_genpei_m1.jpg

最初は、ピンクの濃淡と赤と白の花が咲くハナモモの木。

前のおさんぽの時にはまだちょっとしか咲いて居なかったけれど、この日は満開。

190607_genpei_m2.jpg

ハナカイドウと一緒の場所もこんな感じ。

はいはい、どちら様もお綺麗です。

190607_genpei_m3.jpg

こんなに色んな色のハナモモが1本の木に咲くんですから、お得感がありますよね。
今年も堪能いたしました。また、よろしくお願いします。



並びのヒメリンゴはまだつぼみでした。

190607_h_ringo.jpg

良いんですよ、ゆっくりやってください。お待ちしています。

これは大きな山桜とケヤキの下に入って見上げたところです。

190607_sakura.jpg

お日様が好きで、ひとつ残らず葉っぱに日が当たる様に綺麗に並べているので
こんな風に見えるんでしょうね。綺麗な模様の大天井。素敵だなぁ。




花木の並ぶエリアをでて、ちょっと歩くと果物の桃の花。桃と柳が生い茂ると
言われる桃源郷。ここでは桃と柳が一緒に撮れましたので、桃源郷もかくやの
景色が撮れる場所でした。

190607_momo1.jpg

この公園には3本の桃が有ったんですが、色んな理由で枯れてこれ1本になって
しまった上に、去年の台風で背景のお借りしていたシダレヤナギが軒並み倒れて
しまって、もう、「桃源郷」は撮れないなぁと思っていたんですよ。

190607_momo2.jpg

ハナモモとは全く違う、一重咲きの大きなお花。花の後は実になります。
ちゃんとした世話を受けていないから、大きくは無いけれど、ちゃんと桃の味が
する実が付くんですよ。(1回だけお味見しました。)

角度を変えたら、今年も、桃源郷みたいな景色が撮れました。

190607_momo3.jpg

シダレヤナギ、まだ残っていました。角度を変えればツーショットも撮れます。
ああ、良かった。←?



また別の花だんのチューリップを眺めて、

190607_tulip2.jpg2

次はシャガの花を見にいきました。

190607_shaga1.jpg

相変わらずたくさん咲いています。

190607_shaga2.jpg

日陰が似合う 蛾の羽みたいなお花です。あら、緑色の小さな蜘蛛が写り込ん
じゃった。綺麗な花にはトゲが有る。怖いクモも待って居る。気をつけましょう。



日陰で地面に広がるシャガの後は、日向で背高く茂るライラックです。

190607_lilac1.jpg

和名はムラサキハシドイ。フランスではリラの花。

香りの良い小花を房状にたっぷり咲かせます。花冠は4つに分かれるのが普通
ですが、

190607_lilac2.jpg

たまに5つに分かれているのがあって、それを見つけられたら幸せに
なれるそうですよ。有るかな?

これはまた別の場所の別の株。

190607_lilac3.jpg

公園内には数カ所にライラックが植えられて居ます。

190607_lilac4.jpg

品種が違うのか、同じなのか、良く解らなくて、何種類有るのかはっきりしませんが
どれ見ても綺麗なんだからよしとします。



次は、枝垂れ桜を見に行きました。
例年なら一重の枝垂れより、若干、遅れて咲くのが八重の枝垂れでしたが、

190607_sidare_z1.jpg

今年はどんどん咲いて居ます。

これね、一番多い八重の枝垂れ。いやぁ、ちっちゃくてピンクでふわふわで、

190607_sidare_z2.jpg

可愛いでしょう。ほんと、可愛いなぁ。

↓これ、別の枝垂れ桜のお花。

190607_sidare_z3.jpg

↓でもって、こちらが今回咲いて居た八重の枝垂れ。

190607_sidare_z4.jpg

ね、ぜんぜん違いますでしょ。枝垂れ桜と言っても何種類もありますので、
お名前特定にはまだ時間がかかりそうです。ただ、綺麗だなぁと眺めるだけなら
いくらでも眺められますよね。ああ、きれいだ。またこの次の休みにも見に来よう。


公園一周したら、家で落ち着いて写真の整理でもしていたら良かったんですが、
この日はちょうどお休みが重なった旦那さんを誘って、午後からお花見ドライブに
出かけるんですよ。アクティブでしょ(^m^)。

次の記事ではお花見ドライブの様子をご紹介の予定です。良かったらまたおつきあい
くださいませ。



posted by はもよう at 23:50| Comment(2) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
この前もお花見ドライブされてましたよね。
お休みはお二人で行動されるのですね。
今の時期のお花見はショウブかな。
あっ紫陽花?
色んなお花が咲きますから楽しみですね。

ライラックはあまり見たことがないです。
ハナモモとシャガはいっぱい咲いていましたけれど、
はもようさんのところは
色んなお花がさいているから
お花見に行き放題でよろしいですね☆
Posted by ブリ at 2019年06月08日 16:21
ブリさん、こんばんは。

いやいや、今年のお花見ドライブは1回だけですよ。
最近は、なかなかお休みが一緒にならないので、車にすら乗ってません。
お休みの日は単独行動か、たま〜に娘につきあってもらいます。
単独行動の方が、写真はたくさん撮れるんですよ(^^*)。

え?そうですか?ライラックはあんまりお近くに無い?
まぁ、うちの方にはあの綺麗なササユリは咲きませんし、
他の素敵な野草も小鳥も見られないから、
私はブリさんのおさんぽコースがうらやましいんですけど。
無い物ねだりでしょうか(^^;)

今日はアジサイのお花見にひとりで行って来ました。
綺麗な紫陽花、たくさん見てきましたよ(^▽^)。
Posted by はもよう at 2019年06月09日 22:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: