2019年06月13日

キランソウの花と木の苗

今日はとびきりの晴天で、仕事に行かなければならないのが残念なほどでした。
家であれもこれも洗濯したかったです。週末はお天気が不安定だって言うので。
そうそう、ベランダでは鉢植えの紫陽花が咲き始めました。明日はどんなお天気
かな?

記事の方は4/14のおさんぽの続き。

190613_kiran_s1.jpg

雑木林の中を歩いて行って、林床を紫色に染める花に 目をとめました。






これはキランソウ。シソ科キランソウ属の多年草。
別名は地獄の釜のふた。地獄の釜にふたするように、死にかけの病人も助けて
しまう、すごい薬草という意味だそうです。ちょっと大げさかな。

190613_kiran_s2.jpg

地面に丸く這い広がっている事の多い、小さな小さな草です。

お花の上の花びらが小さくて、下の花びらが大きいのが特徴だそうです。

190613_kiran_s3.jpg

小さいから気づかなかったけれど、こうして大きくしてみると毛深いですね。
花だんにはお仲間でもっと大きいアシュガとかジュウニヒトエとか言うお花が
植えられて居ますね。小さいけれどお花のデザインは一緒です。



ここでも花だんにはチューリップがずらり。

190613_tulip1.jpg

色んな色があるけれど、全部が全部赤くっちゃ面白みが無い。

ところどころにピンクやオレンジが入って居るから綺麗だし、構図を決める時の
ポイントにもなる。

190613_tulip2.jpg

いろんな色が有って綺麗だな…って言う写真です。



ぐるっと歩いてきて、こちらはカツラの木の並ぶエリア。後ろの濃い緑色は
ヒマラヤスギ。

190613_katura1.jpg

緑の水玉模様のように見えるのは、

190613_katura2.jpg

カツラの丸い葉っぱ。雨と風でちぎれて落ちた葉っぱが、お砂糖を焦がしたような
甘い香りを立てています。

190613_katura3.jpg

さすが、香づる木カツラ。良い匂いです。赤かった新芽も、すっかり緑になりまし
たね。



隣のエリアにはアオダモのお仲間が植えられて居ます。個性的な冬芽を眺めます。
樹勢は年々落ちているけれど、今年も無事に芽がふくらんできました。

190613_m_aodamo.jpg

↑ こっちがたぶんマルバアオダモで

↓ こっちはたぶんアオダモです。

190613_aodamo.jpg

5月の初めに、煙るようにまっすぐに花を咲かせる…予定…です。今年はどう
かなって、心配しちゃうアオダモ2種です。



地面の近くでまだまだ白い花を咲かせていたのが、草と見間違う木苺の仲間、
クサイチゴ。

190613_kusaitigo1.jpg

バラ科の半落葉性の低木で、草じゃないんだと言いながら、名前はクサイチゴ。

真っ白い花の中心はめしべの束。後で赤い実になる部分です。

190613_kusaitigo2.jpg

クサイチゴの実は、ちっちゃい粒が集まった実。散った花が目立つようになったら、
今度は葉のかげで木苺らしい赤い実が、ふくらむ番。楽しみだな。


池のほとりのエリアで、シダレヤナギを眺めていたら、

190613_s_yanagi1.jpg

すっかり大きくなった葉の陰に、おばなの残骸発見。

190613_s_yanagi2.jpg

近くにめばなは無いけれど、頑張って花粉を飛ばしたおばなです。


池のほとりの低木も一巡り。

190613_yamabuki.jpg

こちらはヤマブキ。枝先につぼみが現れました。

そしてレンギョウはそろそろお花が終わる頃。

190613_rengyo.jpg

黄色い花のバトンはヤマブキに引き継ぐんですね。

こちらの葉っぱは、ハコネウツギの葉っぱ。

190613_b_hakone_u.jpg

ここに咲くのは色変わりしない、はじめっから真っ赤なベニバナハコネウツギ
です。




しつこくまた、桜のある風景を。

190613_sakura1.jpg

いやぁ、やっぱり良いものだから。

さらにこちらにも。

190613_sakura2.jpg

いやぁ、本当にいろいろな桜があるものです。



それから、銀緑色の毛深い新芽が開くコナラの枝とか…

190613_konara1.jpg

曲線的な枝に、リズミカルに若葉が並ぶミズキの枝とが…

190613_mizuki.jpg

どの枝見ても綺麗だな♪って感じですよね。



そしてこちらも、桜、コナラ、カシの木の三者三様の綺麗な事。

190613_sakura3.jpg

こっちのコナラは長いおばなの穂を下げています。

190613_konara2.jpg

随分、長いなぁ。

こっちのコナラの穂はまだ短いです。

190613_konara3.jpg

これから伸びるのかな?後でどんぐりになるめばなは、目立たないけど、
葉っぱの先にちょこっと赤くついてます。



ここの地面にも濃い紫色のスミレ発見。

190613_sumire.jpg

まだつぼみです。咲くのを楽しみにしてるね。



それから、草サイズの幼樹をいくつか見かけました。

190613_ityo.jpg

これはイチョウ。束になって付くチビ葉っぱが可愛いです。


それからこちらは、シラカシの幼樹。

190613_sirakasi.jpg

秋にたっぷりのどんぐりが落ちたあたりです。

この中のどれかが見上げるような大きなカシの木に成れるって事はないと思うけれど、
そんな幼樹が、林床にはたくさんあるんですよね。


こっちの芽は、樹じゃ無くて、キンミズヒキの芽です。

190613_k_mizuhiki.jpg

秋の黄色い花の穂をつけ、花の後はひっつき虫になる実をつけます。
毎年、春から秋まで、その成長を見守っている草です。



公園一周おさんぽ。次は、前にもご紹介した可愛いすみれのその後と、回りの
小さな草の葉を見て頂く予定です。

posted by はもよう at 23:28| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: