2019年06月14日

アカネスミレと小さいつる

今日も、昨日ほどでは無かったけれど、まずまずのお天気。布団干したかったです。
でも、今日も今日とて、仕事場にこもってお仕事。せっかくの週末は荒れ模様とか。
涼しいのはありがたいけれど、荒れるのはちょっと困りますね。どちら様も災害に
あわないようにご注意ください。

記事の方は4/14のおさんぽの続き。雑木林を歩いて行って、前回見たアカネスミレの
大きめの株のその後を見てきました。

190614_akane_s1.jpg

ほらこれ、桜の木の根元にタチツボスミレとご一緒しているピンクの可愛いお花。
これですよ。







可愛いでしょう。赤紫って言うか、ピンクのスミレ。

190614_akane_s2.jpg

全体に毛深いのでちょっと白っぽくつや無しな印象。

6つも咲いて、7つ目は今にも咲きそうなつぼみなんて、ほんと嬉しい限り。

190614_akane_s3.jpg

前の記事では嬉しくて可愛いなくらいしか言ってないので、今度は冷静に
見分けポイントをチェックしていきます。

まぁ、この色が最大の特徴ですが、花びらの付け根がすぼんでいて、奥が見えない
こと。

190614_akane_s4.jpg

萼も花茎も毛深くて短くて太い毛がまばらに生えていること。

190614_akane_s5.jpg

花の側弁には、毛が密集していること。

190614_akane_s6.jpg

萼の所におまけがあって王冠みたいに立っていること。
おお、萼も毛深いなぁ。

で、これが決め手らしいんですが、花の後ろの突き出した部分、距に毛がまばらに
生えて居るところ。

190614_akane_s7.jpg

見えます?距が細長いのも見分けポイントです。

撮ってこなかったけれど、葉の付け根の托葉は単純なとんがった形で毛みたいな
細い鋸歯がまばらについています。



ここでタチツボスミレのお花と見比べると、互いの個性が際立ちますよね。

190614_tatitubo_s1.jpg

どっちも素敵。

すみれパート、最後はタチツボスミレの大株を眺めてひとまずおしまい。

190614_tatitubo_s2.jpg

すみれは可憐だけれど、見分けポイント確認にはちょっと手間がかかります。
そこが面白いんだけど…。



すみれのお花の観賞が済んだら、ちょいと見上げてみます。

190614_kunugi1.jpg

曇り空は残念だけれど、春まだ浅い雑木林。枝の模様がとっても綺麗です。

画面中央の大きな樹はなんだろな。

190614_kunugi2.jpg

カメラ精一杯の望遠で上の方の葉っぱを捉えると…あら、これはクヌギですね。

そしてその、大きなクヌギの根元には

190614_kunugi3.jpg

小さな植物がたくさん芽吹いています。まるで、樹の幼稚園。

細い枝に、今にも透けそうな黄緑色の若葉。

190614_kuwa1.jpg

これはなんの樹かな?

枝の途中の冬芽の感じに見覚えがあるよ。

190614_kuwa2.jpg

ああ、これは桑の幼樹ですね。



落ち葉が積もった地面にジャノヒゲの細い葉っぱ、ドクダミのハート型の葉っぱ。
斜めに伸びる何かの枝?つる?

190614_nawasiro_i1.jpg

地面を這っているこんなの見たら蔓性植物かと思うじゃ無いですか。

でも葉っぱを良く見たらこれ、

190614_nawasiro_i2.jpg

ナワシロイチゴですよね。ナワシロイチゴのちっちゃいの。

でもさ、こっちで、本物の蔓性植物と一緒に踊るように立ち上がっているのも
ナワシロイチゴでしょ。

190614_nawasiro_i3.jpg

面白いなぁ。本当は蔓性植物になりたかったんじゃ無いの?

ご一緒していたのは、本物の蔓性植物のスイカズラ。

190614_suikazura.jpg

こちらもスイカズラの芽吹いていくらも経たない幼植物ってやつ?



春の雑木林には色んな植物の芽吹きたてが並んで居て面白いです。
図鑑には一人前になった時の姿しか乗っていないけれど、ネットで調べると
芽吹きたての姿も簡単に検索できるので、有りがたいですよ。一人前と芽吹きたて
で姿が違うものもありますから。

190614_kiduta.jpg

先ほどのスイカズラとこのキヅタが、その代表。スイカズラなんかも、別の植物か
と思いますよ。キヅタも、これ、一人前の時の葉っぱとは違いますね。可愛い。



あら、他の木にはまた別の蔓性植物がからもうとしています。

190614_hiyodori_b1.jpg

はいはい、こっちはなんでしょう?

朝顔の葉っぱみたいな形、猛烈に毛深い。ああ、これ、ヒヨドリジョウゴの伸び始め
だわ。

190614_hiyodori_b2.jpg

ヒヨドリジョウゴも、あっちこっちで葉っぱや花までは見るんですが、とっても
魅力的な実がつく頃には大抵刈られちゃうんですよ。今年は実まで見られるかな?

たいして悪さしないんだからさぁ。公園の管理人さんも草刈り隊の人も、ちょっと
見逃してくれると嬉しいんだけどなぁ。


4/14のおさんぽはまだまだ続きます。次はたぶんちょっとマイナーな樹をご紹介。
一応、花盛りなんだけれど。


posted by はもよう at 23:55| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: