2019年06月24日

ネモフィラと芝桜

今日は一日中雨で、肌寒い1日でした。うっとうしいけれど、こんな日もないと
アジサイが可愛そうですものね。てっぺんまで咲くと梅雨が明けるって言う
タチアオイの花もだいぶ先の方まで咲きそろってきました。気づけば6月も最終
週。梅雨も折り返し地点が近いでしょうか。今夜、我が家上空は雷雨でした。
梅雨後半は雨の降り方が荒っぽくなりますよね。樋や側溝の掃除をして、備え
ましょうか。

記事の方4/18に土手の花段を回った時の写真から。

190624_tulip1.jpg

4月のお花をご紹介。







桜の下に咲いていたのは、白い星のようなタイリンオオアマナ
(オーニソガラム・ナルボンセ)

190624_t_o_amana.jpg

結構あちこちで野生化しちゃうほど、丈夫で良く育つ球根植物です。



小さなマーガレット、ノースポール。キク科フランスギク属の多年草。

190624_north_pole.jpg

和名は寒白菊って言うんですって。元は北アフリカやヨーロッパ。
地中海沿岸が故郷ですって。


ノースポールの後ろにはルピナス。下から、塔のように咲くノボリフジ(昇藤)。

190624_lupinus.jpg

マメ科ルピナス属の多年草。英名はルーピンですって。
花色がたくさんあって、見て回るのも楽しいですよね。



こちらはシロヤマブキ。黄色いヤマブキの色違いと言うことでは無くて、
同じバラ科ですが、属がちがうんです。

190624_s_yamabuki.jpg

一番の違いは花びらの数。黄色いヤマブキは5枚で、シロヤマブキは4枚なん
ですよ。実の形も違って、ヤマブキはあまり見かけませんが、実れば5つの
角の立ったタネがきゅっとくっついているような形。シロヤマブキは良く実が
ついて、熟すと、つやつやの黒豆の煮物のような綺麗な実になります。
もちろん数は4つずつです。




お花見ドライブでも撮って来たネモフィラ。土手の花だんにたくさん咲いて
居ました。

190624_nemophila1.jpg

ムラサキ科ネモフィラ属の一年草。ネモフィラ属に分類される植物の総称でも
有るそうです。カナダ西部からアメリカ西部、メキシコにかけて11種有る
そうです。

190624_nemophila2.jpg

その中でも園芸品種としてよく知られているのが、ベイビィ・ブルー・アイズの
別名のある品種 ネモフィラ・メンジェシーだそうです。

可愛らしいお花の形に、透き通った青い色が良いですよね。

190624_nemophila3.jpg

故郷では、林の中の明るい日だまりに群生して咲いて居るそうですよ。偶然
見かけたら、妖精にでも遭ったのかと思うようでしょうね。



その先の花だんには、また風で良く解らない形に撮れちゃったけど、
アヤメです。

190624_ayame.jpg

これからお仲間が続々咲き出しますね。花びらの付け根に、交差した模様(文目)
が有るからアヤメなんですよ。



この先にも色鮮やかなチューリップが咲いていました。

190624_tulip2.jpg

お日様に光を浴びて、目の覚めるような赤と黄色です。



そしてその先には一面の芝桜。

190624_sibazakura1.jpg

どこを撮ろうか迷いましたが、この、白の中にちょっとだけピンクが咲いて
居るところにしました。可愛いでしょ。

もちろんその先はピンク一色。

190624_sibazakura2.jpg

お花の季節は可愛らしいし、花が終わった後もグランドカバーにもなるし、
最近、近所で植える人が増えているんですよ。



土手をさんぽした翌日、毎年楽しみにしている牡丹の花がほころび出しました
ので、急いで撮っておきました。

190624_botan1.jpg

大きいお花なのに、あっという間に咲いちゃうんですよね。

別の株、葉っぱが赤っぽくて、お花がピンク色の方もつぼみ具合を確認。

190624_botan2.jpg

こちらの方がまだ堅いですね。通常どおりです。うん、順調。

そしてこちらが、ほころび始めた真っ赤な牡丹の一番進んでいるつぼみ。

190624_botan3.jpg

すっかり開くまで何日かかるかな?って思うじゃ無いですか、大きいんだし。
でもね、あっという間に開いちゃうんですよ。毎年見てるのに、毎年驚くんです
よ。

他のつぼみも見て回ります。

190624_botan4.jpg

宝珠のような形ですねぇ。

190624_botan5.jpg

何枚にも重なった花びら。今年も無事に全部綺麗に開いて欲しいです。
4/19は金曜日だったので、お休み中に咲いちゃわないかと心配しました。
咲いた日の写真は、後日ご紹介しますね。

ついでにそばのコナラもパチリ。

190624_konara1.jpg

こちらも花盛りですよ。コナラは、枝の一番先にめばなをつけるんですが、
低い枝にはあんまり咲かないかな。長く垂れ下がるおばなばっかりかもしれま
せん。

190624_konara2.jpg

花の後は葉っぱが茂って、夏には涼しい日陰を提供してくれます。

こちらの木はウメモドキ。辛うじて花の形はしているけれど地味な花を咲かせ、
可愛い真っ赤な実を枝いっぱいにつけます。

190624_umemodoki.jpg

今はようやく葉っぱがそろったところ。


最後は秋に紅葉を楽しむイロハカエデ。

190624_iroha_k.jpg

こちらだって今花盛りなんですよ。ちっちゃいけど、真っ赤なお花です。


お花が次々咲き出す4月の半ば、このあとは土曜日日曜日と、花を訪ねて
近場ながら、あちこちへ行きました。カラフルな記事が続く予定です。



posted by はもよう at 23:48| Comment(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: