2019年07月02日

姫林檎満開

記事を用意していたにも関わらず、眠気に負けちゃいました。日付は変わってしまい
ましたが、7/1の日記のつもりで残しておきます。面倒くさくて済みません。
週の初めで、月の初めでしたね、今日。何か、とっても蒸し暑かったです。もう、
いらいらするほど不快でしたね。朝のうちは弱い雨で、午後からは上がったんです
が、ぜんぜん爽やかにはなりませんでした。まだしばらくこんな日が続くようです。
体調管理に気をつけたいですね。

記事の方は4/21のおさんぽの続き。

190701_ityo1.jpg

近所の公園を歩いて、花木の並ぶエリアへさしかかりました。まずは、公園の端の
イチョウ並木。





イチョウ並木の1本に注目してみました。

190701_ityo2.jpg

可愛い新芽が並んだ枝。この時期しか見られない景色です。


イチョウの手前が藤棚です。

190701_fuji1.jpg

藤の花芽がみるみる伸びて、あとちょっとしたら咲きそうです。

190701_fuji2.jpg

わぁ、見る間に開いてきた。

190701_fuji3.jpg

次、見に来る頃には満開かなぁ。


ちょっと振り向いて、後ろにはベニバナトチノキ。

190701_b_totinoki.jpg

まだつぼみ。GWの頃には咲いて居るだろうなぁ。今年は10連休だから見に来る
チャンスも有るかな。



この葉っぱはタムシバ。ちょっと色がついてる葉っぱが綺麗です。

190701_tamusiba.jpg

葉っぱの透き間に、毛深かった花芽の殻が見えます。そっくりさんですが、コブシ
ほどには実りません。それがちょっと残念です。



タムシバの隣からさらに華やかな花木が並びます。
梅、ハナモモ、アンズと次々開いて、最後がこちらの木。

190701_h_rin_h_kai1.jpg

ピンクのハナカイドウと白いヒメリンゴ。

枝をアップにすると…

190701_h_rin_h_kai2.jpg

ほら、こんな感じ。そろそろ散っているお花も混ざりますね。


特に、この日はヒメリンゴが満開で、咲き始めの頃とはまた違う表情を見せて
いました。

190701_h_ringo1.jpg

咲き始めはつぼみのピンクが目立ちましたが、満開になるとほとんど真っ白。

190701_h_ringo2.jpg

見事ですよね。
本好きとしては「赤毛のアン」のなかで、窓を開けてすぐそばに見えた花盛りの
リンゴの木に感動して「雪の女王」と名付けるシーンを思い出します。
これはヒメリンゴだけれど、こんな景色だったのかな…なんてね。

190701_h_ringo3.jpg

白い花の中に、ピンクのつぼみが1つって言うのも素敵です。

雲海みたいな、波みたいな、どこまでも花、花、花。

190701_h_ringo4.jpg

ヒメリンゴの満開。堪能いたしました。また来年もよろしくお願いします。
お花の後はサクランボよりちょっとだけ大きめの赤い実になります。



花木のそばには緑の松の木。

190701_taeda_m.jpg

でも、松の木もお花の準備中。おばなの準備は出来ました。めばなの出現には
もうちょっとかかりそうです。


こちらはもうちょっと先のヒメリンゴの木。

190701_h_ringo5.jpg

このくらいのお花の密度も良いですよね。あれこれ眺めてまた別のエリアへ
向かいます。




雑木林ゾーンを歩きながら、また、木々の若葉を見て回ります。

190701_egonoki.jpg

丸っこい葉っぱの中に小さな粒々が見えるのはエゴノキ。粒々は翌月に咲く予定の
お花のつぼみです。



葉っぱの付け根に赤い托葉が見えるのはアカシデ。

190701_akaside.jpg

可愛い葉っぱです。

綺麗にプリーツが入って居るのは

190701_kumaside.jpg

クマシデの葉っぱ。

こちらはイヌシデ。

190701_inuside.jpg

シデ三兄弟そろい踏みです。



この時期の雑木林も綺麗ですよ。イヌシデにアラカシ。

190701_kasi_side.jpg

常緑樹も落葉樹も色とりどりに若葉を出しているんですね。



こんな雑木林の林床には柔らかそうな葉っぱが生えています。ヤブタビラコです。

190701_y_tabirako1.jpg

最近知ったんですが、七草がゆ用の七草にタビラコとして混ざっていることがある
そうです。

190701_y_tabirako2.jpg

ヤブタビラコのお花は、他の仲間とそっくりですが、実の付き方がユニーク。
花びらが落ちたあとに綿毛のないタネが付くんです。
綿毛になるのはオニタビラコです。



太い木の幹を這い登り始めたのはフユヅタのつる。

190701_fuyuduta1.jpg

最初は可愛い葉っぱですが…

190701_fuyuduta2.jpg

あっという間に幹全体を覆って茂ります。それでも藤とは違って宿主を絞め殺したり
はしないはず。上手に共存共栄できたら良いな。




次の記事では3種類のすみれと、とうとう咲いたフデリンドウのお花をご紹介。


posted by はもよう at 23:21| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: