2019年07月05日

赤い牡丹とドイツ鈴蘭

今日は久しぶりに日中ずっと雨が降りませんでした。さらに久しぶりに夕焼けが
広がりました。ただ、夜からは雨になるそうで、明日からも雨が続くようです。
お天気とは関係なく、今日は仕事がとっても忙しかったです。昨日、静かだった
分を取り戻すように、色んな人が来て色んなトラブルが有りました。でもまぁ、
7月最初の一週間が過ぎて、週末がやって来ます。明日の夜は遊びに行く予定なん
だけど、お天気どうかしら?

記事の方は4/23に仕事場そばで咲いた牡丹の花と、ドイツスズランをご紹介します。

190705_botan01.jpg

毎年楽しみにしている赤い牡丹。つぼみがほころび始めちゃってからの週末。
週明けたら散っちゃっていないか心配しましたが、今年も無事撮れました。





その前にちょっと、ドイツスズランを。

190705_d_suzuran1.jpg

こちらはまだ咲き始め。つぼみもたくさん。出てきたばかり。

日本のスズランは、寒い土地でないと育たなくて、君影草という別名があるくらい
葉陰でそっと咲く奥ゆかしくて珍しいお花です。

190705_d_suzuran2.jpg

春の終わりの方で、あっちこっちの花だんにどっさり咲いて、何なら葉っぱより
目立つお花の咲き方をするのは、丈夫で育てやすい園芸品種のドイツスズランです。


週明けの4/22、2日目の4/23に撮った牡丹の写真です。
6/24付の記事ではほころび始めたところでしたが、それから土曜日曜を挟んで、
ようやく見られたのがこの景色です。

190705_botan02.jpg

今年もたくさん咲いてくれました。

それにしても立派なお花ですよね。

190705_botan03.jpg

6/2付の記事では4/2撮影のまだ堅いつぼみを載せましたが、それから20日ほどで
こんなに大きな花が咲くんですよ。

2019/ 5/ 5付 「河原のヤナギ」
2019/ 6/ 2付 「4月最初の一週間」
2019/ 6/24付 「ネモフィラと芝桜」

そういえば、赤い牡丹、綺麗に撮れていますでしょ。

190705_botan04.jpg

いつもなら鮮やかすぎてべたっと同じ色になっちゃっていたところ、ちゃんと花びら
の質感が表現されていますでしょ。
カメラを変えたんじゃないんです。カメラのお花を撮る専門の機能を使ったんです。

機能が多すぎて、ぜんぜん使いこなせてないんですが、いつだったか、あれ?こんな
機能があったんだ…って気づいて試してみたら、まぁ、最近の技術ってすごいんです
ね。カメラにお任せで、こんなに綺麗に撮れるようになりました。有りがたいです。

お花の中心部分。

190705_botan05.jpg

たくさんのおしべとボリューム満点のめしべ。花後は この形のまま実になるから、子房が大きいのかな?

ちょっと日差しが強くて、しおれなきゃいいけど。

190705_botan06.jpg

まだつぼみのもあるから、もうちょっと頑張って咲いてて欲しいなぁ。

190705_botan07.jpg

裏へ回って撮っても、結局は同じ様にしか写らないんだけれど。

190705_botan08.jpg

あっちからこっちから撮って、今年も赤い牡丹を堪能いたしました。

190705_botan09.jpg

その昔、祖母がシャクヤクを咲かせるのに試行錯誤を繰り返していたのを見て居た
のでシャクヤクより大きな牡丹は、さぞやお世話がかかるだろうと思っていたの
ですが、この株、それほどのお手入れもされている様子がないのに、毎年良く咲い
てます。この手間でこのパフォーマンスなら、お得感有るなぁ〜。

190705_botan10.jpg

いつもの赤い牡丹でした。また来年も咲いてね。

ところで、いつも眺めているお隣のピンクの牡丹はどうなったかというと…、

190705_botan11.jpg

こんな感じ。毎年、ピンクの花の方が咲くのは遅いんです。一辺に終わっちゃったら
さみしいから、それはそれでありがたいことです。


さてそれから、3日後の週末。

190705_botan12.jpg

ピンクの牡丹は咲いたけれど、開ききる前に雨でぐっしょり濡れちゃいました。

今度もまた翌日から週末、お休みです。ただのお休みじゃぁありません、10連休です。

190705_botan13.jpg

休み明けに出てきたら、確実に、散っちゃってます。

せめて色っぽく濡れそぼった姿をたくさん記録しておきましょう。

190705_botan14.jpg

お花ももちろん、綺麗なんだけれど、水玉と相性の良い葉っぱもまた、素敵です。

190705_botan15.jpg

今年の牡丹はここまで。

190705_botan16.jpg

連休明けにはすっかり終わっちゃっていました。

真っ赤な牡丹もは、連休前にすでにこのくらい散っていました。

190705_botan17.jpg

花の終わりを、椿は落ちる、桜は散る、牡丹は崩れると言うそうです。
今年もたくさん見せてもらいました。来年もよろしくね。


ドイツスズランは一週間でどうなったかというと…

190705_d_suzuran3.jpg

こんなに花盛りになって居ました。
こんなに可憐でも、毒草です。全草毒、花も実も毒。いけたらその水まで毒という
徹底した毒草です。お取り扱いにはご注意ください。



次の記事からは10連休中に撮った写真をご紹介します。



posted by はもよう at 23:35| Comment(2) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんばんは。
牡丹はやはりきれいですね。
お花の王様と呼ばれているとか。
華やかですから、女王のような気もしますが。
今回は赤だけでなくピンクも!
雨に濡れそぼっていましたが、
やはり豪華感は半端ありませんね。

椿は落ちる、桜は散る、
牡丹は崩れる・・ですか。
いえてますよねぇ
Posted by ブリ at 2019年07月10日 23:01
ブリさん、こんばんは。

はい、綺麗です、牡丹。やっぱり豪華ですよねぇ。
お花の王様なんですよ。女王じゃないのは、差別かもしれません。
訴えておきましょう(^m^)。←嘘です。

そうそう、いつも、もうちょっと遅れてピンクが咲くんですが、
今年はもう、なし崩し的に咲いちゃいました。
牡丹も結構、綺麗な水玉が出来るので、これはこれで良かったかも。
わざと水かける気にはなりませんが。

椿は落ちる…
でしょう、昔の人は言葉を大切にしていたし、自然の物を良く
見ていましたよねぇ。さすがです。

Posted by はもよう at 2019年07月12日 01:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: