2019年07月09日

如意菫と芹葉飛燕草


今日は昨日よりはちょっと雲厚め、暗い曇りでした。今にも雨が降りそうでしたし、
ほんのちょっとぱらついた時間もあったのですが、何とか洗濯物も乾きました。
予想を見ると明日も何とか降らずにすみそうです。雨の合間に色々片付けたいですね。

記事の方は10連休初日、4/27のおさんぽの続き。

190709_teuti_g1.jpg

若葉、草の葉を眺めて歩いてきた雑木林。見上げるこの木はテウチグルミ。
殻が割りやすくて、良く栽培されているクルミの木です。


芽吹いたばかりの葉っぱが可愛い色に見えてます。

190709_teuti_g2.jpg

これでもやっぱり、オニグルミと一緒の奇数羽状複葉。

そして、オニグルミと同じようにヒモのようなおばなを下げます。

190709_teuti_g3.jpg

木が高くて、めばなが咲いているところまで見えません。クルミの実はつくので
めばなは咲くはずなんですよ。いつか捉えてみたいです。


その先の林床には葉っぱに黒っぽいワンポイントが入っているのは、白い花が咲く
ギンミズヒキ。

190709_g_mizuhiki.jpg

前の記事にはキンミズヒキ、でこっちの記事にはギンミズヒキ。でも、あっちは
バラ科でこっちはタデ科。お花の色とデザインは全く違うけれど、細い茎にお花が
並ぶ形と秋に咲くのは共通。そしてお花の後、ひっつき虫になるのも一緒です。



今年、ここまでしか撮れていないのが残念なニガナ。

190709_nigana.jpg

このあと、か細い花びらの舌状花を開くのに、どうして撮っておかなかったかなぁ。



そらから、こちらはコナスビの葉っぱ。

190709_konasubi.jpg

この葉っぱが出てくると、夏が来るなぁって思います。実がナスに似ているから
コナスビ。ナスの仲間じゃ有りません。
花は黄色で星の形。でも葉っぱの陰で咲くから目立ちません。春の終わりから夏の
初めに咲くお花です。



春の名残のタチツボスミレ。

190709_tatitubo_s1.jpg

一緒に咲いていたアカネスミレはもう終わっちゃったけれど、タチツボちゃんは
まだまだ咲いています。



コスミレ、アオイスミレから始まったすみれの花のリレー。最後に咲くのは
白いニョイスミレ、またはツボスミレ。

190709_nyoi_s1.jpg

今まで見てきたどのすみれより、だんぜん、お花が小さいんですよ。
それでもこの子に目をとめるのは、すみれの花のリレーの最終走者だからかな。

如意とは仏具のこと、葉の形が似ているそう。ツボスミレのツボとは庭のこと。

190709_nyoi_s2.jpg

他のすみれより小さめのお花は白がベースで紫色のラインがちょっと入って居ます。

190709_nyoi_s3.jpg

横から見ると太くて短めの距。

丸っこい葉っぱは葉の付け根部分が大きくかけています。

190709_nyoi_s4.jpg

心形〜腎形と言うそうです。ハート型から腎臓型…ってことかな。



次に見かけたのがセリバヒエンソウ。今までは、この公園にはあまり入り込んで
いなかったけれど、とうとうたどり着いちゃったって訳ね。

190709_s_hien_s1.jpg

中国原産、キンポウゲ科ヒエンソウ属の一年草。花だんで青い花を涼しげに咲かせて
いるラークスパーとかデルフィニウムのご親戚です。

花だんからの逃げ出し組、帰化植物ですが、姿の優しさと、さほどはびこらない点で
あまり話題にはなっていないようです。

190709_s_hien_s2.jpg

花の形が、ツバメが空を舞っているようだったから飛ぶツバメの草と書いて
ヒエンソウ(飛燕草)。

後ろに距を引く複雑な造りの花です。萼とおしべの一部まで花びらにそっくりなので、
さらにややこしい構成になって居ます。

190709_s_hien_s3.jpg

セリバ(芹葉)の名の通り、出始めの葉っぱは芹の葉に似ています。うっかり間違えて
お口には入れないでください。キンポウゲ科に良くあるように有毒と言われています。



まだまだ、成長中のヒヨドリジョウゴ。

190709_hiyodori_j.jpg

なんとかねぇ、魅力的な実が付くまで刈らないでおいてもらえませんかねぇ。


前の記事で載せなかった土手の途中のヤマジノホトトギス。

190709_yamajino_h.jpg

回り中の大木が台風で倒れて乱れ、後始末の重機が入ってまた乱れたので、大変
心配していましたが、何とか芽を出して成長中です。せっかく大きな株になって
きたので、この秋も咲いてくれるのを楽しみに見守り中です。



この記事最後はタチツボスミレ。すみれの花のリレーも最後のニョイスミレが咲き、
そろそろシーズンも終わりにさしかかってもまだ咲いて居るタチツボちゃん。

190709_tatitubo_s2.jpg

そういえば、一番の早起きすみれ、コスミレが咲く頃にも咲いて居たし、最後の
ニョイスミレが咲きだしてもまだ咲いて居る、タチツボスミレの花期はすみれの
花リレーの最中のほとんどを占めるんですね。これは、数が増えるわけですわ。



4/27のおさんぽはまだまだ続きます。今度は何のお花が咲いて居るかな?





posted by はもよう at 23:57| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: