2019年07月22日

水木と浪速茨の花

夕べから霧雨がずっと降り続いて、とにかく体調を崩しそうなほど蒸し暑かったので
エアコンをつけていました。いつもなら寒くなっちゃうのですが、なんとはなしに
自動運転にしてみたら、とっても快適でした。技術の進歩ってすごいんだなぁ。
いや、うちのクーラーそんなに新しくないけど。でもって、明けて今日の仕事場でも
試しにエアコンを自動にセット。冷房が苦手な私にも、冷房している感なしに快適に
過ごせて、改めてすごさ実感。中途半端なこの時期、エアコンに任せて見るのも良い
かも(^v^)です。でもって、日中、止み間も有りましたが、夕方からはまた本降りに。
それでも天気予報では、そろそろ梅雨明けとか言ってます。お待ちしてますわ〜。

記事の方は、5/3にカタクリの自生地へその後の様子を見に行った時の写真の最終回。

190722_momiji_i.jpg

明るい日向には、まだ若くて、花も咲かないモミジイチゴ。お花と実がみられる日が
楽しみです。






住宅街との境に植えられて居たのは大きなカナメモチ。

190722_akame_m1.jpg

遠目に見るとピンクっぽく見えますが、これから白い小花をたくさん咲かせます。

別名はアカメモチ。モチと言ってもモチノキ科じゃなくて、バラ科ですので、
お花は、ちゃんとお花らしくて、地味だけれど綺麗ですよ。

190722_akame_m2.jpg

まだほとんどつぼみで、こんな風にちょっとだけ咲き始めたくらい。
そのうち別の場所で、ちゃんと撮ってきます。



カタクリの自生地の上を覆う雑木林の高木に、からんでいるのは藤のつる。

190722_fuji1.jpg

前の記事の雑木林にもありましたが、こっちでも咲いて居ました。

ちょっとアップにしてみます。

190722_fuji2.jpg

丈夫なつるで高木に駆け上がり、締め付け、終いには枯らしてしまうほど、激しい
蔓性植物ですが、お花は上品な紫色。

公園で見かける藤とは、またひと味違って野性味たっぷりです。

190722_fuji3.jpg

そういえば、お花の穂が短いなぁ…とか最近思うようになりました。
種類が違ったりするんでしょうか。そのうち調べようと思いました。



新芽の頃は金色だったシロダモの葉っぱ。だいぶ大きくなって、薄い緑色くらいに
なりました。

190722_sirodamo.jpg

うちの近所の雑木林に必ず生えてる主要メンバーですが、花が咲き、実が付くのが
これからずっと後の、晩秋になりますので、名前調べには手こずるタイプの常緑樹
です。長めの葉っぱの、3本の目立つ葉脈が見分けポイントです。



林床、カタクリの花が咲いて居た頃に、水彩絵の具で色付けしたような可憐な花を
咲かせて居たアオイスミレがあったあたり…

190722_aoi_s.jpg

見覚え有る丸っこい葉っぱが、大きく育っていました。すみれの葉っぱは、夏の間
びっくりするくらい大きくたくましくなっていることがあります。それもまた、
面白いことです。



4月の初め、ここを埋め尽くしていたカタクリがどうなったかというと…
こんな感じで、実になっていました。もう、これが最後の1つって言うくらい、
残っていません。この実の中にアリさんたちが喜ぶご褒美付きののタネが
ぎっしり詰まっているんです。

190722_katakuri.jpg

氷河期からの生き残り。気に入った気温の時だけ活動して、後は地中で休眠します。
1年のうち活動できる時間が少ないので、タネから花を咲かせられるまでには
長い時間がかかりますが、この工夫で、全く気象条件が変わってしまった地球で
生き延びてきたんですね。
大急ぎで開花から結実まで駆け抜けたら、タネ蒔きをアリさんに託して地上から
姿を消します。水分でふくらましただけの葉や茎は、幻のように消えてしまいます。



カタクリに代わって、この日、お花の盛りを迎えていたのはオオアラセイトウ。
ムラサキハナナ、ショカッサイ。別名の多い花です。

190722_o_araseito.jpg

菜の花と同じように、線路沿いに良く群生していますよね。


この日ご一緒していたのは同じ黄色でも、ケシ科のクサノオウでした。

190722_o_ara_kusa_o.jpg

ムラサキハナナと黄色い菜の花を一緒に撮りたいのに、思うに任せません。

このあたりは、クサノオウも良く咲いて居ますね。

190722_kusano_o.jpg

どちらかと言えば、河原でよく見かけます。昔‘くさ’と呼ばれた皮膚病に良く効いた
薬草だったそうですよ。



カタクリとアズマイチゲが花を咲かせていたあたりには緑の葉っぱがたくさん
並んで居ました。

こちらの葉っぱはホスタことコバギボウシ。

190722_k_gibosi.jpg

真夏に涼しげな花を咲かせます。また撮りに来られると良いな。

それからこの、四方八方に葉っぱを伸ばして居るのは

190722_o_toranoo.jpg

これも夏に白い小花を、虎の尾のように穂状に咲かせるオカトラノオ。


それから、こんなに細かく分かれているのはあんまりみないけど、たぶんこれ、 
アザミの葉っぱです。

190722_nohara_a.jpg

春に咲くのはノアザミで、秋に咲くのはノハラアザミ。春に咲いていないって事は
これはノハラアザミだと思います。この辺の河原にはノハラアザミが良く咲くので
多分そうだと思います。違うアザミが咲いたら、それはそれで嬉しいんですけどね。



トゲトゲのこの棒はタラノキの幼樹です。

190722_taranoki.jpg

一番芽は誰かが食べちゃったみたいですが、お約束どおり、二番芽、三番芽は
残してもらっているので、夏には葉っぱを広げられそうです。



カタクリを見に来た時には葉っぱしか出て居なかった花も咲いて居ました。

190722_kinpoge.jpg

ちょっと元気が足りないけれど、このピカピカの花びらはウマノアシガタこと、
キンポウゲですね。

それから、こちらの3枚ワンセットの葉っぱと枝分かれした茎に先にたくさんの
黄色い花をつけているのは

190722_m_tutiguri1.jpg

ミツバツチグリですね。

190722_m_tutiguri2.jpg

この日は、花期も終わりに近かったようで、花びらが落ちている株が多くて、
綺麗なお花を探すのに苦労しました。



そうそう、この葉っぱ、彼岸花の咲く土手で、毎年そのお花に遭うのを楽しみに
しているナンテンハギの葉っぱみたいです。

190722_nantenhagi.jpg

これは楽しみが増えました。ここにも見に来なくちゃならないかしら。



下ばっかり眺めていた腰を伸ばして、頭上を見れば、

190722_mizuki1.jpg

ああ、ミズキが咲いて居る。

そういえば時は5月、「木に咲く白い花」の季節です。

190722_mizuki2.jpg

いずれ、たくさん撮って来ますが、ひとまず、シーズンイン!の1枚。
良い季節になりますねぇ。




さて、さて、思いの外、収穫が多くてにこにこしながら帰途につきました。

帰り道、途中の民家の生け垣に、今年はまだ会えていなかったナニワイバラ発見!

190722_naniwa_i1.jpg

自宅のそばで育てていらっしゃる方がいて、何年か続けて写真を撮らせて頂いて
居たんですよ。でも、今年見に行ったら、すっかり無くなっていて、残念だなぁ
って思っていたんです。

こんなところで会えて良かった。

190722_naniwa_i2.jpg

もう1枚パチリ。
大きな白い花びらに黄色い花心。目玉焼きみたいなお花ですね。今年も会えました。
ありがとう。


さて、次は、何の写真をご紹介しようかな。



posted by はもよう at 22:49| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: