2019年08月04日

5月の草の花

いやいや、あっという間に2日もお休みしちゃいました。まぁ、昨日の土曜日は、
いつもの通り実家へ行って来たのですが、金曜日はなんと突然、マウスが壊れまして、
どうにもこうにもパソコンが動かせなかったんです。それでも何とか新品と取り替えて
今日こそは記事を形にしようと思っています。それにしても暑いですね。平日、
汗だくで移動しているので、日曜日の今日は完全休養日として、どこへも出ずに
エアコンをつけた部屋で、主婦のつとめとブログ用の写真の整理などして過ごしました。
毎日、飲み物持ってちびちび飲みながら動いていたはずですが、それでも体が水分を
欲していまして、飲んでも飲んでも飲み足りない気がしました。明日からは少しばかり
気温が下がる予報ですが、引き続き、熱中症厳重警戒で行動いたしましょう。

記事の方は5/13に職場の回りで撮ったトベラの花と道ばたの草。

190804_n_zekisho1.jpg

まずは五月と言えばのニワゼキショウ。ピンクの花がたくさん咲いていました。
職場そばの道ばたの草のおまけは、翌日に撮った実家の庭の花。









5月の道ばたと言えば、ニワゼキショウ。星の形のお花が道ばたの背の低い草の間に
見え隠れするようになると、5月だなって思います。

190804_n_zekisho2.jpg

晴れた日に開くお花は白とピンク。

花の色は全く違うけれど同じニワゼキショウです。

190804_n_zekisho3.jpg

アヤメ科ニワゼキショウ属の多年草。故郷は北米で明治の頃渡来。

お花を裏から見た時に、見えるストライプがちょっと好きですねぇ。

190804_n_zekisho4.jpg

写真に撮るの大変だけど(^m^)。5月はアヤメ科のお花が次々咲く季節だけれど、
こんな小さくて、アヤメっぽくないお花も咲くんですよ。



道ばたよりは花だんの雑草として咲いて居る方が多いかな。

190804_m_katabami.jpg

こちらのお花はムラサキカタバミ。カタバミ科のお仲間は、だいたい繁殖力も
生命力も強めだけれど、この花はあんまりはびこりすぎないところが良いですね。



比較的最近、ちょっとした草地に幻のように群生しているのを見かけるようになった
こちらの茎の長いお花。

190804_m_unran1.jpg

見えます?細長い葉っぱの方じゃなくて、その前の細い茎に咲いて居る紫の花ですよ。

これはマツバウンラン。

ゴマノハグサ科の一年草。同じゴマノハグサ科のウンランという小さな花を咲かせる
多年草に似ていて、葉っぱが松葉のようだから。

190804_m_unran2.jpg

ウンランは日本の海辺に生える背の低い草ですが、マツバウンランは北米原産の
帰化植物で、ひょろっとしています。園芸種のリナリア(姫金魚草)にも似ています。
あんまり目立たないけれど、気がつくといつの間にか大きな群落になって居る…
そんな草です。



同じ松葉でも、こちらは花だんのお花、マツバギク。真夏に咲いて居るイメージですが、
5月から咲いていたんですね。

190804_matubagiku.jpg

肉厚の葉っぱで、どんな暑さにも負けずに咲き続ける元気カラーのお花です。街路樹の
根元にゲリラ植樹されていました。



それから、これも「木に咲く白い花」のひとつ、トベラです。

190804_tobera1.jpg

海岸によく生える常緑低木。枝先に輪生状に集まったつややかな葉っぱが特徴的。

お花は、白く咲いて、黄色く変化します。

190804_tobera2.jpg

オスの木とメスの木に分かれるタイプ(雌雄異株)です。花は良い香りですが、花の後に
実る実が、割れると中から強い匂いを放つタネが出てきます。これを柊とイワシの様に
扉に飾って魔除けにしたので、扉の木がなまってトベラになったとか。

190804_tobera3.jpg

あ、ハナアブちゃんが来てますね。ホソヒラタアブちゃんでいいのかな?
スマートで可愛いね。

さてこれはおばなかな?めばなかな?

190804_tobera4.jpg

拡大してみると…おしべに花粉がいっぱいついているからこれはおばなかな?

まぁ、だいたい、たくさん咲いているのはおばなで、

190804_tobera5.jpg

花数が少ないのがめばななんだけど、

こちらのおしべは花粉がついてないし、めしべの子房がしっかりしているから

190804_tobera6.jpg

めばなかな?  う〜ん、ちょっと自信ないけど。

190804_tobera7.jpg

5月に花咲いて、実が割れるのは秋の終わり。また、写真に撮れるかな。
これで5/13に仕事場の側で撮ってきた写真はおしまいです。



ついでに、翌日、実家の庭で撮った写真もおまけにつけておきます。

190804_m_tuyukusa1.jpg

これはムラサキツユクサ。色水遊びに使った覚えのある懐かしいお花。
ツユクサ科の多年草。故郷は北米。

190804_m_tuyukusa2.jpg

長い間このデザインのお花しか有りませんでしたが、
最近白花とかピンクの花とか、色んな品種が見られるようになりましたね。

190804_m_tuyukusa3.jpg

ツユクサ科のお約束、3枚の花びら。のぞくとおしべの花糸がとっても毛深いくて
ふわふわです。これから梅雨が明けるまで、咲いててくれるかな。



それから、いつの間にか庭に入り込んでいてマンネングサ。何マンネングサかは、
ちょっと解らないんですが、とっても葉っぱの細かい種類です。

190804_mannen_g1.jpg

可愛いから、草むしりの時も、積極的には抜かないの。

もりもり育ってもグラウンドカバーぐらいにしかならないし、セダムの仲間は
好きだから。

190804_mannen_g2.jpg

お花はみんな同じ、星の形の黄色いお花。

190804_mannen_g3.jpg

ちっちゃいけどね。

そういえばこの花、茎の先で枝分かれして花を咲かせるタイプだったのね。

190804_mannen_g4.jpg

知らなかったわ。保護したのが効いたのか、今年は大きめの群落に育ちました。
まだまだ大きくなっても良いからね。


実家に庭ではそのほかにも、相変わらず、

190804_himefuro.jpg

ヒメフウロとか…

ヒメツルソバも咲いて居ました。

190804_h_turusoba.jpg

こちらはいくらでも増えるので、見苦しくなってきたと思えばばりばりむしってしまうん
だけど、あっという間に復活します。お金にならないものは良く増えます。


そうそう、アカバナユウゲショウも咲き始めました。モモイロヒルザキツキミソウと
同じ、マツヨイグサの仲間です。

190804_a_yugesho.jpg

マツヨイグサの仲間と言えば夏の花ですよね。これから冬まで、咲いては実を結んでを
繰り返します。



この記事最後は、ご近所のバラの花。

190804_bara.jpg

毎年、見事に咲かせていらっしゃるお花です。黄色とピンクの割合がちょうど良いです
ねぇ。綺麗だわぁ。




次回は5/15に撮ってきた写真をご紹介。あちこち行ったんですが、まずはご近所の
花だんを一回りしてきた時の写真から。




posted by はもよう at 23:07| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: