2019年08月28日

キツネアザミの綿毛

ありゃ、また日付をまたいじゃいました8/27の日記のつもりです。
今日も不安定なお天気と聞いて部屋干しして出かけましたのに、思いの外晴れました。
残念です。我が家上空に雨雲は来なかったけれど、空気は若干湿って蒸し暑かったです。
気温が落ち着いて、セミも夜は鳴かなくなり、代わりに秋の虫の声が聞こえるように
なりました。最高気温は異様に高くなっても、お盆を過ぎると朝晩が涼しくなるのは
変わらないようでありがたいです。ただ、週間予報の遠い苞に並んで居る最高気温34℃
の行列が気になります。また、猛暑襲来?もう、十分だよねぇ。

記事の方は5/26に近所の公園をおさんぽしてきた時の写真から。

190827_hanai_b.jpg

雑木林の林床でお花を撮り損ねた小さな草を見つけました。ハナイバナ。もう、お花が
終わって実になっていました。ちょっと残念です。






前回のおさんぽではヒメヨツバムグラを見たはずなんだけれど、今度見たこれは…

190827_yotuba_m.jpg

ヨツバムグラの方かしら?並ぶ4枚の葉っぱがほぼ同じ長さで、幅が広めだから。



地面からゆらゆらと立ち上がったのは、スイカズラの幼植物。

190827_suikazura.jpg

丸い葉っぱを重ねて…可愛いです。


木によっては500年も生きると言われているカヤの木も、一年中変わらない

190827_kaya.jpg

常緑樹のカヤの木。新芽は柔らかそうな黄緑色です。



花木が並ぶあたりで、素敵なお花をたくさん咲かせていた豊後梅とアンズ。

190827_bunngo_anzu1.jpg

見上げてみたら、枝に緑の若い実がいっぱい付いていました。

190827_bunngo_anzu2.jpg

秋を待たずに熟します。また見に来よう。



近くにあったのはユスラウメ。こちらも、すぐに実ります。

190827_yusuraume.jpg

色付く過程が、とっても綺麗なんですよね。



お花がちょっと遅くに咲いてヒメリンゴはこんな風。

190827_h_ringo.jpg

こちらはのんびり色付いて、赤くなります。



絞りの花を楽しんだハナモモの枝に実がつきました。

190827_momo.jpg

たくさん付くけれど、八百屋さんで売っている桃の様にはなりません。




それから、このさくらんぼみたいなのはハナカイドウの実。

190827_hanakaidou.jpg

さくらんぼみたいに美味しそうには…なりませんが、ちょっと赤くなります。




コブシのそっくりさん、タムシバです。

190827_tamusiba.jpg

お花の後、実の準備は出来たけれど、コブシと違ってあんまりちゃんとした実に
ならないです。



草むらに気の早い朝顔の花。

190827_k_hirugao.jpg

コヒルガオです。ちょっと大きいヒルガオはもっと真夏に咲きますが、コヒルガオは
ちょっと早い5月の終わりに咲き出します。



クサイチゴの実、また見つけた。

190827_kusaitigo.jpg

可愛いなぁ。



見上げると色んな木の枝が交差して、色んな葉っぱが目に飛び込んできて。

190827_zokibayasi1.jpg

雑木林は楽しいところです。

これからおさんぽしていく先です。

190827_zokibayasi2.jpg

緑の葉っぱもまだまだ若々しくて、初夏は1年で一番好きな季節です。



ここでもまた、綿毛になる草を見つけました。

190827_kitune_a1.jpg

ほら、何でしょう。今までとはちょっと表情が違いますよ。

これはキツネアザミ。あざみそっくりだけれど、トゲがないので、キツネにだまさ
れた気がするので、キツネアザミ。

190827_kitune_a2.jpg

他のアザミたちとは別の属に分類されています。

でも、トゲがない以外はそんなに違わないように見えるけど、属をわけるほどの違い
なのかなぁ。

190827_kitune_a3.jpg

特に綿毛なんかは、ほぼアザミと一緒です。

ふわふわっとほどけるように広がる綿毛は放射状に広がった繊維から、鳥の羽みたいに
細かく枝分かれしていてとっても綺麗。

190827_kitune_a4.jpg

最近、あんまりいい被写体に出会えていないけれど、とってもフォトジェニックな
綿毛です。

2006/ 6/16付 「初夏の綿毛」



雑木林の林床に敷き詰められたように咲いて居た黄色いお花。

190827_hebiitigo1.jpg

この日は赤い実になっていました。

一面のヘビイチゴ。

190827_hebiitigo2.jpg

ちょっと近づいて、赤い水玉。

もっと近づいて…

190827_hebiitigo3.jpg

あんまり美味しくないって言う話だけれど、可愛らしいイチゴが実りましたよ。



ヘビイチゴのお隣はアイイロニワゼキショウ。

190827_a_niwazekisho.jpg

まだまだ咲いています。

反対側のお隣は…

190827_m_sagigoke.jpg

ムラサキサギゴケ。やっぱりまだまだ咲いています。


こう言う、その辺にたくさんある、グランドカバーに好適と思える草は、庭造りをする
方には受けないのかしら?およその国の園芸品種じゃなくても、可愛らしいと思うんだ
けどなぁ。あ、でもそれじゃぁ、ただ雑草が生えてるだけにしか見えないかぁ(^m^)。


雑木林の下の土手。
4月にたくさん咲いていた白い花はクサイチゴだったけれど、

190827_dokudami1.jpg

5月の末にたくさん咲いて居た白い花は

ドクダミ。

190827_dokudami2.jpg

咲き初めは初々しくて可愛いですね。


5/26のおさんぽ、まだまだ続きます。



posted by はもよう at 01:10| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: