2019年10月03日

アオギリとコミカンソウ

今日もまた、暑かったです。湿度が高かったかな。気温はそうでも無いのに動くと
とたんに汗だく。いや、もう、10月ですよ〜。いい加減にしてください〜と、
誰にとも無く苦情を言いたい朝でした。午後になると風が出て、ちょっとだけ過ごし
易くなりましたが、勢い余ってどこかの雨雲を呼んで来ちゃったりして、とほほ。
明日は通勤の時間帯に雨風強まる予報です。頑張りましょう、とりあえず(^^A)。

記事の方は7/15のおさんぽの続き。
隣町の公園でお目当てのヤマユリを眺めての帰り道。最近ちょっとご無沙汰とは言え
通い慣れた道です。毎年眺めてきたものをちょいとチェックしながら歩きます。

191003_mitibata.jpg

道ばたで見かけた 花と葉っぱと水玉をもうちょっとご紹介します。






帰り道の道草は、黄色いメマツヨイグサ。最近ではこのサイズのマツヨイグサは
大抵メマツヨイグサで、オオマツヨイグサはとんと見かけなくなりましたね。

191003_m_matuyoi_g1.jpg

この日は雨だったので、昼間でもお花が閉じきらなかったようです。

191003_m_matuyoi_g2.jpg

故郷南米を飛び出して、世界中で帰化し放題。お仲間も次々に送り込み放題。
そこそこしたたかな草なのかも…しれません。



地面には草地が好きな小さなキノコ。

191003_kinoko.jpg

可愛いのが並んで居ました。



雨をたっぷり含んだエノコログサの穂。

191003_enokoro_g1.jpg

道ばたの麦秋が終わって、これからは秋に実る草の穂が目立ってきます。

191003_enokoro_g2.jpg

道ばたにずっとエノコログサの列。可愛いな。



帰り道に立っているアオギリの木。

191003_aogiri1.jpg

ユニークな花と実の出来方を観察した木でも有ります。
数年前に強剪定されて以来、しゅっとした細身の樹形になりました。

クリーム色に煙って見えるのが、お花です。

191003_aogiri2.jpg

簡単な造りの小さなお花が、それはもう、どっさり咲きます。たぶん、蜜もたくさん
出るんでしょうね。ちょっと大柄でおとなしいクマバチが良く来ています。

もうちょっと詳しく見ると、お花には黄色っぽいのと赤っぽいのがあります。

191003_aogiri3.jpg

バナナの皮がくるりとむけたようなあれは花びらでは無く萼で、黄色から赤へ
色変わりします。

おばなとめばなが咲く木で、

191003_aogiri4.jpg

にょきっと突き出た先が丸いのがおばな。丸いのはおしべの葯がぎゅっと固まったもの
です。

突き出した先にまたもう一回、にょきっと出ているのがめばな。

191003_aogiri5.jpg

あの丸いところに、後で実になる子房が5つ 向かい合って付いていて、受粉が済むと
それぞれが独立して大きくなり、手袋のようになり、お豆のさやのようになり、
それが開くと葉っぱの縁に干からびたお豆がくっついているような、とてもユニークな
実になります。

興味のある方は、観察結果をまとめた ↓ 過去記事をどうぞ。

2009/ 8/10付 「アオギリの袋果裂開」



道ばたで水玉がよく似合う葉っぱと言えば、このマルバヤハズソウ。

191003_m_yahazu_s.jpg

だいたいマメ科の葉っぱは水弾きが良くて、ころころの水玉がついて可愛いんだけれど、
これは格別です。赤紫のお花がしていればさらに良かったんだけれど、この日はまだ、
出たばかりの葉っぱのみ。



マルバヤハズソウの葉っぱのまん中に咲いて居たのはムラサキツメクサ。

191003_m_tumekusa.jpg

これだって、とびきりだけれど。この間も載せたからなぁ。



次の毎年眺めた来たものは、こちら。

191003_komikan_s1.jpg

地面に茶色っぽいものが散らばっているようなこちらは、とある草の群生地。

うずくまって地面をとるとこんな感じ。

191003_komikan_s2.jpg

散らばっていた茶色っぽいものは花殻とかではなくて、葉っぱでした。

ご一緒している緑色の葉っぱは、細長いのがイネ科の草の葉。丸っこいのがさっきの
マルバヤハズソウ。

191003_komikan_s3.jpg

そして茶色っぽいのこそが、毎年眺めてきた

コミカンソウの芽吹きたての葉っぱ。

191003_komikan_s4.jpg

ポップなデザインの葉っぱにきらきらの水玉付き。ああ、可愛い。
いつもならこのあと、葉の付け根に咲くおばなめばなとか、茎の下に並ぶ極小の
ミカンみたいなオレンジの実を写真に撮るんですが、今年は撮りに行かれませんで
した。残念だったな。良かったら過去記事、見ていきます?

2014/ 8/31付 「コミカンソウの花」
2014/ 9/14付 「コミカンソウの実」

2005/ 9/11付 「コミカンソウ」 基本情報



この場所、こんな水玉自慢の草も生えてます。

191003_sugina.jpg

ツクシの大元、スギナです。春先の露を宿した姿も可愛かったけれど、梅雨時にも
こんな感じになるのね。



この時期の道ばたの赤い花はこれ、アカバナです。

191003_akabana.jpg

アカバナは赤い花か、赤い葉の菜か。ほら、あちこちの赤みが差しているの解ります?
葉っぱも真っ赤になるんですよ。


それからこれ、雑草の代名詞、どこにでもあるシロザです。

191003_siroza1.jpg

改めて見たことなかったけれど、水玉がころころついてて綺麗でした。

191003_siroza2.jpg

夏に運良く大きくなった株は、秋に綺麗に紅葉します。また見られたら良いな.


今回のところはこの辺でひとまず区切りとします。次回はまたこの続きから。
まだもうちょっと、雨の日の花や葉っぱの写真があるんですよ。



posted by はもよう at 23:34| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: