2019年10月14日

丸葉朝顔と縷紅草の花

昨日は実家へ行って来ました。台風が来る前は、高潮で下町に大きな被害が出るの
じゃないかと言われたりもしましたが、幸い、何事もありませんでした。日曜日は
台風一過の抜けるような青空で、暑いくらいでしたが、今日、月曜日は雨でちょっと
肌寒いくらいです。午前中、いつもおさんぽしている公園を一周してきましたが、
2本並んで立っていたカロリナポプラが1本倒れて切り株だけになって居ました。
シンボルみたいに思っていたのでとても残念です。それでも、風の被害に関して
だけは15号の時よりは軽かったようです。雨の被害の方は、公園には影響は無かった
ものの、各地の河川にはまだ数日残るようです。どちら様もくれぐれもお気を付け
ください。

記事の方は8/12のおさんぽの記録。まずは自宅側のフェンスでアサガオをパチリ。

191014_m_asagao1.jpg

最終目的地はいつもおさんぽしている公園なのですが、その前にちょっと寄り道。









アサガオへ行く前に、これ、自宅の側で咲いて居たシンテッポウユリです。

191014_s_teppou_y.jpg

清楚な白百合ですが、タネをこぼしたら根茎を太らせることなく、すぐ翌年には
花を咲かせることが出来るので、あちこちで群落を作って咲いている外来種のユリ
です。台湾のタカサゴユリと日本のテッポウユリの中間種と言われていて、お盆の
頃、高速道路の路肩などで群生しているので、見かけた方も多いことと思います。



それからちょっと歩いて…、フェンスにからんだ朝顔の花です。

191014_m_asagao2.jpg

絞り模様で綺麗ですね。花によって模様の出方が違うのも楽しいところ。

191014_m_asagao3.jpg

でもってこれ、小学生の頃育てたあのアサガオとはちょっと違います。
葉っぱは丸くて、葉も花も小振りなこれはマルバアサガオ。つぼみは上を向き
若い実は下を向くのが特徴の1つ。…ってか、これはもう熟して今にもこぼれ
そうな実ですね。

191014_m_asagao4.jpg

元園芸種として渡来したし、今も園芸店で売っているようですね。色も柄も
多彩で、絞り柄だけでなく、こんなに綺麗な青いのも咲いてました。

191014_m_asagao5.jpg

絞りの花より大きめなお花のこれも、丸葉でした。

191014_m_asagao6.jpg

最近、色んな種類の朝顔が入ってきて、育てられているので難しいです。
西洋アジサイ…とか言ってお茶をにごしておいた方が良いかも(^^;)。


昔ながらのアサガオに出会うとほっとしたりします。

191014_asagao.jpg

同じように青いのに、先の2枚とは葉っぱがぜんぜん違うんですよ。



それから、今年はこのフェンスにルコウソウが仲間入りしていました。
熱帯アメリカ原産のヒルガオ科のつる性多年草。

191014_rukouso1.jpg

丸葉とか羽衣とか、他のルコウソウには出会っていましたが、ルコウソウその
ものは、野生化しないので誰かが園芸店から種を買ってくれないと見られなかった
ので、ありがたい限りです。

191014_rukouso2.jpg

紅色の花、糸のように細く裂けた葉っぱ。ルコウソウの「ル:縷」の部分は
糸と言う意味があります。まさに糸のような葉っぱですよね。

191014_rukouso3.jpg

星形で紅色のお花には長い花首が付いています。やっぱり、花粉配り係には
蝶々をご指定かしら?初心者のも育てやすく、良く茂るのでグリーンカーテンにも
お勧めって書いてありましたけれど…この葉っぱで日を遮るのにはどのくらい
茂らせたら良いのでしょうね。




フェンスを離れて歩き出します。次に目をとめたのはミズキの実。

191014_mizuki.jpg

また少し色づきが進みました。



栗のイガも順調そうです。

191014_kuri.jpg

あと半月かそこいらで、熟してこぼさなくちゃならないので大急ぎで成長中です。



道ばたの雑木林から、ヤマハギがこぼれ咲いて居るあたりへ。

191014_yamahagi.jpg

夏から咲くのにはもう慣れました。滝のように枝垂れて花を咲かせています。
これも、旺盛に茂りますよね。


ただ、お花のピークはこっちのコマツナギの方だったかも。

191014_komatunagi1.jpg

前回ご紹介した時よりも花数が増えてる増えてる。もう、爆発だってくらい咲いて
ます。

191014_komatunagi2.jpg

ちっちゃいけれど、綺麗なお花ですよね。



まだ盆休み直前ですけど、クズの花も咲いちゃいました。これも秋の七草の一員です。

191014_kuzu1.jpg

秋の花じゃなかったの?

191014_kuzu2.jpg

旧暦なら、そろそろ秋だからね。なんて、言ったかとか言わなかったとか。



秋に咲く予定のヌルデの枝先にもお花の準備。

191014_nurude.jpg

今年は、残暑が異様に暑すぎて、ずーっと夏気分でしたが、植物はちゃんと秋を
迎える支度をしていたんですね。この頃はまだ、猛暑日連発だったはずですよね。


そして、雑木林からせり出した薮では、猛烈にはびこる蔓草たちが組んずほぐれつの
勢力争い中。

191014_turukusa.jpg

ヤブガラシ、オニドコロ、サオトメバナでもうもみくちゃです。


さらにもっと手前にはアオツヅラフジがからんでいます。

191014_a_tudura_f1.jpg

前の記事でご紹介したようなお花を咲かせて、実を結んでいます。これが黒っぽく
見えるくらいに色付く頃には涼しくなっているかしら?

オギやススキの去年の枯れ葉とアオツヅラフジ。

191014_a_tudura_f2.jpg

夏は蔓性植物が元気な季節ですね。その迫力にちょっと押され気味、息切れ気味の
猛暑、8月中旬のおさんぽの一コマでした。


次回もこの続きの予定です。綺麗な虫さんにも出会ったので良かったら見てやって
ください。




posted by はもよう at 23:23| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: