2019年10月18日

ノブドウの花

あらまぁ、水曜日はまた実家へ行ってお休みしたんだから、木曜日はちゃんとブログ
を更新しようと思っていたのに、結局眠気に負けちゃいました。でもって、昨日、
今日と働いて、また、眠い目こすりつつパソコンの前に居ます。咲き初めはあまり
漂ってこなかった金木犀の香りが今朝、ようやくはっきり感じられました。朝は
びっくりするほど気温が下がり、しかも、今朝は雨。コート着て出かけましたよ。
それにしても、お天気が乱暴で困ります。風邪、引かないように気をつけましょう。

記事の方は8/12に近所のいつもおさんぽしている公園で撮ってきた写真シリーズに
移ります。真夏に見つけた秋の気配。

191018_enokoro_g1.jpg

色々ご紹介する前に、まずは道ばたのエノコログサから。







実るほど頭を垂れる 稲穂ならぬエノコログサ。

191018_enokoro_g2.jpg

道ばたの麦秋で、ムギの仲間たちが実って枯れた後は、イネの仲間たちの季節です
ね。急いで花を咲かせて、実を付けます。スズメのような小鳥たちが、秋の実りを
待ってます。


道ばたで背比べしつつ目立ってくるのが、アレチノギク、ヒメムカシヨモギ、
ヨモギにセイタカアワダチソウ。

191018_himemukasi_y1.jpg

さて、この枝分かれした先につぼみを付けた草はなんだろう。

後ろに写り込んでいた3枚ワンセットの葉っぱは…

191018_a_nusubito_h.jpg

アレチヌスビトハギだけれどね。


もうちょっと進むとお花が開いている株があって、たぶん、ヒメムカシヨモギだな
って思います。

191018_himemukasi_y2.jpg

北米原産、キク科ムカシヨモギ属の2年草。
別名 御一新草、明治草、鉄道草…名前から解るとおりに明治の初期に入ってきた
帰化植物です。草丈1mほどで、頭花にはっきり舌状花が見えるのが特徴。
そっくりさんのアレチノギク、大型のオオアレチノギクの舌状花はほとんど目立た
ないので見分けが付きます。丸いポンポンみたいな綿毛がチャームポイント。



公園は向かうの道ばたにも、ノブドウが茂ります。

191018_nobudou1.jpg

いつも秋に刈られちゃうので、急いで実を付けるのがお約束になって居ます。

191018_nobudou2.jpg

急いでたくさん花を咲かせて、秋を待たずにどんどん実ります。

191018_nobudou3.jpg

あ、8月半ばでもう、こんな色付いているの発見。まだまだ猛暑続きだった
今年の真夏のまっ最中ですよ。気が早いなぁ。


猛烈トゲトゲ、ひっつき虫のセンダングサもすっかりタネを蒔く気満々です。

191018_sendan_g.jpg

こんな茂みには入りたくない。このトゲトゲ、服に付いたら取るの大変です。



公園へ向かう道の後半には赤っぽい穂のムラサキエノコロが目立ってきます。

191018_enokoro_g3.jpg

これなんか、いち早くタネを落として居るみたい。やっぱり気の早いのがあるんだ
なぁ。

前のエノコログサよりも穂の短い可愛らしいのが並びます。

191018_enokoro_g4.jpg

緑、紫、金色のエノコログサの穂が風に揺れます。
実りの秋にはちょっと早いけれど、この草むらの草刈りが早いうちに来るって
知っているのかな。



公園に着いて、入り口近くのスダジイとポプラが見えてきました。

191018_sudajii1.jpg

ずんぐりさんと背高さん。そうそう、触れていませんでしたが、この日のおさんぽは
早朝さんぽ。前の記事のは6時台。公園に着いてもやっと7時頃。

公園に入って見上げたスダジイの枝先には早くもどんぐりが出来ていました。

191018_sudajii2.jpg

すっかり実ったら薄緑色の皮が、バナナの皮をむいた時のようにむけて、中から
生でも食べられ、煎ったらさらに美味しいドングリが顔を出します。

191018_sudajii3.jpg

ほらこっちにも準備中。きっと、里山の子どもたちの格好のおやつになったこと
でしょうね。



園内ではコスモスが咲いていました。ここ数年主流だったキバナコスモスではなく
ピンクと白のコスモスです。

191018_cosmos1.jpg

私、どちらかというとこっちの方が好きなので、大歓迎です。

191018_cosmos2.jpg

ただ、こちらのコスモスは風に倒れやすくて、キバナ…ほどには丈夫に茂らない
そうなんです。今年の乱暴なお天気のせいで、まばらにしか咲かなくて、アングル
選びに苦労します。でもね、やっぱりピンク系のコスモスの方が好きなんですよ。



コスモスの向こうにはオカトラノオ。

191018_k_torano_o.jpg

トラノオと付いては居ても、お花の形で解るとおり、オカトラノオとは違うシソ科の
お花。花の穂だって、とても虎の尾っぽには見えません。名付けの際にもうちょっと
考えてあげても良かったんじゃ無いかしら。



見上げる頭上にはユリノキ並木。

191018_yurinoki.jpg

いや、黄色く色付いた葉っぱはありましたが、さすがに黄葉には早すぎます。
この写真を撮ったのはまだ8/12。それでも古い葉っぱの中にはそろそろ用済みになる
葉っぱがあったのかなぁ。



背の高い木々が並んで日陰の濃いあたり、地面に広がっていた葉っぱは薬草、
ゲンノショウコ。

191018_gen_shoko.jpg

こちらも秋風吹いたら、ぼつぼつと小さくて白い、可愛らしい花を咲かせます。
楽しみですってお伝えするつもりでパチリ。



8/12、暑さを避けての早朝さんぽ。この時点でまだまだ7時半。おさんぽはまだ
まだ続きます。


posted by はもよう at 23:05| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: