2019年10月28日

沢巡りさんぽ

今日もよく晴れて良いお天気でした。仕事場でも昼休みにちょっと回りをさんぽしま
した。10月に立て続けに3回降った大雨の影響は、色濃く土手に残っていました。
当てにしていた草もお花もみんな流されちゃっていました。それでも、倒されながら
も起き上がって、またしぶとく花を咲かせて居るもありました。みんなたくましい
です。明日、ちょっと雨が降ったら、あとはしばらく晴れるそうです。被害地の
後片付けが少しでも多く進みますように。

記事の方は8/25に春先、カタクリを眺めた保護地へ行きました。ものすごく暑かった
けれど、いろいろなものが見られて有意義でした。シリーズの後半に初見のお花も
ご紹介しますが、まずは、目的地に向かう道すがらのあれこれを。

191028_sawa1.jpg

これから歩く道は斜面の下の方。いくつもの沢にかかる小さな橋を渡りながら進みます。
沢ごとに覗き込んで、涼しげな流れを楽しんだり、水辺の草を眺めたり…。見慣れない
町並みに、プチ旅行気分を楽しんだり。








この橋から見えるのは、

191028_sawa2.jpg

ガマの穂と…

191028_gama.jpg

ジュズダマ。

191028_juzudama.jpg

この日はまだ、川の水が少なかったけれど、あのあとどうしているかな?


過去記事↓の日に初めて、このルートを使ってみて、とても気に入ったので
また同じ道をたどっています。

2019/10/ 7付 「芹と薮茗荷」 7/21撮影

191028_yabumao.jpg

前回見たヤブマオもお花の咲く穂が増えてきたみたい。


また、別の橋を渡ると、流れの側にユリの花が咲いて居ました。

191028_sawa3.jpg

細い葉っぱの真っ白なユリ。シンテッポウユリかな?

191028_s_teppou_y.jpg

シンテッポウユリかな。



さらに歩いていくと、とある民家の玄関先に稲が植えてありました。田んぼじゃなくて
バケツ稲みたいなものね。

191028_ine1.jpg

バケツじゃ無いけど。

良く見たらお花が咲いて居ました。

191028_ine2.jpg

今年も豊作になりますように。美味しいお米が食べられますように。(-人-)



その先の道で、今年はまだ撮れていなかった白いサルスベリを見かけました。

191028_sarusuberi1.jpg

青空に映える白い花。素敵だな。

191028_sarusuberi2.jpg

結構 背が低くて、お花が近くて助かりました。


こちらも、今年まだちゃんと撮れていなかったスベリヒユ。

191028_suberihiyu1.jpg

ただ、お花は終わっちゃっていました。

191028_suberihiyu2.jpg

そうだよねぇ、いつもはもっと早い時期に出会って、早朝、開くお花を写真に撮れたん
だけど、残念だなぁ。これ、実かなぁ。



その先の道、家からは遠い生け垣に猛烈に蔓草がからんでいました。

191028_yama_yabu.jpg

主になっていたのは、ヤマノイモとヤブガラシでした。もう、下の木が見えないくらいに
つる草の葉っぱがびっしり。

ヤブガラシの花をアップで撮ってみました。

191028_yabugarsi1.jpg

こんな感じの花の穂に…アロマキャンドルみたいなお花がまばらに付いています。

191028_yabugarsi2.jpg


花びらは緑色で咲いてすぐに落ちてしまいます。おしべめしべの付いている台(花盤)は
最初オレンジ色で豊富に蜜を出し、大型の蝶や蜂を呼びます。やがて花盤はピンク色に
なります。実が付くことはまれです。


すぐ側には猛烈に茂ったノブドウもありました。

191028_nobudo.jpg

ノブドウの花も、オレンジやピンクにはならないまでも、形はヤブガラシとそっくりです。



そのまた向こうにはちょっと大きめのタラノキが立っていました。

191028_taranoki1.jpg

大きな奇数羽状複葉の葉っぱの付け根に、白い花を咲かせていたはずですが…

191028_taranoki2.jpg

残念、すでに若い実になりかけています。お花には間に合わなかったようです。
この小さな粒々はやがて黒っぽく見えるまで色付いて熟します。



手前の低木は、ああ、これ、ニシキギだ。公園にも植えられて居るからよく知ってい
ます。

191028_nisikigi1.jpg

気が早く、紅葉しかけた葉っぱの付け根には、まだ緑色の若い実が粒々と付いて
居るのが見えますね。

191028_nisikigi2.jpg

下の方の枝に付いたコルク質の翼がニシキギらしさを出しています。



さらに歩いていくと…あら?このうちの生け垣、お茶の木だ。

191028_tya1.jpg

葉っぱだけじゃ解らなくても、去年咲いたお花が付けた実が、丸いの3つ、きゅっと
まとめた形をしています。

191028_tya2.jpg

これがお茶の木の実。この緑色のがパカッと割れると中から丸い種が出ます。
可愛いなぁ。


さらに進んでいくと今度は、もと、畑だったのかなぁ…な空き地に白い花がたくさん
咲いていました。

191028_nira.jpg

↑こちらは野良ニラの花。栄養が良いのかな。どっさり咲いて居ました。

↓でもってその奥にはたくさんのユリの花。

191028_takasago_y1.jpg

花びらの外側に赤い線が入って居るから、タカサゴユリかな?

191028_takasago_y2.jpg

あ、うっかりタネを直まきしたら後悔しますよ…の、ミントも咲いていますね。
後悔したんだろうか。




前回のおさんぽで、芹の花や葉っぱがびっしり茂っていた、下の沢に通じる斜面を
覗き込んでみたら、前回はつぼみだったクサギが咲いて居ました。

191028_kusagi1.jpg

まだ咲き始めたばかりですね。

画面左上がクサギ。あとはもう、芹の葉も花も、他の葉に埋もれて見えなくなって
いました。

191028_kusagi2.jpg

生存競争激しそうな斜面です。



この日のこの斜面で一番はびこっていたのが、カナムグラ。

191028_kanamugura.jpg

これからお花の季節を迎えるので、元気いっぱいです。


8/25の写真、たくさんあるんです。まだおさんぽは目的地のだいぶ手前です。
まだ続きますよ。気長におつきあい頂けましたら、幸いです。







posted by はもよう at 22:58| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: