2019年11月27日

イヌコウジュの花

今日も曇って寒い1日でした。久しぶりに平日、ひとりでお休みです。ちょっと
離れたショッピングセンターまで、30分ほど歩いて買い物に行って来ました。
バスに乗りたいところだったんですが、乗りたい時間に走ってなかったもので。
でもってダウンコートとハーフブーツを買ってきました。これで、寒くなっても
大丈夫。嬉しいな。

記事の方は9/15のおさんぽの続き。

191127_yamajino_h1.jpg

雑木林の木陰を歩くおさんぽはまだまだ続きます。これはヒマラヤスギの根元です。





ここは、せっかく伸びたのに刈られてしまったヤマジノホトトギスがあったところ。

191127_yamajino_h2.jpg

葉っぱを出して復活中ですが、秋が終わるまでにお花を付けるところまでたどり
着けるかなあ。



その先の草むらも、一度刈られちゃったけれど、被害の少なかったキンミズヒキが
つぼみを付けていました。

191127_k_mizuhiki.jpg

ああ、良かった。元気に黄色い花を咲かせてね。



その先の草むらにはイヌコウジュ。

191127_inukoju1.jpg

回りの葉っぱとはちょっと違う黄緑色。シソ科らしい立派な萼と小さな花。

191127_inukoju2.jpg

写真に撮るのも大変なくらい小さな花なんですよ。

向かい合ってつく葉っぱも特徴的。

191127_inukoju3.jpg

最近ますます数を増やしています。いっぱい増えてね。
秋が深くなってちょっと色付くこともあります。お花が終わっても萼がお花より
も目立ってなかなか良い風情です。



こっちの可愛いお花はイヌホオズキ。たぶんアメリカイヌホオズキの方です。

191127_a_inuhoozuki1.jpg

このくらい小さい株だと可愛いんですが、結構あっちこっちで大きくなって雑草然と
蔓延っています。

191127_a_inuhoozuki2.jpg

花、実の付け根がくっついているのがアメリカイヌホオズキの特徴なんですって。
アメリカが付かないイヌホオズキの方が、若干、可愛いのでいつも探しているん
ですが、最近はぜんぜん見かけません。会いたいなぁ。



地面にこぼれて踏まれちゃっている木の実。アーモンドみたいでしょ。違うんですよ。
つんつんした葉っぱのカヤの実です。

191127_kaya1.jpg

外側の皮がみずみずしくて柔らかいので、ちょっと押せばタネが出てきちゃいます。

191127_kaya2.jpg

食べられるし、薬用にもされてきたそうですが、あく抜かないととか、味はないとか
まぁ、アーモンドを期待しちゃだめですね。中国から榧子(ひし)としてカヤの実が
輸入販売されているようですが、これはシナガヤの実だそうで同じものじゃないそう
です。



その先、イヌツゲの大株があった跡地なんですが、ここにもヤマジノホトトギス
が、芽を出していたんですよ。今年はここのだけ、運良く草刈りを免れてつぼみを
付けているので、行くたびに確認しています。

191127_yamajino_h3.jpg

9/15も無事を確認しました。そろそろ咲いちゃうかもねぇ。また見に来なくっちゃ。



さらに進んで、ドングリの木がたくさん立っている場所へ。コナラもクヌギも並んで
居ます。

191127_kinoko1.jpg

こういうところって、きのこがよく生えますよね。

191127_kinoko2.jpg

まぁ、最近はこればっかりで、見た目の変わったのはでなくなりましたが。

191127_kinoko3.jpg

前回見たのと、一緒かなぁ。



その先で、素敵なブルーグレーの羽を見つけました。

191127_onaga.jpg

これはギャーギャーうるさいオナガの羽ですね。夏が終わると目立ち始める中型の
鳥さんです。



またまた撮ってみましたヤハズソウ。

191127_yahazu_s1.jpg

結構お花が大きめだったので。

マルバヤハズソウ並みの大きさじゃない?なんて思ったので。

191127_yahazu_s2.jpg

余所で眺めるヤハズソウはお花が咲いているのがようやく解る程度でしたが、

191127_yahazu_s3.jpg

ここの株はちゃんと蝶型花が解ります。

191127_yahazu_s4.jpg

茎もまっすぐ上に向かって伸びるタイプで、マルバさんに近い印象があって
ヤハズソウっぽく無いなぁって思うんですよね。ま、葉の先がへこんでないので
マルバヤハズソウの特徴は出てないんですけどね。



側の枝にトンボが止まっていました。

191127_tonbo1.jpg

運良く逃げません。気が変わらないうちにそうっと撮って来ました。

この間シオカラトンボが撮れたから、メスのムギワラトンボかなと思って検索
しましたが、尻尾が黒くないし、どうやらアキアカネみたいです。

台風のあと飛び始めた赤とんぼ。
ムギワラトンボと思って撮っていたなんて、我ながらびっくりです。

191127_tonbo2.jpg

オスでこれから赤くなるのかなぁ。それとも、メスで赤くならないのかなぁ。



その先の草むらに、一面に同じ葉っぱが広がっているのを見つけました。

191127_yabumame1.jpg

蔓性のヤブマメの葉っぱです。

191127_yabumame2.jpg

菱形っぽい3枚ワンセットの葉っぱ。つぼみか葉っぱの芽も見えます。

191127_yabumame3.jpg

群落の全体を眺めるとこんな感じ。やっぱり繁茂力が半端ないなぁ。
青紫のお花が咲くんですが、撮りに行かれると良いな。



この記事最後は樫の木です。

191127_kasi1.jpg

細長い葉っぱはシラカシみたいなんだけれど、葉の先にだけ付いた粗めの鋸歯は
アラカシっぽい。どっちつかずの樫の木ですが、どんぐりの実り具合がだんとつに
多いんです。

191127_kasi2.jpg

横しま模様のはかま(殻斗)の丸っこいどんぐり。可愛いでしょ。




雑木林を出て水辺の方へ。おさんぽはまだまだ続きます。
良かったらまたおつきあい下さい。


posted by はもよう at 19:34| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: