2019年11月29日

開花遅れのヒガンバナ

久しぶりにすっきりと晴れました。明るい日差しを浴びたら、今季一番の冷え込みでも
暖かいような気がしました。春先にはパステルカラーだったお山も秋らしい色になって
いました。11月もあっという間に終わっちゃいますね。早いなぁ。

記事の方は9/20に仕事場近くの土手へ、ヒガンバナの咲き具合を見に行った時の写真から。

191129_higan_b01.jpg

いつもならもうとっくに満開になって居るはずのヒガンバナ。今年はいつになく開花が
遅れていました。





ちょっとその前に、駅のツルボをご紹介。

191129_turubo1.jpg

これ、駅のホームの脇のちょっとした透き間に土がたまっているところです。

春には確かブタナの黄色い花が並んでいたはず。でもってこの日はツルボの紫の花が
咲いて居ました。

191129_turubo2.jpg

一列に並んで。しかもその列、随分長いです。

あ、コンクリートの壁の上の方にも咲いて居る。

191129_turubo3.jpg

ちょっと離れたホームで電車を待っているので、そばまで行って接写出来ないんですが、
何か面白いなぁって思ったので載せておきます。



でもって、電車に乗って仕事場のある町へ。もちろんお仕事優先ですが、お昼休みに
ちょっと土手まで行って来ました。

191129_k_mokusei.jpg

こちらも大幅に開花が遅れているキンモクセイ。この日、ちらっと咲き始めたんですが、
あっという間に満開になって町に香りが漂う…って言う展開にはなりませんでした。


土手の方へ降りて行くと、今度は接写出来たツルボの花。

191129_turubo4.jpg

まだつぼみがたくさん残ってますね。土手には、先ほどの駅のホーム脇ほどは密集して
いません。たまにぽつりぽつりと咲くくらい。



ヒガンバナは、9/20の時点でもまだほとんどがつぼみでした。

191129_higan_b02.jpg

まぁ、9/8の台風でこの辺もかなり増水しましたし、土手にも水が流れましたから、
うっかり咲いていなくて良かったかもしれません。

191129_higan_b03.jpg

やっと見つけても一輪咲いていたら良い方。

土手の上の白いヒガンバナもつぼみがほとんどでした。

191129_higan_b04.jpg

土手の上の方のヒガンバナもほぼつぼみ。

191129_higan_b05.jpg

遠くに川の流れが見えてます。

あぁ、ここもつぼみ。

191129_higan_b06.jpg

草むらにちらっと見える紫色は、前回のおさんぽでご紹介したナンテンハギです。



11/21付の記事でご紹介した時には赤紫色だったナンテンハギの花が

2019/11/21付 「ナンテンハギの花」

だいぶ青くなって居ました。
例年なら、ヒガンバナの花が終わる頃から咲き始めるのに、今年は順番が逆になり
ました。お互いに、開花スイッチを作動させるきっかけが違ったようです。

赤紫色に咲いたナンテンハギの蝶型花。

191129_nanten_h1.jpg

日に日に、赤みが抜けていく様に色変わりします。

191129_nanten_h2.jpg

見る度に表情が違うので、出来ることなら毎日観察したいお花です。

191129_nanten_h3.jpg

素敵な色合いです。自然の色ってどうしてこんなに綺麗なんでしょうね。

191129_nanten_h4.jpg

でも、今年は水色になるところまで追いかけきれなかったのが残念です。
来年もまた、見に行こうと思います。



土手の草地、近くに白い彼岸花が咲いていました。

191129_higan_b07.jpg

白花種はタネが出来るのだそうです。タネが出来ない赤花種を凌駕するほどには
増えませんように。



土手から上がって花だんの方を回ります。
花だんに咲いて居たこのピンクのお花は、クルクマ。クルクマ・シャローム。

191129_curcuma.jpg

別名:クルクマ・アリスマティフォリア、ガーデンクルクマ
東南アジア原産、ショウガ科クルクマ属。
7月から10月頃にかけ花を咲かせる球根植物で、漢方のウコンと同じ仲間ですが、
こちらは観賞用に育てられている品種です。目立つピンクの部分は花びらではなく
苞です。



残暑はまだ容赦ないですが、秋の花シュウメイギクも咲き始めました。

191129_shuumei_g.jpg

人間はまだ夏服が手放せ無かった頃ですが、お花は秋を感じていたようです。



こちらはタイワンホトトギス。

191129_t_hototogisu.jpg

「青龍」とかかなぁ。



土手はほとんどつぼみでしたが、花だんには真っ赤なヒガンバナが咲いて居ました。

191129_higan_b08.jpg

どこが違うのかなぁ。川の水をかぶらなかったからかなぁ。日当たりが良かったから
かなぁ。

191129_higan_b09.jpg

どの花もまださ咲き始めたばかり。急いで咲かないとお彼岸が終わっちゃうよ。


この記事最後は野良ニラの花。

191129_nira.jpg

匂いはニラなんだけれど、お花は本当に綺麗。



土手の彼岸花が満開を迎える頃には10月になっていましたっけ。そのあとはまた
度重なる台風に大雨。今年は秋は、いつになく雨が多かったですね。冬はどうなる
のかな?あんまり荒れませんように(-人-)。あ、でも、雪の日は…ちょっとは
あってもいいかな。


posted by はもよう at 23:10| Comment(2) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
わたしもseesaaブログの表紙が変わっていて驚きました。
パソコンが調子悪いので、
とうとう壊れたかなと思っちゃいましたよぉ
7なんで、もう新機は買ったんですが、
切り替えが大変です。

ナンテンハギ、きれいですよね。
青系は好きな色で見とれます。
何とも言えないグラデーションですね。

駅の待ち時間にツルボのお花を見ることができるなんて
贅沢ですねぇ
それも群生していますよぉ〜 すごい!!
Posted by ブリ at 2019年11月30日 16:39
ブリさん、こんばんは。

ねぇ、seesaaブログの表紙、変わってびっくりですよね。
新しくブログを始める人用の入口はすぐ解ったけれど、
すでに始めている人用の入口が見つからなくて慌てましたよぉ。
私のも7だし、最近調子が悪いし、どうしよう。
お引っ越しする暇も取れるかなぁ('、'?)。

ナンテンハギ、綺麗でした。
青のグラデーションはとっても素敵ですよね。
私もしばし見とれました(〃▽〃)〜*。

そうそう、駅のあの野草ベルト。最近気づいたんですよ。
まぁ、田舎の駅ってことですよね(^^a)。
田舎で良かった。
春は確かブタナが並んで居たと思います(^^*)。

Posted by はもよう at 2019年12月02日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: