2019年12月10日

紫苑の花

夕べは一晩中良く降りましたね。おかげさまで朝はあまり冷え込みませんでした。
雨雲が放射冷却を妨げてくれたようです。で、日中は回復して日差しもある…と
天気予報で言っていたので、外干しして出かけましたが、残念、1日中どんより曇り
空でした。気温はあまり冷え込みませんでしたが、日差しがないので暖かみは感じ
られませんでした。明日はもっと気温が上がる予想です。ほんとかな?

記事の方は10/6に近所の花だんを巡って撮ってきた写真から。

191210_mokkoku1.jpg

まずはモッコクの赤い実。









一年中あまり変わらない常緑樹で、樹形も荒れず、虫も付かず丈夫で長命。お手入れ
簡単で手間いらず。庭に植えるのに最適と言うことで「庭木の王」とも言われる
ツバキ科の常緑低木モッコク(木斛)です。

191210_mokkoku2.jpg

そのモッコクは梅雨時に奥ゆかしい香りの花を咲かせ、秋には赤い実を付けます。
たくさん実りましたね。このあと、びりびりに破けて中のタネをこぼします。
つやつやの葉っぱも、うつむいて咲く花も上品なんだけど、タネのこぼし方だけは
ワイルドなのよねぇ。



それから、イチョウ。

191210_ityo1.jpg

まだ色付く前の10月のイチョウに、あ、あ、ああ、見つけちゃった。

191210_ityo2.jpg

たわわな銀杏。踏んじゃうと臭いんだけど、煎って食べると美味しいんですよね。
これから落ちてくるんだなぁ。気をつけなくっちゃ。

あ、ちなみに、この木のうろに、今年はミツバチが巣を作りました。今までなら誰か
しらが退治しちゃうんだけれど、今年は、気をつけての張り紙までして見守っています。
夏にはスズメバチが偵察に来ていたけれど、ミツバチみんなで羽をならして威嚇して
いました。…ああ、ってことは日本ミツバチかな?



その先の花だんにはカラーリーフが並んで居ました。

191210_coleus.jpg

シソ科のコリウス。色んな色の葉っぱがあって集めている人も居るそうですね。
葉っぱ赤いけど、ポインセチアじゃないんですよ。



それからまたちょっと歩いて…、この日の目当て、シオンの咲く花だんへ。
人家の庭で咲いているのを見かけて、写真を撮るならあの花だんだ。急がないと花期が
終わっちゃう〜と言うことでやって来たんです。

191210_sion1.jpg

ここのは、あんまり背は高くないんだけれど、この紫色、シオンですよね。

191210_sion2.jpg

ほら、半分は黄色が抜け始めてます。ギリギリ間に合ったかどうかって状態です。
でも、咲いてて良かった。

花の横顔です。キク科はこうして総苞をチェックしないと名前調べが出来ません。

191210_sion3.jpg

ほらこの、お椀型にはならないすんなりした総苞がシオン属のものです。

草丈は高く、2mほどになることも。

191210_sion4.jpg

日本の人が好みそうな紫色ですね。

191210_sion5.jpg

記事にするために検索していたら、シオンは薬草として利用されてきたと書いてあり
ました。へぇ、綺麗なだけじゃないんだ。

そばに有った別の紫色の株。

191210_sion6.jpg

ほんのちょっとデザインが違うような気もしますが、シオンですよね。



シオンの並びにはシュウメイギク。

191210_shuumei_g1.jpg

白い花でしたね。

191210_shuumei_g2.jpg

茎の描く曲線がイイ感じ。



それから、この日はハギの花もたくさん咲いていました。

191210_hagi1.jpg

ススキとハギで1枚。まさに日本の秋って感じでしょうか。

ここには白い花の咲くハギが植えられて居ます。

191210_hagi2.jpg

あ、ついでに写り込んでいるのはトキワマンサクの赤い葉っぱです。

191210_hagi3.jpg
綺麗でしょ。毎年楽しみにしているんですよ。

赤紫の花も有りますよ。

191210_hagi4.jpg

ミヤギノハギかな〜?


あとは、紅葉自慢のナツハゼとか…

191210_natuhaze.jpg

これ、盆栽かってくらい小さな株なんです。これから大きくなるのかなぁ。

お隣は、おそらくハイブリッド種のホトトギス。

191210_hototogisu.jpg

園芸品種のひとつだとおもいます。品種名は解らないけど。

1日曇り空で、残暑から急に気温が下がったこの日、ご近所を大急ぎで回って、
これだけ撮ってきました。ようやく秋の花が続々咲いて嬉しかったなぁ。

次回は10/14にアキノノゲシやノコンギクを撮りに行った時の写真をご紹介の
予定です。


posted by はもよう at 23:34| Comment(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: