2019年12月20日

車輪梅と青葛籠藤の実

昨日は眠気に負けました。記事途中で断念です。先ほど、完成させてあげておきました。
続いて今日の分。今日は穏やかに晴れて暖かくなりましたが、明け方近くまで雨が降って
いたので、薄ぼんやり霞んでいました。それでもあと10日ほどの今年のうちに、あれも
これもと欲張って、毎日慌ただしいです。頑張れ、自分p(^へ^)。

記事の方は10/14のおさんぽ最終回。公園で見たものの残りと帰り道の家の近所で見た
ものをいくつかご紹介。

191220_kochia.jpg

まずは公園で見かけた、風に吹き分けられなかったコキア。赤いポンポンみたいで
可愛いな(^v^*)。








コキアのそばには白いコスモスと…

191220_cosmos1.jpg

赤いコスモス。

191220_cosmos2.jpg

まずまず秋らしい色合いになってきたのは池のほとりででもです。



初夏からず〜〜っと咲いてるシモツケの花。

191220_simotuke1.jpg

こちらも綺麗に咲いてます。

191220_simotuke2.jpg

水玉を乗せているのも似合うよね。



公園の出口近くまで来て、見返る桜の綺麗なこと。

191220_sakura1.jpg

しっとりと深みのある紅葉ぶり。

191220_sakura2.jpg

だいぶ赤くなってきましたよねぇ。


ところで、この赤い実、何だと思います?

191220_sharinbai.jpg

色づく途中なんです。色づく途中のシャリンバイの実。
完成しちゃうと黒く見えるくらい濃い紫色の何ですが、途中はこんな感じ。これは
これで綺麗でしょ。


さて、これで公園一周もおしまい。
ふと思い立って、近所の別の場所へ向かいました。

191220_j_yamabosi1.jpg

それは、常緑ヤマボウシがあって…。

191220_j_yamabosi2.jpg

ヤマボウシより、ちょっと遅れて咲いた花が実を結んで、その実が色づき始めて
いましたよ。


それからこの大きな葉っぱの木が有って…。

191220_mitumata1.jpg

春先にはちょっとずつふくらむつぼみを眺めましたよね。

何だか解ります?

191220_mitumata2.jpg

黄色い花を手まり咲きに咲かせるミツマタです。また、年が明けたらにらめっこしに
来ますよ。



そんなこんなの木の近くに蔓草がからみまくっているフェンスがあって…

191220_a_tudura_f1.jpg

そこにアオツヅラフジの実がどっさり付いているんです。

191220_a_tudura_f2.jpg

そろそろ青く色付いたかな?

191220_a_tudura_f3.jpg

結構、上の方にたくさん付いて居るんですよね。あ、ちなみにお隣さんはサオトメバナ
の金色の実です。

あ、運良く近くに1つみっけ。

191220_a_tudura_f4.jpg

ほら、色づきかけの可愛い実。先の方まで実が付いていないのが残念だけれど、綺麗って
ことだけは伝わるでしょう。

191220_a_tudura_f5.jpg

あ、おまけで、猛烈に実ったサオトメバナの金色の実も載せておきます。
すごいわね。これは万葉の昔から、絶えないし、蔓延るわけだわ。




10/14のおさんぽ写真はこれでおしまい。次回は何を見て頂こうかな?



posted by はもよう at 23:24| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: