2019年12月31日

ノコンギクの別の群落

両親の手伝いに行った土曜日の帰り道、うっかり転んで、腰を痛めました(><)。
たいしたことないだろうと掃除や洗濯をしていたら動けなくなりました。湿布貼って
寝てみても回復が遅くて…。ああ、年は取りたくないものです。ちょっと転んだくらい
で、あれこれ計画していたことも流れてしましました。大晦日になってほんのちょっと
回復したので、年末のごあいさつにだけやって来ました。
HPの方もやっつけで更新しました。お正月はいつもどおりのんびり再開ですが、
さらに遅れないよう頑張りたいと思います。では、どちら様もお体を大切に。
良いお年をお迎えください。

記事の方は10/20のおさんぽの続きを挙げておきます。

191231_nokon_g1.jpg

前回のおさんぽの時、あまり咲いて居なかった方のノコンギクの群落、この日は
綺麗に咲いていたので撮ってみました。





こっちの群落の方が歴史は古いんですけどね。

191231_nokon_g2.jpg

古い方が花が咲くのが遅いことも良くあることですよね。

191231_nokon_g3.jpg

秋も進んで、お花の数も減って来る頃、綺麗に咲いた花を撮ろうと思うと
たくさんの虫が写り込みます。

191231_nokon_g4.jpg

こちらは小型のハチかな?

191231_nokon_g5.jpg

こちらの花にはもっと小さい虫が来ています。
小さい花には小さい虫が来るんですが、これも小さい花のうちかな?

葉っぱは痛み気味ですが、お花はたくさん咲きました。

191231_nokon_g6.jpg

こっちの株にはハナアブちゃんが来ています。

191231_nokon_g7.jpg

良く見るタイプのハナアブちゃんですね。

秋深まって、ノコンギクの花の紫色も感じられるようになりました。

191231_nokon_g8.jpg

それにしても、すぐそばに生えているのに、群落ごとに花の姿は変わるものですね。

前回のおさんぽで見かけた、

191231_nokon_g9.jpg

新しい方の群落の花は

花びら(舌状花)が長かったですもの。

191231_nokon_g10.jpg

違う種類の花のようですが、両方のコンギクですよ。株ごとの個性って言うのですかね。



近所で黄色く色付いて居たこの葉っぱ。ヤマノイモ(自然薯)の葉っぱです。

191231_yamanoimo1.jpg

里山の自然薯ハンターは、この時期この黄色い葉っぱに目印を付けておいて、あとで
仲間が集まったら、堀りに行くんですよ。とっても大変だけれど、掘り出したら大手柄
なんですよ。

191231_yamanoimo2.jpg

綺麗な黄色につるにこんなムカゴが付いていたら間違い無しです。あ、人の山の自然薯は
勝手に掘ったらいけませんが、ムカゴなら大丈夫。味は一緒です。美味しいですよ。
最近は八百屋さんでも売っているので、一度お試し下さい(^^*)。



綺麗なオレンジ色のサクラの落ち葉。

191231_sakura.jpg

あんまり綺麗なオレンジ色の1枚はもしかしたら、公園1本しかないウワミズザクラの
葉っぱだったりしないかなぁ。



これ、何に見えますか。誰かが落としたパンケーキ?

191231_kinoko1.jpg

ちょっと無理があるか。もっとパンケーキに似たのもあるからなぁ。

これはきのこです。

191231_kinoko2.jpg

下から見てもオレンジ色のきのこ。相変わらず名前は分かりません。


それからこちらのきのこは傘のまん中がぽんと出ている面白い形。

191231_kinoko3.jpg

傘の端っこはまくれ上がるように反り返って、

191231_kinoko4.jpg

こーんなに開いても傘のまん中の出っ張りは一緒。

191231_kinoko5.jpg

これも個性ってやつですかね。



少し歩いて樫の木の下。

191231_kasi1.jpg

アラカシとシラカシのどっちつかずのあの木の下です。

191231_kasi2.jpg

どんぐりがたくさん落ちていました。



どんぐりの木が立ち並ぶあたりに良くでるきのこはたとえばこんなきのこ。

191231_kinoko6.jpg

白くて大ぶりで、傘の反り返りが直線的でおちょこのよう。

191231_kinoko7.jpg

上から見るとまん中に土が詰まって真っ黒で、深い穴が開いているように見えます。
傘の端っこは誰かにかじられたらしくかけています。きのこを食べる虫も居るんで
すよね。



樫の隣はクヌギやコナラ。

191231_donguri.jpg

丸いクヌギどんぐりに、スマートなコナラどんぐり。今年もたくさんこぼれました。
お山でお腹をすかせている動物さんたちにわけてあげたい実りです。



公園の出口近くにはシャリンバイ。

191231_sharinbai1.jpg

この間は赤い色づきかけの実を撮ったけれど、

この日は黒く色づいた実も撮れました。

191231_sharinbai2.jpg

これが完成形。ちょっとピンぼけだけど。



公園からの帰り道、家の近所の花だんのところでシュウメイギクを見かけました。

191231_shumei_g.jpg

なかなか撮るチャンスがなかったので、思わずパチリ。基本の白です。
可愛いな。



そうそうこの先の花だんで、こんなつぼみを見かけていて、

191231_tubomi.jpg

どんなお花が咲くのか楽しみにしていたんですが、

こんなお花が咲いて居ました。

191231_lycoris1.jpg

ヒガンバナ科のお花ですね。

品種までは分からないけれど。

191231_lycoris2.jpg

色とりどりでしたよ。

191231_lycoris3.jpg

ヒガンバナも良いけれど、こんなお花も良いですね。




その先の花だんには以前もご紹介したハイブリッド種のホトトギスがさらに
豪華に咲いて居ました。

191231_h_hototogis1.jpg

色んな葉っぱとご一緒に♪ ああ、綺麗です。

191231_h_hototogis2.jpg

お花はね、日本の基本のホトトギスにそっくりなんだけど、咲き方が台湾種なん
ですよね。


別の場所では万両の実が赤くなるのを待っていました。

191231_manryo.jpg

千両、万両おめでたい低木です。




さらに歩いていっていつもの大きなイチョウの下。

191231_mitubati1.jpg

じつはこの木、だいぶ前からミツバチが巣を作っているんです。

おとなしいハチとは言っても人通りのある場所です。今までは見つかったら最後、
駆除されてきたんですが、今回だけは掲示をして保護するらしいんです。

191231_mitubati2.jpg

幹のまん中のへこんだところが入り口です。思い切って接写を試みたはずが…
あらら、全く写っていません。拡大してみて分かったのですが、ミツバチは動きが
激しくてぶれぶれな上に、色合いが木の皮にそっくりなんですね。だから、木の皮に
紛れてぜんぜん写っているように見えないんですけど、これでも画面のあちこちに
ミツバチが写っているんですよ。


この木の裏側には、ずっと昔、蜂の巣がつぶされ、セメントでふたをされた場所が
あるんです。年月が経って、セメントの木の間の透き間が出来て、もしかしたら裏の
メインの巣とつながっているかもしれないけれど、こちら側の透き間にもミツバチが
顔を出していたんですよ。おぉ、面白いと思ってカメラを向けた時、偶然、スズメバチが
飛んできました。

191231_mitubati3.jpg

写っているんですよ、小さいけれど。右の矢印のところが裏側の巣の入り口で、
左の矢印のあたりにスズメバチが。

裏口のセメントのあたりから出てきたミツバチが数匹、画面下の方で一斉に羽を振って
スズメバチを威嚇しています。

191231_mitubati4.jpg

大きくしてみましたけど、分かります?

191231_mitubati5.jpg

こうして、何度も何度も威嚇して、

191231_mitubati6.jpg

スズメバチはとうとう飛び去ってしまいました。

すごいところを目撃しちゃったなって思います。スズメバチに抵抗する技を持って居る
のは日本ミツバチだけだそうですよ。この勇敢なミツバチも日本ミツバチだったのかな?
冬になってもうスズメバチの活動しなくなってもミツバチたちは居ましたから、たぶん、
今のところ巣は守れているようです。末永く、頑張れ。



この日最後に、ナナカマドの真っ赤に紅葉した葉っぱを撮りました。

191231_nanakamado.jpg

紅葉自慢のナナカマドですが、なかなか我が家周辺の気候では育たないようです。
細々と枯れそうになりながらも、毎年、頑張っています。応援してるよ。




2回分くらい有りましたが、だいぶ休んでしまったので一度に挙げておきました。
これにて今年の投稿を終わりとさせて頂きます。今年は主婦の最繁忙期に追加して、
腰を痛めてしまったので、新年の再会がゆっくりになったら、…察して頂いて
長い目でおつきあいください。



ではでは、どちら様も良いお年を。




posted by はもよう at 16:02| Comment(2) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
暮れにお腰を痛められたとか・・それは
大変でしたね。しばらく無理はできませんね〜。私も自分の母親の三面鏡を重いのに一人で
持とうとして腰を痛めたことがありました(-_-;)。
どうぞ、くれぐれも無理しないでご自愛下さいね。
記事の方はゆっくり待っていますので・・。
Posted by winc at 2020年01月01日 15:29
wincさん、あけましておめでとうございます。
こちらこそ、本年もよろしくお願いします。

もうね、腰が痛けりゃ何にも出来ませんよ。
大変でした(^^;)。
ようやくなんとか動けるようになりましたが、今度は職場が繁忙期。
頑張らないとなりません。

また、のんびりとおさんぽしたり、記事を挙げたり出来る
ようになるまで、気長にお待ち頂けましたら有りがたいです。

wincさんも、お体には十分ご注意ください。
コメント、ありがとうございました。

Posted by はもよう at 2020年01月05日 15:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: