2020年02月16日

アオダモと紅葉葉楓

昨日とはうって変わって、雨まじりのどんよりした日曜日となりました。晴れたら
写真を撮りに行きたかったのですが、あきらめて家でブログ用の写真の整理など
していました。冷え込みはそれほどではなく、明日はもっと暖かくなるそうですが、
西日本では平地でも雪が降りそうなほどの寒気が南下しているとか。私の居る関東
にも1日か2日遅れでやってくるそうです。暖かかったり、寒かったり、本当に
体調管理が難しいです。しばらくは無理せず、健康第一で過ごしたいものです。

記事の方は2/2のおさんぽ最終回。

200216_y_yanagi.jpg

池のほとりまで歩いてきて、ユキヤナギの茂みを眺めます。この冬は記録的な暖冬で
ユキヤナギの葉っぱも、散って良いのか、まだ付いて居た方が良いのか、迷ったまま
年を越してしまったようです。







ユキヤナギのお隣にはシダレヤナギ。同じようにヤナギと呼ばれてても、あちらは
バラ科の花木。こちらはヤナギ科。

200216_s_yanagi1.jpg

川縁の街路樹になら利用されますが、花は地味です。しかも、日本で植えられて居る
シダレヤナギのほとんどはオスの株。咲くのはおばなばかりの片思い。

200216_s_yanagi2.jpg

そんな花芽も今はまだ堅いまま。葉っぱより前にその、地味な花を咲かせます。
微妙なので気づかないかもしれませんが、花盛りの柳はちょっとだけ黄色みがかって
いて、若葉の季節になると緑が濃くなるんですよ。片思いの柳、今年は気づけるかな?



池のほとりのエリアの奥、この時期くらいしか取り上げられない地味な木が立って
います。

200216_hannoki1.jpg

こちらも水辺の木、ハンノキ(榛の木)です。

まだ寒いうちに花を咲かせます。ひも状に伸びているのがおばなの穂。

200216_hannoki2.jpg

おばなの花の穂の付けにちょこっと付いている、マッチの先みたいな赤いのがめばな
です。

この後、めったに取り上げられないだろうから、もう1枚載せておきます。

200216_hannoki3.jpg

カバノキ科ハンノキ属の落葉高木。沼地に生える数少ない高木。良質の炭になるそう
です。以前は有用な樹だったと思いますが、近年では花粉症の元として話題になって
居たりします。花の後は球果がつきます。ハンノキのお仲間は実の形が似ているので、
それと分かります。



それから、こちらの特徴的な枝の木はそっくりな球果がつくオオバヤシャブシです。

200216_o_yashabusi1.jpg

窒素を地中にとどめておく力があるそうで、この木を植えておくと肥料代わりになる
そうです。荒れ地でも斜面でもよく育角で、斜面の土を固めるのにもよく利用された
そうです。

200216_o_yashabusi2.jpg

ハンノキと同じようにヒモのようなおばなとマッチの先のようなめばなを付けますが、
花が咲くのは4月頃。

200216_o_yashabusi3.jpg

黄緑色でハンノキよりはだいぶ太めのおばなの穂になります。



オオバヤシャブシのご近所さんはマルバアオダモ。

200216_m_aodamo1.jpg

初夏に白い花を煙るように咲かせる、お気に入りの木の1つでしたが、最近、年々樹勢が
悪くなっていて、枯れちゃわないか心配しているんです。前の記事でご紹介したトネリコの
お仲間で、こちらの冬芽もなかなか味が合って良いものです。

200216_m_aodamo2.jpg

冬芽はチャコールグレーのスウェードのような皮を被っています。

頂芽の両脇に丸くて可愛い脇目が付いていて、何かのキャラクターのようでしょ。

200216_m_aodamo3.jpg

丸く残る葉痕が顔に見えてきそうな感じもたまりません。出来たら、元気を取り戻して
またたくさんのお花を見せて欲しいところですが…去年もまた1本枯れちゃいましたし、
前途は多難です。



ちょっと歩いて、また別の方の池のほとり。こちらに生えているのは背の高いヒマラヤスギ
にもひけをとらない高木。

200216_momijiba_f1.jpg

枝だけになって居るのは、この間まで見事な紅葉を見せてくれていたモミジバフウです。

200216_momijiba_f2.jpg

枝先を拡大すると…ここの樹のトゲトゲボールは赤っぽいんです。いつだったか「季節の
ごあいさつ」で、クリスマスカードにも仕立てたと思います。

でも、この日、見たかったのは冬芽です。

200216_momijiba_f3.jpg

背の高い木ですので、低いところの枝を探さないとなりません。

200216_momijiba_f4.jpg

数少ない枝で、思うような葉痕の撮れる枝を探します。首が痛くなったけど頑張りました。

赤い冬芽の、その下の葉痕にお顔が見えませんか?

200216_momijiba_f5.jpg

維管束が3つのぞくと顔に見えるんですよね。

以前はきりっとした王子様に見えたんだけれど、今年はのんびりした村の子どもって言う
感じかな。それもまたそれで良いんだけど。

最後は地面に落ちたトゲトゲボール。

200216_momijiba_f6.jpg

赤い色は、地面に落ちるとあせちゃうみたいで普通に茶色いのしか見つかりません。
う〜ん、残念。



駆け足でしたが、毎年公園で追いかけているうちのめぼしい冬芽をだいたい撮ることが
出来ました。とっても有意義なおさんぽになりました。

2/2のおさんぽ。おまけ画像は池に来ていたカモさんたちをご紹介。

200216_kamo1.jpg

一年中池に居るカルガモと交雑種のカモ、それから冬になるとやって来るマガモと
オナガガモ。いつもの公園のいつもの景色です。

ちょっと影になっちゃったけれど、こちら北国から避寒のお客様オナガガモのご夫妻。

200216_kamo2.jpg

旦那さんのタキシードを来ているような姿がスタイリッシュです。
チャコールグレーのくちばしと(見えていませんが)黒いあんよがおそろいです。



それから、デコイでもおなじみのマガモご夫妻。旦那さんの首から頭にかけての
メタリック・グリーンに輝くカラーリングが素敵です。

200216_kamo3.jpg

奥様はオレンジ・ルージュでお洒落に決めてます。足は、鮮やかオレンジです。

オスは図々しいくらいなんですが、メスはあまり人のそばには来てくれませんが、
うまいこと撮れました。

200216_kamo4.jpg

おとなしい色合いのオナガガモの奥さん。可愛いなぁ。公園の池でゆっくりしていってね。



これで2/2に近所の公園で撮ってきた写真はおしまいです。
次回からは、10/20までのご紹介で止まって居た去年撮った写真をご紹介していこうかなと
思います。どうせしばらくは被写体が少ないし、ブログネタにも困ると思うので。
季節外れも良いところですが、良かったらおつきあいください。



posted by はもよう at 22:53| Comment(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: