2020年02月24日

実家の菊からご近所紅葉まで

振替休日の今日は穏やかに晴れて良い一日となりました。午前中は近所の公園へ
福寿草の開き加減を見に行ってきました。かなり前から咲いちゃっていた感じで
したよ。それから、つくしんぼを探したのですが見つからず、代わりに超早咲き
のタチツボスミレを見つけました。まだ2月なのに。びっくりです。

記事の方は季節外れの秋の話題。これは11/16に実家の庭で撮ったツバキです。

200224_tubaki1.jpg

その後は11/17に近所へおさんぽに出た時の写真をこれから数回に分けてご紹介
します。





両親に代わって時々手入れしてきた実家のツバキ。この日、早咲きの椿が咲いて
いたのを見つけました。

良いアングルを探してうろうろしていたら、コンギクも、綺麗に咲いていたので
カメラを向けました。

200224_kongiku1.jpg

母が気に入っていた青紫のコンギクの花。

何故かお隣さんの方を向いてたくさん咲いています。

200224_kongiku2.jpg

私が苗を運んで来た、白っぽいノコンギクはいやっと言うほど茂りますが、叔父に
もらったこのコンギクは奥の方でひっそり咲いて居ます。増やしたいのですが、
なかなか思う様になりません。

200224_kongiku3.jpg

道路へこぼれでるコンギク。
まさか、うちが気に入らないってわけじゃないよね(^^;)。




翌日はいつもおさんぽしている公園を目指して家を出ました。先ずはすぐそばの
イチョウを見上げて…。

200224_ityo.jpg

まだ緑でしたねぇ、この頃。


ちょっと歩いてケヤキを見上げて…

200224_keyaki.jpg

すこし色づきました。


ご近所花だんの菊の花など眺め…

200224_kiku1.jpg

花びらの付け根に色が入ったもの、

ポンポンみたいに丸く咲くもの

200224_kiku2.jpg

色んなデザインのお花があって楽しいですねぇ。


そうそう、今年も、皇帝ダリアが咲いていましたよ。

200224_koutei_d1.jpg

例年どおりに3〜4mの高さにピンクのお花が咲いて居ます。

折れないように育てるのが難しそうです。

200224_koutei_d2.jpg

大きなお花。一時流行ってあっちこっちのお庭で見かけましたが、
最近はどうなのかな?

200224_koutei_d3.jpg

和名はキダチダリア(木立ダリア)で、皇帝ダリアは別名の方なんですね。
メキシコ、中米原産、キク科ダリア属の多年草。
葉を食べる種族が居たり、竹のような茎の、節の間にたまった水を飲む
狩人が居たり、人に利用されても来たようです。こんな花が普通に生えて
いる景色って、どんなんでしょ。



さて、公園へ行く前にちょっと、以前良く通った道ばたの雑木林の方を
見に行ってみましょう。

200224_mizu_muku.jpg

先ずはミズキとムクノキが隣り合わせで立っているところ。葉っぱが
まばらな方がミズキです。


道路沿いのフェンスの所にヌルデの幼樹が立っていて、綺麗に紅葉して
居ました。

200224_nurude.jpg

前の記事に載せた色づきかけじゃなくて、完成形。綺麗でしょ、紅葉
自慢のウルシ科の一員だからね。



この日はサクラの紅葉も綺麗でしたね。

200224_sakura.jpg

だいぶ赤い葉っぱが目立つようになりました。


雑木林も赤いサクラの葉、

200224_zokibayasi1.jpg

黄色いヤマノイモの葉などで色とりどり。



上の方を見ると、居並ぶケヤキの枝の元に巻き付いたキヅタが赤く紅葉
して綺麗です。

200224_kiduta1.jpg

わかります?赤いの葉みんなキヅタの葉っぱです。

200224_kiduta2.jpg

もうちょっと低いところでとらえると、こんな感じ。

200224_kiduta3.jpg

吸着根は出すけど、締め付けたりはしないから、まだましな方かな。
いずれにしても立木にとって、蔓性植物は迷惑な居候でしょうよねぇ。


道路っぱた、低いところに枝を広げているのはハギの木です。

200224_hagi1.jpg

この日は黄色く色付いて居ました。

200224_hagi2.jpg

3枚ワンセットの丸っこい葉っぱが黄色く色付いて、可愛いでしょ。

赤紫色のお花が咲いて居た場所にはこんな実が出来ています。

200224_hagi3.jpg

お豆としては、かなり簡単な形ですね。



フェンズに絡まる黄色い葉っぱはヤマノイモ。自然薯の葉っぱです。

200224_yamanoimo.jpg

お芋を掘るのは大変ですが、つるの途中に付くムカゴは同じ味なのに
手軽に収穫出来ますよ、いかがですか?



すっかり日本の秋景色に溶け込んだセイタカアワダチソウ。

200224_s_awadati_s.jpg

後ろにはオオブタクサ、隣にはススキとライバルも多数。
生存競争は熾烈を極めておりますが、ひとます穏やかな秋の日を浴びて
一緒にカメラに収まりました。



これ、なんだったろうなぁ。ピントが甘くて良く解んないんですよ。
多分現地でも、近づけなくて何だか良く解んなかったみたいな気がします。

200224_zokibayasi2.jpg

それでも心惹かれるオレンジ色の紅葉。綺麗だなぁ。


茂みから穂を出して、綿毛に日の光を受けて光っているのはススキです。

200224_susuki.jpg

秋だよねぇ。しみじみ。


ススキの透き間から、つるがちょこっとはみ出していました。

200224_aotu_saoto1.jpg

途中についている実からして、

これはアオツヅラフジとサオトメバナのつる。

200224_aotu_saoto2.jpg

黒っぽいのがアオツヅラフジの実で、金色っぽいのがサオトメバナの実。
どちらも元気蔓延って、元気に花を咲かせて、実りの秋を迎えました。
お疲れ様。また来年もよろしくね。



11/17のおさんぽ、これからいつもおさんぽしている近所の公園へ向かいます。
季節外れですが、良かったらおつきあいください。



posted by はもよう at 18:02| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: