2020年02月27日

砂糖楓と鵯上戸

昨日は雨上がりの朝からずっと1日中どんよりしていて、薄暗かったですね。
今日は良く晴れて、ぐっと冷え込みました。仕事場へ行く途中の河津桜と梅も
だいぶ咲き進んで賑やかになってきました。明るい日差しを見て、暖かくなる
かな?と思っていましたが、風が強くてずっと寒かったです。一度暖かい空気
に触れたあとの寒さは身に応えます。風邪、ひかないように気をつけなくっ
ちゃいけませんね。

記事の方は11/17のおさんぽの続き。

200227_park1.jpg

公園をぐるっと回って来て、芝生広場の向こう側を眺めます。色とりどりの
木立が並んで居ます。これから一つ一つ見て回ろう。







遠くに赤とオレンジの樹が並んで居るのはアメリカハナノキ。

200227_a_hananoki.jpg

すっかり色付いたなぁ。

近くに目を向けたら、桜の木。

200227_sakura1.jpg

葉っぱが色付いて、とっても綺麗です。



向こうの赤い木は後で見ることにして、近くにあるオレンジ色の樹を
見てみましょう。

200227_satokaede1.jpg

すごく綺麗に色付いて居るでしょう。こちらはサトウカエデ。
カナダの国旗に描かれている葉っぱの木、メープルシロップが採れる木です。

200227_satokaede2.jpg

以前は3、4本ほど有りましたが、次第に枯れて、今はこれ1本を残すのみ。
長生きしてねぇ。

200227_satokaede3.jpg

ちょっと黄色っぽいのとか、赤っぽいのとか有りますが、だいたいオレンジ色を
しています。カナダの国旗の葉っぱの形…見えますか?

木の下には落ち葉が散らばっています。

200227_satokaede4.jpg

色んな色の落ち葉がありますよ。



雑木林へ入っていくと下草はこんな感じ。あ、まだ、サトウカエデの葉っぱも
混ざってる。

200227_asiboso1.jpg

写真に撮りにくいんですが、これ、茎の先の簡単な穂です。

200227_asiboso2.jpg

笹みたいな葉っぱ、3本くらいの細い穂。図鑑を見るとそんな草はアシボソくらい
しか見当たりません。真夏にはこれが?って思うほど、図鑑の写真に似ていな
かったのですが、秋になると図鑑の写真の姿に近くなってきます。



ヒカゲイノコズチの細い穂が絡み合う茂みに赤い実がちらほら。

200227_hiyodori_j1.jpg

いやぁ、何度も見に来て、ようやくこの実に会えましたよ。
で、まぁ、普通だとこの、立派に実った実を載せて済ますと思うのですが、

私は色づきかけが好きなので、もうちょっと探します。

200227_hiyodori_j2.jpg

この色とりどりなところが好きなんですよね。

まだ緑色な実もあります。

200227_hiyodori_j3.jpg

少しずつ色付いていきます。

200227_hiyodori_j4.jpg

良い色合い。

ちょうど良いバランスで色付いたのがありました。

200227_hiyodori_j5.jpg

ふふふ…、こういうのを撮りたかったんですよね。良かった。



雑木林をもうちょっと歩いて行って、この辺かな?ってキョロキョロ。

200227_akaside1.jpg

木の上の方の葉っぱだけ色付いて居ます。お目当てはアカシデの朱赤の葉っぱ。

う〜ん、まだ上の方にしか赤い葉っぱが見つからないなぁ。

200227_akaside2.jpg

カメラの望遠機能を最大限に利用して撮ってみたけど、

200227_akaside3.jpg

これじゃぁね。もうちょっと経ったら、葉っぱの下の方まで赤くなるかな?



雑木を縫って続く道。

200227_asiboso3.jpg

ふかふかなのはアシボソの群落。

いろんな色の葉っぱが落ちてカラフルです。

200227_asiboso4.jpg

この日の落ち葉はサクラの葉っぱが多かったです。



その先にあったアカシデの枝です。黄色く下がっているのは四手にたとえられた
果穂です。

200227_akaside4.jpg

下の方の枝の葉っぱはまだ緑でした。もうちょっとしたら赤くなるかな?



雑木林の道をさらに進み、次に見上げたのはコナラとクヌギ。

200227_kunu_kona1.jpg

最近、台風でおられてしまう木が増えていますが、それでも、この公園には
コナラとクヌギの木が多いです。

200227_kunu_kona2.jpg

手前の細長い葉っぱの木がクヌギ。奥の短い葉っぱの木はコナラです。
どんぐりもたくさん落ちました。



渋い赤い色の葉っぱ。

200227_ryobu1.jpg

結構ごつくて大きな葉っぱです。なんの葉っぱでしょう。

つぶつぶした実が残っています。

200227_ryobu2.jpg

これはリョウブ。光をすかすと赤い色がさらに引き立ちます。



雑木林の一角で、赤い葉っぱがちらほら見えました。

200227_kibusi1.jpg

おお、綺麗と引きつけられて近づいてみたら、

これ、キブシでした。

200227_kibusi2.jpg

細い花の穂が下がっています。イチョウはカエデのような鮮やかな色には
染まりませんが、条件が合えばしみじみ渋い色になります。



さらに進んで、道ばたの茂みに黒い実を見つけました。

200227_a_inuhoozuki.jpg

これはアメリカイヌホオズキ。つやつやの黒い実。



こちらは、ヒマラヤスギの根元のヤマジノホトトギスの芽。

200227_yamajino_h1.jpg

今年は色々ありましたが、十分に日の光を浴びられなかった分、秋にも葉っぱを
広げて養分を集めているようでした。

樹の後ろの株も葉っぱを広げていました。

200227_yamajino_h2.jpg

次の秋にはお花をたくさん咲かせられますように。



雑木林を歩いてきて、来た道を振り返ってみました。

200227_zokibayasi.jpg

今から見ると、こんなに華やかな季節だったんだなぁと思います。


雑木林の反対側まで歩いてきて、見上げた桜の木。

200227_sakura2.jpg

青い空に映えるオレンジ色。

200227_sakura3.jpg

色付くそばから散らしていた初期から、だんだん、色付く葉の方が増えて、
木、全体が赤く見えるところまでやって来ました。錦秋も中程といった
ところでしょうか。


次の記事では池のほとりへ進みます。ラクウショウ、メタセコイア、そして
真っ赤なモミジバフウなど、まだまだ、綺麗な紅葉の写真が続きます。
良かったらおつきあいくださいませ。



posted by はもよう at 22:40| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: