2020年03月17日

道草と福寿草の花

今日は晴れましたが、まだ空気が冷たい上に、時折強い風が吹いてそこそこ
寒かったですよ。ただ、仕事の方は容赦なくあって、あっという間に1日が
終わっちゃいました。夕飯は手作りの餃子とビール。ああ、お腹いっぱい。
明日は暖かくなるそうです。カタクリの花…見に行かれると良いな。

記事の方は2/24のおさんぽの続き。

200317_hotokenoza1.jpg

近所を一巡りして、公園へ。道ばたの春の草を眺めながら歩きます。









北風が当たらなくて、日が良く当たる場所です。

200317_hotokenoza2.jpg

日だまりで咲いて居たのはホトケノザ。

春の七草のホトケノザじゃなくて、シソ科のホトケノザ。

200317_hotokenoza3.jpg

食用じゃないのでご注意を。お花は可愛いけどね。



それからこちらはハルノノゲシ。

200317_haru_nogesi.jpg

咲いたばっかりじゃない証拠は花の後に出来るふわふわの綿毛。



綿毛になるのはこれもだけれど、

200317_noboro_g.jpg

だいぶ小振りなノボロギク。
春まだ浅い…って言うか2月の日だまりにはこんなお花が咲いていました。




公園に着いたら、まず、福寿草のお花を確認。

200317_fukuju_s1.jpg

ああ、でも、来るのが遅かったみたい。

良くある姿じゃなくなってる。

200317_fukuju_s2.jpg
お花が咲いてから、ちょっと日が経っている、葉っぱの育った姿。

咲いて居たけどね。

200317_fukuju_s3.jpg

良くある、茎の先のお花だけ…って言う姿ではもうありませんでした。

200317_fukuju_s4.jpg

細かく裂けた複雑な葉っぱ。これはこれで、可愛らしい姿なんだけどね。



ついでにヘレボルスも見て来ました。通りの言い名前だとクリスマス・ローズ。

200317_helleborus1.jpg

クリスマスじゃぁ、季節外れだから、この時期をさす言葉ではレンテン・ローズ。
「レンテン」というのは、カトリック教会で言う、復活祭のまでの46日間のこと。
ちなみに、今年の復活祭(イースター)は4/12だそうですから、2/20から4/12までで。
ぴったりこの頃と言うことですね。
寒芍薬(かんしゃくやく)と言う和名もあるそうです。芍薬にはちょっと渋いかな。

公園のこの場所、何だかだんだんお花が減っているような気がします。

200317_helleborus2.jpg

咲いて居たのはこのピンクっぽいの2種のみ。

200317_helleborus3.jpg

↑ ソバカスのあるのと…

↓ 少ないの…。

200317_helleborus4.jpg

下向いて咲くので、お花の中をとるのはちょっと大変です。

花びらに見えるのは萼片で、だから結構長持ちです。

200317_helleborus5.jpg

お花の少ない時期の花だんを彩ってくれる貴重な園芸品種。品種もたくさん
あって、愛好家さんも多いお花です。

今年は白いのは見当たりませんでした。

200317_helleborus6.jpg

一緒に植えられて居るシャガの勢いが強すぎるんですよ。どうしてここに植えよう
と思っちゃったのかな?



そばに咲いているちょっと小振りな椿の木。

200317_tubaki1.jpg

また一段とお花が増えました。

200317_tubaki2.jpg

小振りだけれど趣のあるいいツバキだと思います。



それから大きなカンスゲ。

200317_suge.jpg

ああ、ヒメカンスゲに会いに行きたいなぁ。これよりずっと小さくて可愛いやつ。



公園のかつては山野草の花だんが有ったあたりを見て回ったら、園内でも道ばたに
咲いていそうなお花に目がとまりました。

200317_tanpopo.jpg

日当たりの良い草地にタンポポ。わぁ、明るいなぁ。

ご一緒するのは小さくて空色の花。

200317_rurikarakusa1.jpg

無粋な標準和名は使いません。このブログでは、この子の名前は瑠璃唐草。

200317_rurikarakusa2.jpg

ほらね、辺り一面を青く染める可愛いお花でしょ。


2/24、近所の公園のおさんぽはまだまだ続きます。以前の記事よりはだいぶ春らしく
なりましたが、まだ2月分。どんどんご紹介して参りますので、良かったらおつき
あいくださいませ。


posted by はもよう at 23:32| Comment(2) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
カタクリを見に行けてよかったですね。
いいなぁ
カタクリなんて見たことありませんよ。
楽しみ、楽しみ。

フクジュソウも依然一度見たきりです。
最近フクジュソウに似た丸い葉っぱの
黄色のお花を見かけます。
一度調べたら、園芸種が野生化して外来種に指定されたとか、
ヒメリュウキンカといったかな。
先日また見かけました。
きっと寒さに強いのでしょうね。
この辺りで寒い時期に咲くんですから^^

豊後梅、かわいいピンクですね。
この前見かけた梅も淡いピンクでした。
もしかしたらそうなのかなぁと思っています。
梅と杏子の中間種。
毎年教えていただいて納得しています^^
進歩がなくてすみません。
Posted by ブリ at 2020年03月19日 11:54
ブリさん、こんばんは。お返事、遅くなりました。
ご実家へ行っていらしたんですって?お帰りなさい。

カタクリ、咲いて居ましたよ。ウグイスカグラも ♪

ヒメリュウキンカですか?
どちらもキンポウゲ科のピカピカ光るお花ですよね。
ブリさんのおうちの方で、もう咲いていたんですか。早いですね。
都内では暖かいので、だいぶ前から咲いて居ますが、
うちの方だともうちょっと後かなぁ。
いや、見に行ってないけど。

豊後梅って、本当に素敵なピンクです。でも検索してみたら、
色んなタイプの豊後梅があるようです。
梅の特徴が強く出て居るもの、アンズによく似ているもの、
いろいろ有るみたいです。
でも、検索していて一番出てきた記事が
後で実る梅をどうやって美味しく食べるかって言うもので、
夜中にお腹がすいちゃいました。
去年、ちょっともらってきてシロップにしたけれど、
あれは美味しかったです(^m^)。


Posted by はもよう at 2020年03月20日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: