2020年04月12日

モクレンの花

一週間ほどブログをお休みいたしました。じつは、母を見送ったんです。
先週の日曜日でした。もう、ひと月ほど前から、予告はされていたので
覚悟はしていたし、考えていた中で一番良い結末だったので、不思議と
悲しくはないんですよ。寂しいですけどね。

200412_mokuren1.jpg

大好きだって言っていたモクレンの花が咲く日に、神様が優しく迎えに
来て下さったんだというのが、私の感想です。






多くのお母さんがそうであるように、いつだって家族の心配ばかりして、家族
第一の人生でした。

それでも、私たち子どもが巣だってからは、自分がやりたかったことに次々
挑戦していました。

200412_mokuren2.jpg

油絵を習い、手芸を楽しみ、海外を含めて父と旅行にも良く出かけました。
好奇心の塊で、何でも面白がる母の きらきらした表情を良く思い出します。

目が悪くなり、手が動かなくなるとカメラを習い始めました。年齢のせいも
有ったかもしれませんが、自治体主催のコンクールで賞を頂くこともありました。

200412_mokuren3.jpg

わざわざ公表するまでもないことではありますが、HPには母の写真を紹介する
ページもありますので、節目として、記事に残しておきます。

残されたパソコンにはまだ、たくさんの母の写真が眠っていますので、おいおい、
ご紹介していきますね。



多分、幸せな人生だったろうと思います。愚痴よりも、感謝の言葉を多く口にする
晩年でした。
運良く、看取りのケアに取り組んでいる施設とご縁があって、苦痛なく眠るように
亡くなりました。うらやましいほどの大往生でした。
こんな時期でしたが、父と兄弟たちはみな、生前に会いに行くことが出来ましたし、
極ささやかですが、家族で見送ることも出来ました。


まだ、高齢の父が残っています。ちょっと気落ちしているのが心配です。こんな時
なので思うようには会えませんが、なんとかフォローしていきたいと思っています。
いつも明るく元気で、前向きだった母のことを思うと、こんな時でも、元気出して
頑張っていこうと思えます。



お休みが長くて、どこまで話したか忘れそうですね。3/11のおさんぽの途中ですよね。
次回からは通常の記事に戻ります。ちょっと前の公園の様子。良かったらまた
おつきあいくださいませ。

あ、末尾になりましたが、お悔やみのごあいさつは不要です。寂しいけれど、悲しくは
ないし、ここ(HPとブログ)は、日常とは違う世界なので。


posted by はもよう at 21:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お母様の撮られた詩情あふれるお写真、見せていただきました。
なぜか元気も出ました。
有り難うございました。
Posted by winc at 2020年04月15日 09:02
wincさん、こんばんは。

母の写真を見てくださってありがとうございました。

1枚1枚、とても時間をかけて撮った写真なんですよ。
見て頂けて、母もきっと喜んでいると思います。
ありがとうございました。

wincさんも、お元気で。

Posted by はもよう at 2020年04月17日 00:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: