2020年04月30日

枝垂れ桜と大島桜

昨日はとっても良く晴れたので、山ほどお洗濯して、家の掃除をしました。午後は
久し振りに隣町の公園と裏の北向きの斜面へ。チゴユリに会いたかったんだけれど、
久々に行ってびっくり。ものすごくたくさんの大きな木が切り株になっちゃって
いました。近所の公園でも、台風による倒木が相次いでいたし、なにか、伐らなきゃ
ならないことがあったんでしょうけれど、植生が大きく変わってしまったのは
間違い有りません。今後どうなっていくのか、また、時間があったら見に行って
みたいと思いました。
今日も晴れて気温が上がりました。もう、肌寒いなんて言わせない。お昼休みには
土手の花だんを回って、ダッチとジャーマンのアイリスをたくさん撮って来ました。
気がつけば4月も今日でおしまい。記事も書きたいし、HPの「季節のごあいさつ」
にも写真を飾らなきゃならないし…。さて、いかが致しましょう。

200430_sakura1.jpg

とりあえず、3/22の公園の写真を1枚。完成までに時間がかかるかもしれませんが、
気長にお待ちくださいませ。済みません。








この日、入り口近くの枝垂れ桜が満開でした。

200430_sakura2.jpg

だいたい、毎年ソメイヨシノと同じくらいに咲く一重咲きの枝垂れ桜です。
いいですよねぇ。

木の下に入り込むと、お花のシャワーを浴びているようです。

200430_sakura3.jpg

ああ、贅沢、贅沢。

一つ一つのお花はこんな感じ。

200430_sakura4.jpg

ちょっとだけ濃いめのピンクで、一重咲き。花びらは若干細長。

ちょっと濃いめの色合いが、ほんのり透明感をもたらします。

200430_sakura5.jpg

風に揺れる枝垂れ桜。いい景色です。

また、ぐぐっとお花に迫ってみました。

200430_sakura6.jpg

今度は団体で、迫力満点。

それから、真横からも。

200430_sakura7.jpg

光の当たり方、透け方でまた、表情が変わりますね。
近所の公園の枝垂れ桜。今年も会えました。よかったよかった。ありがとう。



さて、もうちょっと歩いて、駐車場に面した場所には2種類の桜が咲いて居ました。

200430_sakura8.jpg

わかります? 左の花が白くて、右がピンクなんです。

お花を拡大します。こちらが左の木の、白く見えた花。

200430_sakura9.jpg

左にほんのちょっと赤みの差した花が有りますよね。咲いてしばらくすると、お花の
中央が赤みを帯びるのは大島桜の特徴だから、これ、大島桜かな?緑の葉っぱが、
ちらほら覗いているのも、大島桜っぽい。

右のピンクの桜は、こちら。萼まで赤っぽくて、葉っぱは全く見当たりません。

200430_sakura10.jpg

こちらはソメイヨシノだと思います。
そういえば今年の桜は、例年よりは早くに咲いたけれど、若干、小振りじゃない
ですか?なんとなく、私、そう思うんですけど、計った訳じゃないのでどうかなって
誰かに聞いてみたいです。

ちょっと、面白がって逆光でも撮ってみました。

200430_sakura11.jpg

水墨画みたいな、モノクロ写真みたいな。でもほんのり色が付いてる。
ちょっとお洒落な1枚になりました。


そうそう、公園の端っこにあって道路に面しているこちらの枝垂れ桜は八重咲き種。
こちらは、園内で八重桜が咲く頃、ふわふわで丸っこいお花をたくさん咲かせてくれ
ます。

200430_sakura12.jpg

今年は、いろいろあって、盛りには見に行かれなかったんですけどね。この日は、
咲くのを楽しみにして撮っています。残念でした。また来年ね。




公園の中の方へ入っていきます。

200430_s_ajisai.jpg

先ずは西洋アジサイ。冬芽を眺めましたが、この日はみずみずしい新芽を吹いて
居ました。綺麗な緑色です。



雑木林のほうへ歩を進めます。

200430_kusaitigo1.jpg

桜咲く頃、その足下でお花の盛りを迎えるクサイチゴ。

クサイチゴという名前だけれど、木の仲間。木イチゴの仲間です。ややこしい。

200430_kusaitigo2.jpg

白いお花は木苺仲間のうちでも大きい方。真っ白くて清楚なお花です。
大急ぎで実らす実は、細かいビーズを集めたような美味しそうな木苺です。


桜の咲く頃の地面には、タンポポも咲きますね。

200430_k_tanpopo1.jpg

我が家周辺では、公園内などの自然度の高いところ、他の草も旺盛に茂るような
場所では、関東タンポポの方が主流です。

でも最近、交雑種が多くてこうしてお花をひっくり返して萼っぽいところ(総苞)を
見ると、特徴が曖昧なものも増えています。

200430_k_tanpopo2.jpg

総苞を構成している緑色の部品(総苞片)の内側の長い方と、外側の短い方の両方の
端っこに三角形の出っ張りがあるのが関東タンポポの特徴なんですが、ちょっと、
弱いかな。

で、派手に反り返っているのはセイヨウタンポポです。道ばたなど、他の草もあんまり
生えないような所に多いです。



その先に地面には広がっているのはキランソウ。

200430_kiran_s.jpg

ちょっと前の記事でも取り上げましたが、死にかけの人を生き返らせちゃうほどの
薬草なんだそうですよ。本当かな?
とりあえず、花だんでお花の穂を立てて咲いてるアシュガの親戚なのは本当ですよ。



雑木を縫って続く道、並んで居るのはタチツボスミレ。

200430_tatitubo_s1.jpg

今年はまた、一段とたくさん咲いています。

あっち見てもこっち見ても、この紫色がいっぱい。

200430_tatitubo_s2.jpg

早起きすみれと一緒に咲き初め、1種目が花期を終えても、2種目が終わっても
まだまだ咲いています。
花期が終わったら、閉鎖花でもタネだけは作り続けますしねぇ。すごいですよ。

200430_tatitubo_s3.jpg

可愛くて、可憐で、弱々しそうに見えてとってもしたたか。すみれはみんな、
なかなかのつわものぞろいですが、タチツボスミレはその中でもひときわ
強いような気がします。



いやぁ、記事を打つのに思いの外、長くかかっちゃいました。お待たせして申し訳け
ありません。でも、多分、このあともこんな感じ。←おいっ!
STAY HOME週間、ゴールデンならぬ、我慢ウイークの今年、久し振りに家に居られる
のでやりたいことがいっぱいあるんですよ。
ぼちぼちのんびりやっていきますので、ご了承ください。てへへへへ(^^;)


posted by はもよう at 23:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: