2020年05月06日

辛夷、キブシ、桜

旦那さんが携帯の機種変更に行くというので、ついでに私のも新しくしてもらい
ました。これまで容量不足で、必要最小限の利用しか出来なかったので、これ
からはもうちょっとたくさんの機能を使えそうです。ただ、データ移行には手を
焼きました。何でも出来る機械なので、あちこちにカギをかけなきゃならなくて
大変です。ぼつぼつ使いこなせていければいいなと思います。
さて、今日で我慢ウイークも最終日。久し振りに家に居られたので、出来たことは
いっぱいありました。コロナ様々とは言いたくありませんが、良かった点は素直に
評価したいと思います。感染症とのおつきあいはまだまだ続くでしょうし、最近
増えてきた地震も、油断するなといって居るようです。いろいろ気をつけて、
なんとか頑張りましょうp(^へ^)。

記事の方は3/22のおさんぽの続き。いつもの雑木林のコブシの前に差し掛かり
ました。

200506_kobusi1.jpg

暑すぎるのか、最近は枯れることの多いコブシ。ここでは元気いっぱいでした。






春の日当たりは良く、夏の日当たりは優しいそんな好立地。雑木林の端っこに
門番のように立っている株です。

200506_kobusi2.jpg

最近はここの株が一番勢いがあるかも。

あっちこっち気ままな角度で咲く花に、

200506_kobusi3.jpg

一枚ずつおまけの葉っぱ付き。

正面から見たら、花びらが6枚ってわかりやすいですね。萼は3枚有りますが、
リボンのように細くて目立ちません。

200506_kobusi4.jpg

お花の中心にはたくさんのおしべに囲まれて緑のめしべが立っています。
受粉が出来るとぼこぼこにふくらんだ不格好な実になる部分です。

コブシの柱頭は緑のめしべ全体に まばらに並んで居ると聞いたので、拡大して
みました。
うん、ピントは甘いけど、緑のめしべ全体に、並んで居るのが解ります。

200506_kobusi5.jpg

それにしても、花粉がどこからでるのだろうって言う形状のおしべだこと。

必ずしも背の高い木じゃないんだけれど、見上げるとずうっと上の方まで花盛り。

200506_kobusi6.jpg

いやぁ、見事だわぁ。

200506_kobusi7.jpg

門番さんにごあいさつ出来たので、先を進みましょう。



今度はいつも撮っている、公園で一番大きなキブシの木。

200506_kibusi1.jpg

このくらい咲くと、珠のれんを連想したのが分かって頂けるかしら?

もう、うんとこさおばなが並んで居ます。たくさん咲いても、後は残さず散っちゃう
んですよ、おばなだから。

柔らかい黄色で、丸々しているお花です。

200506_kibusi2.jpg

でも、この公園では年々、数が減っていて、この株だって、いつまでこうして咲いてて
くれるか分かりません。

200506_kibusi3.jpg

しかも、山野に普通に生えるって図鑑には書いてあるけれど、私、この公園以外で
見た事ないんです。

200506_kibusi4.jpg

長く咲いてね。応援しているから。
そういえば、去年は実がなっていたけれど、どこにめばなが咲いていたのかなぁ。
探したけれど見つけられなかったよ。



雑木林のエリアだって、桜の花盛りです。

200506_sakura1.jpg

ソメイヨシノよりは、ヤマザクラ中心ですけどね。株ごとに個性があって、見て
回るのが楽しいですよ。

たとえば、ほら、このふた株。葉っぱが赤いのと、そうでも無いの。

200506_sakura2.jpg

花が白い方は葉っぱが少なめで、葉っぱが赤いのは花より葉っぱが目立ってる。

葉っぱが目立たない方をアップにすると…

200506_sakura3.jpg

ぜんぜん無いわけじゃ無いから、ソメイヨシノじゃないみたいでしょ。
やっぱりヤマザクラ。

葉っぱが赤かった方も、別の枝では花も咲いて居ました。

200506_sakura4.jpg

お花は白っぽいなぁ。

さらにその隣の株は葉っぱが緑色っぽい。

200506_sakura5.jpg

赤い色素が薄いのか、お花の中心も萼も緑っぽい。みんな違ってみんな良い。
ほらね、見て回るのが楽しくなるでしょう。


桜が株ことに個性があるなら、この桜の下に咲いていたキブシも個性的。

200506_kibusi5.jpg

ほら、こんなに赤みが強い。

赤っぽいからめばなってことでは無いけど…子房が見えるからもしかして。

200506_kibusi6.jpg

あれ?どうだったかな?



また、雑木林を歩いて行くと、ミズキの若葉。

200506_mizuki.jpg

若い枝はまだ赤くて、若葉と好対照。綺麗だな。



さて、この先には、若いキブシがまた、立っていて、ここ数年では急成長中。

200506_kibusi7.jpg

遠くからでも目立っちゃうほどの明るい黄緑色。

でもこの圧倒的な花数は、オスの株のはずなんだけれど、オスの株にしては
珍しく黄緑色なんですよねぇ。

200506_kibusi8.jpg

花の穂短めで、数多め。

やっぱりオスの株の咲き方なんだけどなぁ。

200506_kibusi9.jpg

めばなの方が黄緑のことが圧倒的に多かったけれど、この株だけ例外的におばな
みたいなんですよ。今度もっとちゃんと見てみよう。(覚えていたら)



雑木林の端っこに出てきて、細かくて複雑な枝振りの木に注目します。

200506_egonoki1.jpg

これはエゴノキ。

春先に、ちっちゃい新芽を吹きます。

200506_egonoki2.jpg

なんか、春らしい感じで撮れました。ちっちゃい新芽が可愛いんですよ。

200506_egonoki3.jpg

芽吹きたては、表面に星状毛と呼ばれる毛が付いてちょっと茶色がかっています。
それが取れて、綺麗な緑の若葉が枝に並ぶ頃、雑木林の他の木も春が来たのを
知るんです。
エゴの花はGWの頃、そう、ちょうど今頃一斉に、真っ白く咲きます。
今日か明日かと待って居るところですよ。



みんなが植えたチューリップも葉っぱを並べてお花の準備。

200506_tulip1.jpg

あ、一つ目が咲き出した。

こっちには白い花。

200506_tulip2.jpg

あっちには赤い花も咲きそうです。

200506_tulip3.jpg

公園の花だんにチューリップが咲きそろう頃には、また一段と暖かくなっているで
しょうね。


次の記事では、雑木林の林床で見かけた木の花、草の葉などをご紹介します。
明日から久し振りの仕事です。寝坊しないように気をつけなくっちゃ。


posted by はもよう at 22:02| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: