2020年05月11日

枝垂れ柳と桜

いやぁ、忙しいです。だって、実家の庭には雑草が生い茂って、草取りしないと
いけないし、あれこれ手続きがあって、土曜日はまた都内へ。日曜日の午前中は
ハクウンボクが咲いちゃったのでいつもよりちょっと遠くの公園まで行かなきゃ
ならないし、買い物にも行かなきゃならないし、雨だと思って居たらお天気の
回復が思ったより早くて大物も洗濯しなくちゃならないし。明けたら今日は仕事
だし。とにかく、家にこもってじっとさせといてくれません。郵便局も役所も、
銀行だって、出勤者を絞ったり、開いてる時間を短くしたりで、なかなか思う
ように用事が進みません。感染症の対策って、なかなか厄介なものですね。
(一部は趣味の領域ですけど(^^A)。それから、この急な暑さ。熱中症にも気を
つけなければなりません。頑張りましょう、何事もp(^へ^)。

ちょっと間が開いちゃいましたが、記事の方は3/22のおさんぽの最終回です。

200511_y_yanagi1.jpg

おさんぽは進んで池のほとりまでやって来ました。ユキヤナギも満開です。




前の記事のレンギョウと一緒に、ソメイヨシノと同時期に満開になりますよね。

200511_y_yanagi2.jpg

いつも桜の引き立て役じゃ申し訳ない、ユキヤナギだけ見ても、とっても綺麗
ですよ。



池のほとりに立っているシダレヤナギの枝先にも動きがありました。

200511_s_yanagi1.jpg

若葉に先立って枝に並ぶのは大量のおばな。

200511_s_yanagi2.jpg

残念ながら、メスの株はほとんど日本に入ってきていないそうで、片思いの花が
咲きます。お花が終わったら今度は若葉。ほんのちょっとの違いなんですが、
お花が咲いて居る頃は黄色っぽく、葉っぱが出始めたら緑色が濃くなります。
柳萌える水辺…これも春らしい景色ですよね。



池のほとりの低木仲間もお目覚めです。

200511_yamabuki.jpg

こちらはちょっと遅れて花が咲くヤマブキです。枝も若葉も鮮やかな緑色。
お花が咲いたらまっ黄色ですよ。



そして、こちらはオオバヤシャブシ。

200511_o_yashabusi1.jpg

ハンノキの仲間で、枝には松ぼっくりならぬ、ハンノキぼっくりが付きます。
ハンノキのよりはちょっと大きめの球果です。

ハンノキは春まだ浅くて、他の花が咲いて居ない頃にひも状のおばなを下げ、
赤くて小さなめばなを立てましたが、

200511_o_yashabusi2.jpg

オオバヤシャブシも同じように花を咲かせます。3つくらい一緒にめばなが咲く
から、枝先の実も3つくらいずつ付いて居るんだなぁ。



それから、こちらは、名前がまだ分からないヤナギの一種。

200511_k_yanagi1.jpg

解らないヤナギは低木のと中高木のとあって、こちらは低木の方。

もう、おばななのか実なのかも解らないくらい、解らない木です。

200511_k_yanagi2.jpg

つい最近見に行って来ましたが、綿毛は吹いていませんでした。中高木になる方は
綿毛を吹くんですけどね。なんていう木かなぁ。




池のほとりから離れて、さらに公園を進んでいくと、また、コブシが並んで植え
られて居る場所に差し掛かります。

200511_kobusi1.jpg

こっちの木の方が大きくてお花もたくさん咲いています。

上の方の枝を撮ってみました。

200511_kobusi2.jpg

本当にコブシの花って自由だよなぁ。あっちこっち勝手な方 向いて咲いてます。

200511_kobusi3.jpg

ここ10年くらいの間に身近では、大きかったコブシの木が次々枯れて倒れている
んですよ。北国の木だから、最近のカントウの暑さは好きじゃ無いんじゃないかな
なんて思うので、立派なコブシの木を見ると有りがたいなぁと思います。



コブシの木の根元には毎年つくしんぼがでるんです。

200511_tukusi1.jpg

一番最初にでるのをねらって、地面をにらんでいったり来たりします。今年の一番は
すでに撮っているので

2020/ 4/14付 「キブシとヒサカキ」

200511_tukusi2.jpg

お名残を惜しんで、更にもう一枚。すみれとツクシを毎年見られるって、ほんと
子どもの頃の私には夢のような世界ですわ。


コブシの隣、この細かくて細い枝が複雑の伸びているこの木は、

200511_egonoki1.jpg

エゴノキです。

ここでも、小さな芽が並ぶ、可愛い芽吹きの表情を楽しむことが出来ます。

200511_egonoki2.jpg

エゴノキ、そろそろ咲いたかな。香りが良くって清楚で綺麗。素敵な花ですよ。




雑木林ゾーンも終わりの方、最後のコーナーを曲がるあたり、

200511_y_sakura1.jpg

居並ぶヤマザクラが綺麗です。



あ、でも、ここで1つ残念な発見がありました。

200511_uwamizu_z1.jpg

この公園に1本しか無いウワミズザクラ。ここのところ、お花を見そびれているので、
ここの貴重な1本で、遠くても良いからお花を撮れたらなぁと見上げると…様子が
おかしい。つぼみが出て居るのを期待したけど、つぼみどころが葉っぱもろくに出て
いません。

200511_uwamizu_z2.jpg

望遠で撮ってみて、あらら、樹皮がはがれちゃってる。これは時間の問題で、枯れちゃ
いますね。5月の現在に戻って申し上げますと…今年もウワミズザクラのお花は、
撮れませんでした。来年こそは!!



最後のコーナーを曲がってしばらく行くと、ほとんどが桜の明るい雑木林です。

200511_park.jpg

テーブルとベンチが点在しているので、ピクニックランチが楽しいスペースです。



ご家族連れのお邪魔になっちゃいけないので、そそくさと通り過ぎて…
2カ所目の枝垂れ桜のところへ。4/30付の記事に載ってる、入り口近くの枝垂れ
じゃ無いです。

200511_sidare_z1.jpg

この枝垂れ桜は、八重と一重が向かいあって植えられて居ます。

例年とは反対側から撮ったので、右が一重で、ひだりが八重です。

200511_sidare_z2.jpg

一重咲きの方が先に花盛りをむかえます。

もうね、一番目だって綺麗なので、木の下は写真を撮りたい人でいっぱいです。
花を撮りたい人、花を背景に自分を撮りたい人、様々です。

200511_sidare_z3.jpg

誰も入らないように、ちょっと工夫をして、大急ぎで撮りました。

200511_sidare_z4.jpg

それにしても、枝垂れ桜って本当に素敵です。お花のシャワー浴びているみたい。
とっても贅沢な気分になります。

そうそう、お向かいの八重咲きの枝です。

200511_sidare_z5.jpg

これから咲くんだよね。いつもより、ちょっと早くに咲いちゃいそうだな。この
時感じた不安は的中して、とうとう、八重咲きの枝垂れ桜は満開のタイミングを
逃しちゃって、綺麗なところは撮れませんでした。まぁ、また来年見に来れば良いさ。
な、また咲いてね。



公園をだいたい一回りして、振り返る桜が多めの雑木林ゾーン。

200511_y_sakura2.jpg

白っぽいの、緑色っぽいの、ピンクが濃いの。木ごとに表情は変わるけれど、
みんなみんなヤマザクラです。良い景色だなぁ。ほんと、春らしい。



最後にトサミズキが、もう、本当に花の終わりだったので

200511_tosa_m1.jpg

最後にパチリ。

終わりかけの花と、動き出しそうな葉っぱの芽。

200511_tosa_m2.jpg

お花の季節が終わったら、本来のお役目、公園をみずみずしい緑の葉っぱで
彩るって言うお仕事について下さい。トサミズキの葉っぱ。綺麗なんですよ。



みんなが植えたチューリップ。次、来るときにはどのくらい咲いて居るかな。

200511_tulip.jpg

今年は何色の花が咲くんだろ。楽しみ。



何だか、自粛要請が開示されるところもあるようですね。確かに、よその国を
見たら、被害はだいぶ少ないですものね。よそがものすごいってのもあるけど。
でも、油断は禁物。特効薬か、あてになるワクチンが出回るまで、警戒の手を
緩めちゃダメですよね。頑張りましょう。


posted by はもよう at 18:59| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: