2020年05月17日

どんぐりとアカシデの花

雨の昨日とはうって変わって、今日は良く晴れて暑くなりました。ちょっとでも
涼しいうちにと思って、朝一で近所の公園へ行ってきました。水筒持って、お水
飲みのみ歩いてきました。公園ではエゴやハコネウツギの花が咲いていました。
午後はまたちょっと買い物に出ましたが、いやぁ、午後の日差しの強いこと強い
こと。5月でこれじゃぁ、7、8月が思いやられます。気をつけなくっちゃ。

記事の方は3/25のおさんぽの続き。久し振りに訪れた隣町で桜を見てきました。

200517_sakura01.jpg

ずっと前から、ここは桜の名所だったんですよ。今年の桜はどんなかな?





3/15に開花宣言があってから10日あまり、見事に満開を迎えていましたね。

200517_sakura02.jpg

前向いても横向いても上向いても桜でいっぱい。

お花に長い柄が付いて居るので、遠目に見るとポンポンがたくさんあるように
見えるのが桜の花の特徴です。

200517_sakura03.jpg

梅やハナモモと違うところです。

ソメイヨシノは挿し木で増やすクローン兄弟。遺伝子が一緒なので、揃って
咲いて、揃って散ります。

200517_sakura04.jpg

並んだ桜が同じように咲いていたら、ソメイヨシノかもしれません。

お花が咲く頃に葉っぱが無いのもソメイヨシノの特長です。

200517_sakura05.jpg

ただ、今年は記録的な暖冬に、気温高めのままの春。ソメイヨシノもちょっと
いつもとは勝手が違って、花咲く時期にばらつきがでたり、いつもより長い
期間咲いて居たりしました。

たくさん植えられて居ますでしょう。でも、ソメイヨシノの寿命は70年ほどと
言われています。平和な日常が戻ったお祝いに戦後植えられたソメイヨシノの
ほとんどが寿命を迎える時期です。あちこちの有名だった名所が様変わりする
かもしれません。かくいうこの公園もそろそろ樹勢の衰える老木が目立って
きました。

200517_sakura06.jpg

桜の世代交代、どうしたら良いのでしょうね。この公園は何か対策を考えて
居るのかなぁ。



桜以外の木の様子も載せておきましょう。こちらはスマートどんぐりの実る
コナラの木。

200517_konara1.jpg

赤い冬芽から、銀色の毛に覆われた柔らかな葉っぱが出てきます。

200517_konara2.jpg

コナラは、若葉が枝の先の方ににまとまって付きますので、枝先にお花のように
葉っぱが付いて居るように見えますが、それはこのためなんですね。

どちらかというと、葉っぱが先で お花が後になる株が多い印象です。

200517_konara3.jpg

細長く垂れるのがおばなの花の穂。めばなは枝の先にまとまって小さく咲きます。
お花とは思えないくらいの簡単なお花です。



そしてこちらが鳥の巣のような殻斗に丸いドングリの実るクヌギの木。

200517_kunugi1.jpg

毛深い冬芽がゆるむと、いきなりおばなの花の穂が出てくる株も有るほど、花が
葉よりも先になる印象です。

200517_kunugi2.jpg

クヌギは 新芽もおばなも黄色みが強いので、木全体が黄色く霞んで見えます。
それから、めばなは葉の付け根に小さく咲いて、2年かけてドングリを実らせ
ます。同じ どんぐりの木でも、違うところは違うものですねぇ。


ドングリの木の根元には簡単な花だんが有って、チューリップが植えられて居
ました。

200517_tulip1.jpg

ここ、分厚く積もった落ち葉からなる栄養満点の土壌なので、良いお花が咲く
と思いますよ。

200517_tulip2.jpg

可愛いピンクのチューリップ。



ドングリの木の向こうにはアカシデの木。

200517_aka_kunu1.jpg

ここのはちょっと大きい株なんですよ。アカシデって、花や葉っぱは小さい
けれど、木としてはでっかくなれるんですよね。

もうちょっとアップにするとこんな感じ。

200517_aka_kunu2.jpg

アカシデも、クヌギも花盛りなんですよ。

アカシデの枝をアップにすると、色んなものが写り込んでいました。

200517_akaside.jpg

おばなにめばなに、特徴的な虫こぶまで。めばなはこのあと、シデになるわけ
です。

更にその隣はエゴノキ。

200517_egonoki.jpg

か細い枝の先に小さな葉っぱが顔出していました。かわいいな。



そして、また、桜です。

200517_sakura07.jpg

ずらっと並んだソメイヨシノ。

200517_sakura08.jpg

見事…では有るんですが、じつは、今まではもっともっと木が元気でお花が
たくさん咲いて、迫力があったんですが、今年は明らかにパワーダウンして
います。

200517_sakura09.jpg

お花の盛りを眺めて、こんなに寂しい気持ちになったことはありません。
本当に、そろそろ代替わりの仕方を検討して欲しいです。


隣町の公園で撮った写真はこれでおしまいです。

200517_akame_g.jpg

帰り道、途中の雑木林で撮ったのは、このアカメガシワの木。赤い若葉が
綺麗でしょ。


それからいつものアオギリとメタセコイア。

200517_aogi_meta.jpg

ごつごつの幹に茶色い冬芽がふくらんできました。ここから大きな若葉が
芽吹きます。

200517_aogiri1.jpg

青い枝に、茶色い冬芽。

でもっててっぺんには、枝先に、実が付いていていた跡が残っています。

200517_aogiri2.jpg

これからまたアオギリの1年が始まります。どんな1年になるのかな。


この記事ラストはマグノリアのお花。

200517_magnolia.jpg

品種名は解らないけれど、ピンク色のモクレンの花です。

でもって、隣町の公園を後にはしたけれど、このまま家には帰らずに、
近所の公園の方へも行きました。

咲いて居た花はだいたい同じだけれど、次の記事は、まだ咲いていたと
言う記録に。


posted by はもよう at 23:55| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: