2020年05月26日

水仙と二輪草

今日は1日中曇って、時には小雨も降るようなお天気でした。暑さが一段落
した反面、昨日、タイサンボクが咲いて居るのを見かけました。アジサイの
つぼみも日に日に大きくなってきて、夏が来るんだなぁと思います。明日は
また晴れて気温が上がるそうです。あっという間に5月も最終週ですものね。
次は梅雨がやって来ます。感染症予防に加えて、食中毒を初めとするカビや
菌への対策にも十分に気をつけて、体調管理に注意しましょう。頑張るぞ。p(^へ^)

記事の方は4/3に仕事場の側で撮った花だんの花。4月らしいラインナップを
お楽しみください。

200526_tulip1.jpg

まずは咲きそろったチューリップから。









桜満開な土手の下に細長く続く花だん。花いっぱい運動の一環として近所の
人たちが思い思いの花を育てている場所です。この日、まず目を惹いたのは
このムラサキケマン。

200526_s_y_keman1.jpg

やけに白い。そういえば、この間の記事に、お花全部紫はムラサキケマン。
先だけ残してあと白いのがシロヤブケマン。全部白いのがユキヤブケマンと
載せましたが、これはまさに、シロヤブケマン。

200526_s_y_keman2.jpg

余所で見かけたのよりずっと白いです。

200526_s_y_keman3.jpg

花だんのお花だから、どこかで買って植えたのよね、きっと。良いもの見せて
頂きました。胴体が白いのも、趣が変わって良いものですね。



次に気になったのはこの、ちょっと変わった水仙。

200526_suisen1.jpg

調べてみたら、ペチコート水仙として流通している原種水仙の1種だそうです。

200526_suisen2.jpg

この、長く伸びた副花冠の部分がペチコートを連想させたそうです。

200526_suisen3.jpg

萼のように、申し訳程度に付いて居る細いのが花びら(花被片)だそうです。
ちょっとユニークで可愛い水仙ですよね。



土手の上には相変わらず、桜が満開です。

200526_sakura1.jpg

こんな天井だったら、寝っ転がるのが楽しそうだな。

ソメイヨシノのはずなんだけれど、葉っぱがちらほら見えているのは、

200526_sakura2.jpg

花びらが散り初めたタイミングのせいかな。


次の花だんから伸びた枝には黄色いヤマブキの花が。

200526_yamabuki.jpg

一重咲きですね。これは、「みのひとつだに なきぞかなしき」って言うの
には使えませんよ。実が付かないヤマブキは八重の花ですから。



ヤマブキの向こうに見えるのは、ゆる〜い感じに植えられたチューリップ。

200526_tulip2.jpg

毎年思うのですが、チューリップの花色も増えましたよね。赤 白、黄色 ♪
なんてものじゃないですよ。様々な中間色がでて、更に、色とりどり。

まんなかへんの、ピンクとか…

200526_tulip3.jpg

右端の淡いピンクとか…

200526_tulip4.jpg

何色って言ったら良いのか解らない色の花が、増える増える。
あら、困ったわぁ(^^;)。



茎を伸ばして一面を覆っているのはツルニチニチソウ。

200526_t_nitiniti_s.jpg

紫色のお花が咲き出しました。キョウチクトウ科です。




次々にお花の咲いている花だんを巡ります。

200526_tulip5.jpg

こちらでは白い水仙と赤と黄色のチューリップ。可愛いなぁ。



木陰になるところではアヤメ科のシャガも咲いています。

200526_shaga.jpg

春のお花が一段落したら、今度はアヤメ科のお花が次々咲きますね。



あれこれ迷ったけれど、どうもこれはアヤメらしいです。

200526_ayame1.jpg

花びらの付け根の文目模様がちょっと薄いんだけど。

200526_ayame2.jpg

4/3でもう、アヤメが咲いちゃうのかぁ。ちょっと早くない?



さてさて、次のチューリップのお相手は、スズランスイセン(鈴蘭水仙)こと、
スノーフレークです。

200526_tulip6.jpg

赤いチューリップとの相性抜群。


そしてその先には朱色のチューリップ。

200526_tulip7.jpg

花びらの縁にちょっとだけ入って居る黄色の線がお洒落ですね。こちらでも
スノーフレークは良い仕事してます。名脇役 ♪ だなんて言うと怒られちゃう
かな。



こちらに咲いて居たのは黄色い水仙。

200526_suisen4.jpg

カップの縁のオレンジ色。ほんのり優しい黄色の花びら。



だいぶ歩いてきて、いつも楽しみにしているニリンソウが咲く花だん。

200526_nirin_s1.jpg

時々見逃しちゃうので、ちょっと心配しつつ近づくと、こんなにたくさん。

そういえば、土手の草地にもこぼれていたけれど、去年の増水でまた、荒らされ
ちゃったけど、あれ、どうなったろう。見てくれば良かったなぁ

200526_nirin_s2.jpg

春先に咲くキンポウゲ科のお花は美人ぞろいで本当に素敵ですが、このニリン
ソウも本当に綺麗。

しかも、この花びらに見えるものは萼なので、花持ちも良いんですよ。
有難いことです。

200526_nirin_s3.jpg

それにしても、めしべ、面白い形をしているんですね。初めて気づきました。

お花の裏側にほんのりピンクが差すのも魅力のうち。

200526_nirin_s4.jpg

可愛いでしょう。

2輪ずつ咲くからニリンソウですよ。図鑑にはイチリンソウとサンリンソウも
載っています。

200526_nirin_s5.jpg

いつかコンプリートしてみたいなぁ。サンリンソウってどこに咲いて居るん
だろう。

200526_nirin_s6.jpg

葉っぱも特徴的ですよね。そこはかとなく白い点々が全体に散っているように
見えるのが特徴かな。

200526_nirin_s7.jpg

以前は白い花の部分が、ハレーションを起こしちゃって写真に撮るのが難し
かったお花ですが、最近はカメラの進歩が著しいから、何にもしなくても
ちゃんと撮れますね。有難いことです。



この記事最後は白い水仙。カップが小さめで、全体の色彩が薄いお花ですね。

200526_suisen5.jpg

タゼッタスイセン ‘グランドモナーク’と言う品種に似ています。



4月は花だんのお花が更に彩りを増やして咲き競う季節ですね。また、ぼちぼち
とご紹介していきますので、良かったらおつきあいくださいませ。



posted by はもよう at 23:12| Comment(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: