2020年06月22日

ユリノキとミズキの花

今日もだいたい降ったり曇ったりの1日でした。うっとうしいけれど、
気温が低いのは助かります。でも、これでまた蒸し暑くなったら、一から
暑さに慣れなきゃならないんですよね。う〜ん、頑張ろう。ベランダでは
二つ目のコクチナシが咲き始めました。ナツツバキの木の下は散ったお花で
真っ白になっています。アジサイが少しずつ色褪せて来たのと入れ替わる
ように花だんの百合の花が色鮮やかになってきました。季節が少しずつ
動いているのが解ります。6月もあと一週間です。

記事の方は5/3にいつもお散歩している公園で撮ってきた写真から。

200622_yurinoki01.jpg

公園に着いて、駐車場に整列しているユリノキの方へ行きました。そろそろ
高いところにお花が咲く頃です。








そばのサクラの木では、実が色づき始めて居ました。

200622_sakura.jpg

赤くなって…黒く見えるくらいまで熟したら、鳥さんたちが食べに来ます。
もうちょっとで食べられるよ。あ、でも、熟した実を食べたらうちのベラ
ンダには飛んでこないでね(^^;)。



整列したユリノキの下に立って、さて、どこかにお花は咲いているかな?

200622_yurinoki02.jpg

茶色に見えるのは、まだ散り残っている去年の実。
バドミントンの羽(シャトル)に似た形のタネの集合体です。

なにぶん、背の高い木の上の方に咲く花です。チューリップ並みの形と
大きさなんですが、よく見えないし、葉っぱと同じ緑色なんですよ。

200622_yurinoki03.jpg

首が痛くなりそうなほど、上を見ながら歩き回ります。今年は公園の駐車
場が閉鎖されていたので、車を気にすること無くうろうろ出来ます。

ようやく見つけて、ピントを合わせます。

200622_yurinoki04.jpg

ほら、ユリノキの花です。今年は、桜の咲き始めは早かったけれど、
ユリノキはまぁ、通常通りかなぁ。
花びらのつけ根近くには明るいオレンジ色の模様があるけれど、その他は、
保護色なの?って思うくらい、周りの葉っぱと同じ色です。世の中には、
鳥さん、虫さんアピールのために目立つ工夫を凝らしたお花がたくさん
有るのに、こんなに地味でいいのかしらと思うよう。

200622_yurinoki05.jpg

目が慣れてくると、あっちこっちで見つかります。ぽってりしたつぼみも
見つけた。

ほらほら、ひと目に4輪。去年の実も2つ。

200622_yurinoki06.jpg

高いところに目立たない花を付けますが、風媒花じゃ無いですよ。案外、
めざといカラスまでもが、蜜を求めてやって来ます。大きな蜂も来ています。
虫さんから見たら、ぜんぜん地味じゃ無いのかなぁ。



整列しているユリノキをちょっと離れて撮ってみます。

200622_yurinoki07.jpg

建築物みたいなこう言うアングルもお気に入り。



今年のGWは、お家に居ましょうという呼びかけに沿うようなどんよりお天気
の日が結構有りました。雨も降りましたよね。

200622_yurinoki08.jpg

この日も、微妙な雲行き。

見上げていて、気づきました。葉っぱの付け根に茶色いものが付いて居る
ことに。

200622_yurinoki09.jpg

ポロポロ落ちて、木の下に散らばっていました。

200622_yurinoki10.jpg

芽の周りに付いていた殻?皮? なんて言うんでしょうね。それがぱらぱら
落ちていたんですね。

木の下に潜り込んで葉っぱを光に透かして見ると、つぼみや実の陰がまだ
たくさん見つかりました。

200622_yurinoki11.jpg

葉が茂っているときにはお花を探すのに苦労するけれど、秋になって葉が
落ちると、こんなにお花が咲いて居たのかって驚くほどの実が付くんです
よね。やっぱり、緑色のお花は見つけにくいよ。

葉っぱはTシャツやはんてんに似ていて、お花はチューリップ。そして実は
バドミントンの羽。いろいろユニークなんだけれど、なぜだか見過ごされ
ちゃう不思議な木、ユリノキにお花が咲きました。どのくらいの方が、
気づいたかなぁ。



駐車場に面した雑木林をこの日は外側から撮りました。いつもは木の下から
撮るから、ちょっと新鮮なアングルです。

200622_mizuki1.jpg

右がムクノキとサクラ。左はコブシ。そしてまん中は、この日花盛りだった
ミズキです。

ほら、これが特徴的なお花の咲き方。扇のように広げた枝に白い散房花序に
白い小花をたくさん咲かせます。扇のような枝の先は、テーブルクロスの
ように葉が下がって見えます。

200622_mizuki2.jpg

この時期の雑木林では、こういう風に花を咲かせたミズキの大木があちこちで
目立つんですよ。遠くからでもそれと解る特徴的な姿なんです。

近づいてみるとこんな風にお花が咲いて居ます。これが散房花序。

200622_mizuki3.jpg

今年はいろんなところで、ミズキの木が切り倒されてしまい、ちょっと気落ち
していたのですが、綺麗なお花を見られて良かったです。園内にはまだ他にも
ミズキの木があるはずだし、もっともっとアップで撮りたいのでもうちょっと
探そうと思います。

大きな木の下に潜り込んで、見上げて一枚。

200622_mizuki4.jpg

大きくて丸みを帯びた葉っぱとその上の花序の影が見えました。いっぱい咲いて、
いっぱいタネを作ってね。伐られた分、数を増やしちゃえ。頑張れミズキの木。



ここから、いつもの雑木林ゾーンへ。

200622_zokibayasi1.jpg

左はサクラで、右にはアラカシ。落葉樹も常緑樹も新緑の季節です。


もう、あっちもこっちもみずみずしい新緑。いやぁ、本当に贅沢な景色。

200622_zokibayasi2.jpg

有難いなぁ。



こちらの枝は、キブシです。春先に柔らかい黄色の花を下げていた木です。

200622_kibusi1.jpg

これはメスの木ですので、あの花が実になりました。

200622_kibusi2.jpg

緑色の葉っぱの陰に緑色の実…ですので、わかりにくかったらごめんなさい。
秋になっても、どんなに熟しても緑色です。赤くも黄色くもなりません。
あしからず。実からはタンニンが採れて、黒い染料の元「フシ:五倍子」の
代わりになります。だから、キ-ブシって言うんですって。


こちらはコナラの木。

200622_zokibayasi3.jpg

新緑がきれいで、カブトムシが来て、ドングリが実る素敵な木。

200622_konara.jpg

そうそう、去年、公園への要望に「もっとドングリの木を植えて」って言うの
が貼ってあったけど、いや、もう、たくさんあるけどなぁ。あの要望出した人、
今年の秋にはどんぐりたくさん拾えるとイイな。



今回の記事はほぼ、緑一色でしたねぇ。退屈でしたらごめんなさい。ちなみに
私は緑色一色でも、全く問題ないくらいの緑好きなんですけど(^m^)。
次回はもっと色とりどりの木のお花をご覧いただけると思います。良かったら
またおつきあいくださいませ。




posted by はもよう at 23:15| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: