2020年07月08日

白雲木の咲く公園

いやぁ、今朝はものすごい雨の音で目が覚めましたよ。西の方からやって
来た雨雲が尋常じゃ無いくらいの雨を落としていきましたねぇ。関東の
我が家の方も、朝方を中心に台風並みに降りましたよ。でもまぁ、うちは
高台なので吹き込まないように窓を閉めるくらいでしたが、被害に遭われた
方が多くて、ニュースを見ていても気が気じゃ有りませんでした。このあと
は北の方へ行くんでしょう。お気をつけ下さいね。

さて、記事の方は5/10の続きです。

200708_sudajii1.jpg

いつもおさんぽしている公園、入り口のスダジイとポプラの並木。






この日のスダジイは年に一度の華やかな姿です。

200708_sudajii2.jpg

心なしか金色に見えるでしょ。

200708_sudajii3.jpg

じつは花盛りなんです。黄色っぽいおばなの穂をどっさり出して、花粉を
風に乗せています。


入り口付近にあるナワシロイチゴに占領されちゃった植え込みです。

200708_nawasiro_i.jpg

こちらにも大量のお花が咲いて居ます。去年は小さな実しか付かなかった
けれど、咲いた分、全部実ったら壮観だろうなぁ。



さっきの並木はポプラだけれど、こちらの並木はユリノキです。

200708_yurinoki1.jpg

すでにお花の写真は撮ったけれど、お天気が良ければもっと良いのが撮れる
かな?

200708_yurinoki2.jpg

青い空に伸びた枝。その先にお花〜。

200708_yurinoki3.jpg

蜜をたっぷりたたえたチューリップみたいなお花。そこそこ大きいのに目立た
ないのは、やっぱり高いとこ過ぎるのと黄緑色だから。オレンジのラインも
入って居るんだけどな。

200708_yurinoki4.jpg

前回の写真から1週間。お花の数も増えました。たまには高い木の上の方、
見上げてみたらいかがでしょう。

いつも写している場所のお隣の列です。

200708_yurinoki5.jpg

変わんないか。良いお天気で、写真を撮るのも楽しいです。



このあと、もうちょっと足を伸ばして、前回、ハクウンボクを撮りに行った
公園へ、もう一度行ってみることにしました。途中の道ばたで見かけたのは

200708_kusaitigo.jpg

ちょっと表情が違うクサイチゴの実と

…その葉っぱに乗っかっていたシマサシガメのおチビちゃん。

200708_s_sasigame.jpg

大人になるとお洒落なモノトーンなんだけれど、小さいうちはちょこっと黄色
が入るんですよね。サシガメって言っても刺すのは昆虫。人は刺しません。

そうそう、マツバウンランにリナリアを撮ったので、これもコレクションに
加えておきましょう。

200708_t_unran.jpg

ツタバウンランです。これも、ヒメツルソバのように一時流行りましたよね。
まだあったんだぁ、懐かしいなぁ。



さてさて、ハクウンボクが咲く公園に着きました。

200708_park1.jpg

ここは、大木が驚くほどの密度で茂っているんです。画面の端の小さいもの。
あれ、普通の児童公園にあるような、小振りの藤棚ですよ。大木振りが伝わり
ますでしょうか。

木々が密集しているあたりです。ケヤキ、クス、トチノキ、樫の木…いろいろ
育っています。

200708_park2.jpg

木陰の色合いも、様々。

たとえば、こちらは大きなカツラのひと枝。

200708_katura.jpg

丸っこい葉っぱが並んで居ます。

そしてお隣はイヌシデでした。葉っぱに特徴は少ないのですが、イヌシデにしか
付かない虫こぶで確認します。

200708_inusde.jpg

今年はあまり、果穂を見かけません。本当ならシデにたとえられる実で、確認
したかったのですが。


それから、葉っぱの縁がトゲトゲのクヌギ。

200708_kunugi.jpg

大木の葉っぱは、一枚一枚が大きいです。

そして、葉っぱの縁がぎざぎざなコナラ。

200708_konara.jpg

枝先の葉っぱがお花のように、丸く開いてついているように見えるのですぐに
解ります。


圧倒的分量で茂るイロハカエデの葉っぱ。

200708_iroha_k.jpg

細かい分、どこまでもどこまでも、渦を巻くようにカエデの葉っぱです。

そしてお隣は葉が三裂するトウカエデ。

200708_iroha_tou_k.jpg

街中の街路樹からは想像の出来ない大木の表情があるんですよ。
この公園を歩いていると、街路樹や都市公園の木々は人間に合わせて無理して生きて
居るんだなと思いますもの。


さてさて、公園を反対側までやって来て、ハクウンボクの下です。

200708_haku_un_b1.jpg

ちょうど雲が写り込んで、白い雲と白雲木という、駄洒落のような構図に。

やっぱりね。5/6よりは咲いて居ますよ。

200708_haku_un_b2.jpg

お天気も良いし。

大きな丸い葉っぱと豊かな花の穂が素敵です。

200708_haku_un_b3.jpg

日本のお山にも普通に生える樹らしいけれど、なんとなく南国っぽい感じが
します。

お花が多い分、香りもたっぷり降ってきます。

200708_haku_un_b4.jpg

お花のあとはエゴノキと同じ様な実が付きます。お花が房になって並んでいます
ので、お花の数だけ、エゴノキの実とそっくりな実が並びます。想像しただけで
…壮観だなぁ。

200708_haku_un_b5.jpg

別名はオオバヂシャで、エゴノキの別名がチシャノキ。
チシャってなんだろうと調べてみると、チシャはレタスの和名と出てきて、
頭の中がはてなマークでいっぱいになっちゃいます。どうしてチシャノキ
なんでしょうねぇ。

200708_haku_un_b6.jpg

光を透かしたり、影にしたり。ひとしきり遊んでみました。

200708_haku_un_b7.jpg

毎年見に来ているけれど、毎年見てても飽きずに好きだなぁと思います。
白雲木、今年も会いに来られました。ありがとう。また来年もよろしくお願い
します。



それから、大木が並ぶこの公園も末永く栄えますように。

200708_park3.jpg

今年は暑いって言うから、緑陰更に濃いこの公園の有り難みがますます感じられ
るんじゃ無いでしょうか。


5/10のおさんぽはまだまだ続きます。いつもおさんぽしている公園に戻って
さらに、別のお花を探します。良かったらまた、おつきあいくださいませ。



posted by はもよう at 22:43| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: