2020年07月15日

山野草の花だん

今日も降ったり止んだりの肌寒いお天気でした。雨…まだ止まないのでしょうか。
もう、いい加減にしてもらいたいんだけど。みんな困っているじゃ無いですか。
梅雨明けにはもうちょっとかかりそうです。どうか、出来るだけ被害が少なくて
済みますように。今日は写真の整理したり、旦那さんと買い物に行ったりしまし
た。そうそう、久し振りにたくさんのお花が咲いたら、コクチナシに青虫がつい
ちゃいました。もう、油断も隙も無いんだから。もちろん、気の毒だけど退治
しましたよ。放っておくとうちに小さい鉢なんか丸坊主にされちゃう大食漢なん
ですもの。お花は楽しめたけれど、虫退治なんておまけは要らなかったなぁ。

記事の方は5/17のおさんぽの写真をまた、数回に分けてご紹介します。

200715_nawa_doku.jpg

先ずは五色ドクダミと黄金葉のナワシロイチゴ。7/4付の記事で取り上げた
あの花だんです。






2020/ 7/ 4付 「5月のご近所花だん巡り」

先ずは華やかな西洋アジサイ。ダンスパーティーって言う品種に似ています。

200715_s_ajisai.jpg

可愛いピンク色です。



それから、奥の方に有るのはヤマアジサイ。

200715_y_ajisai1.jpg

他のアジサイよりお花の咲く時期がだんだん早まっているような気がします。

綺麗に咲いているのはこの青い花と…

200715_y_ajisai2.jpg

こちらの白い花。

200715_y_ajisai3.jpg

でもってこの花は日差しを浴びると紅く色づく品種です。

このタイプは受粉が終わると、こうして下を向いちゃいます。

200715_y_ajisai4.jpg

雨のせいだったら良いんだけど、半分終わっちゃっていたら残念だな。



そばに有ったこの鮮やかな粒々はシモツケソウのつぼみです。いつもおさんぽ
している公園には樹木の仲間のシモツケが咲きますが、こちらは草の仲間の
シモツケソウ。

200715_simotuke_s.jpg

お花は咲いたらちょっと似ています。


前日の雨でまだ濡れているカエデの葉っぱ。

200715_kaede.jpg

繊細に細く裂けた葉っぱが綺麗です。




前回ご紹介の時にも咲いて居たイチハツ。但し、これは別の場所の花です。

200715_itihatu.jpg

この日はあの花だんではあまり見るものが無くて先に進んで来ちゃいました。
こっちのイチハツの方が、歴史の古い花だんのお花です。



さらに歩いて、道路の方へ出てきました。あれ、毎年ちょっと楽しみにして
居るキキョウソウが咲いてます。

200715_kikyo_s1.jpg

北米、南米原産の帰化植物、キキョウ科のキキョウソウ。wikiの説明を見ると
アメリカのインディアンたちが薬草として利用してきたみたいですね。
知らなかったなぁ。

200715_kikyo_s2.jpg

今までは、一度に1つずつしか咲かなくて群生しているところを撮っても絵に
ならなかったのに、今年はやけに咲いてます。

200715_kikyo_s3.jpg

この花は、先に閉鎖花を咲かせておいて、後からこのような綺麗な花をひらく
ライフスタイル。
丸い紙をを串に刺したような葉の付き方をするので別名はダンダンギキョウ。
よく似たお仲間も続々帰化中の、ちょっと困った帰化植物です。


でもってこちらは家の近所のユキノシタ。

200715_yukinosita1.jpg

お花が咲き始めたので撮ってみました。

隣町の公園裏の北向きの斜面に、大きな群落が有ったのですが、周りの
木々が伐り倒され、あたりが明るくなるにつれ、数を減らしていたのでここで
会えて良かったです。

200715_yukinosita2.jpg

不思議な形のお花ですよね、他の誰にも似て居ないユニークなデザイン。
あれ?この花↑ 上下逆に咲いてる。変なの。

200715_yukinosita3.jpg

とにかく、葉っぱが日に当たるのが嫌いなんです。日陰を探して、匍匐枝を
出して移動します。まだいっぱいお花の穂が立っています。また咲いたら見に
来なくちゃね。

同じ場所で、咲いて居たのはトキワハゼ。

200715_tokiwa_h1.jpg

ムラサキサギゴケのそっくりさんだけれど、前の記事でも触れたとおりに
花びらにウサギの耳のような出っ張りがありません。

200715_tokiwa_h2.jpg

出っ張りはあっても極小さく、目立ちません。

更に、更に、小さい草の根元に生えていた、さらに小振りな道ばたの草を
ご紹介します。

200715_kotubo_g1.jpg

コツボゴケじゃ無いかなって思っています。

200715_kotubo_g2.jpg

雨上がりでまだ湿っていたけれど、小さい葉っぱに付いた雨粒が綺麗です。

200715_kotubo_g3.jpg

苔っぽく無ない葉っぱだけれど苔の仲間。
あ、タチゴケの葉っぱもちらっと見えていますね。ほら、画面右上の方。
可愛いなぁ。


そうそう、ホオズキも咲き始めました。

200715_hoozuki1.jpg

街灯のランプの覆いみたい…かな?ちょっとレトロな街灯のね。

200715_hoozuki2.jpg

案外、毛深くて柔らかそうな花びらの中を覗き込んだら、

200715_hoozuki3.jpg

可愛い模様が付いているんですよ。ホオズキの花、5月に咲いて
あっという間に実になります。オレンジ色に色付いたら、皆さんが知って
いるホオズキ(鬼灯)になります。



家の近所を見回ったんだから、今度はいつもおさんぽしている公園へ行って
みようと歩き始めたところで、

200715_gardenia.jpg

オオヤエクチナシ(ガーデニア)に、新芽が出てきたのに気づきました。
奇しくも今朝、コクチナシについて青虫を退治しましたが、このガーデニアも
同じ青虫が付くんですよ。これからクチナシの季節なんだなぁと思って
カメラを構えた 5/17のおさんぽ。お花が咲くのが楽しみです。


あらあら、いつもおさんぽの歩き出しに見上げる大きなイチョウの幹で 
ノキシノブも元気に葉っぱを広げていました。

200715_nokisinobu1.jpg

樹木の幹のようなところで、降る雨の水分を頼りに育つシダの仲間です。

この時期、葉裏には丸い型に胞子を抱えています。

200715_nokisinobu2.jpg

古い和歌にも登場しちゃうくらい昔から、人のそばに有ったシダです。


さて、雨上がりで暑くなったこの日、この後いつもおさんぽしている公園を
回りました。木の花草の花を眺めて歩きました。良かったらまたおつきあい
くださいませ。



posted by はもよう at 22:52| Comment(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: